ニュース
» 2008年11月28日 20時49分 公開

伝説のク○ゲー誕生の謎が今明かされる!? 小説「フリーズ! 〜デスクリムゾン・レゾナンス〜」を紹介するぜ日々是遊戯

ゲームファンの間では「伝説のク○ゲー」として有名な「デスクリムゾン」。その誕生秘話を、開発者自ら明かした渾身の書き下ろし小説「フリーズ! 〜デスクリムゾン・レゾナンス〜」が、エコールの公式サイトにて公開中だ。

[池谷勇人,ITmedia]

伝説のク○ゲーはいかにして生まれたか、その謎がついに明らかに!

 ゲームファンの間では今や伝説となっている、「デスクリムゾン」というゲームをご存知だろうか。ファンの間での通称は「デス様」。セガサターン全盛の1996年に発売され、各誌のゲームレビューや読者ランキングで軒並み最低点を叩き出しまくり、ク○ゲーブームの火付け役にもなったという伝説のガンシューティングゲームである。

 そんな「デス様」誕生の秘密に迫る、250ページ以上・全15章に及ぶ渾身の書き下ろし小説「フリーズ! -デスクリムゾン・レゾナンス-」が現在、開発元であるエコールソフトウェアの公式サイトにて公開中だ。

9月に実施された「デスクルーズ2008 in 友が島」の様子。左が真鍋社長、右は主人公・越前の声を演じたせいじろう氏

 実はこれ、去る9月13日に行われたファン感謝イベント「デスクルーズ2008 in 友が島」にて発表・配布されたもの。エコール代表取締役社長であり、「デス様」の生みの親でもある真鍋賢行氏みずから、「デス様」誕生に至るまでの経緯と、その裏に隠された恐るべき戦いのドラマをドキュメンタリー調で生々しくつづっており、ファンにとってはまさに“聖典”とも呼べる内容となっている。

 当時、一介のCADソフトメーカーでしかなかったエコールが、なぜいきなりセガサターンへの参入を決めたのか? なぜ主人公・越前の好物が焼きビーフンなのか? なぜ越前は「せっかくだから」赤の扉を選んだのか? あの不気味な社名ロゴはいかにして生まれたのか――? どこまで信じるかはあなた次第だが、ファンなら思わずニヤリとしてしまうような裏話も随所に登場し、筆者は最後までニヤニヤしながら一気に読破してしまった。小説の方も、ゲームに劣らず混沌とした世界観と、脳がとろけるような表現と言い回しに満ち溢れているため、知らない人にはまったくオススメできないが、「デス様」ファンなら“せっかくだから”一度は目を通しておくことをおすすめしたい。ソフト発売から13年目にして次々と明らかになっていく衝撃の事実(?)に、きっとこれ以上ない戦慄を覚えるはずだ。

 ちなみにこの記事を読んで「デス様」に興味を持ったという人は、とりあえずWikipedia内「デスクリムゾン」の項目が分かりやすいので、そちらへどうぞ。まだまだ「デス様」の伝説は止まらない!?

13年前の作品にもかかわらず、イベントには全国から約40名もの「デス様」ファンが集結したとか
こちらがイベントで配布された限定冊子。「紹介させてください!」とお願いしたら、特別に1冊送ってくれました
中を開くとこんな感じ。一度見たら忘れられないザコ敵・クチビル君も登場(正式名は「スナブリン」と言うらしい)

関連キーワード

小説・詩 | イベント | 日々是遊戯


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」