ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小説・詩」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小説・詩」に関する情報が集まったページです。

広瀬アリス、大門剛明の小説『完全無罪』をドラマ化 監督はドラマ「MOTHER マザー」などの大森立嗣
7月からWOWOWで放送、配信されます。(2024/2/25)

KADOKAWA、ラノベのサブスク展開へ 「カクヨムネクスト」を3月から提供 「本屋に並ぶ前に読める」
KADOKAWAは、読書サブスクリプションサービス「カクヨムネクスト」を3月13日から提供すると発表した。KADOKAWAのライトノベルレーベルや、Web小説サイト「カクヨム」で連載を持つ作家のオリジナル小説が読めるサービスという。(2024/2/20)

劇場アニメ「トラベジウム」に上田麗奈が華鳥蘭子役で出演 元「乃木坂46」高山一実の小説原作
上田さん「物語の中でも良いスパイスになったり、潤滑油になったり、いろんなシーンに彼女の魅力がちりばめられている」。(2024/2/19)

英語教科書の「エレン先生」が小説に 東京書籍の「NEW HORIZON プロジェクト」始まる
東京書籍、2024年4月よりさまざまなコンテンツに展開予定。(2024/2/7)

柚月裕子の警察小説『朽ちないサクラ』、杉咲花主演で実写映画化 6月21日から劇場公開
3月には主演映画「52ヘルツのクジラたち」が公開の杉咲さん。主演映画が続く。(2024/2/3)

【追記・修正あり】小説家・伊藤計劃のいとこが謎に包まれた「テスト映像」を公開
(2024/2/2)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第3回】
AIチェッカーに「自筆」と「AIポエム」を判別させたら面白い結果に
そのコンテンツが人間によって書かれたものなのか、AIモデルによって生成されたものかを見分ける際に役立つ「AIコンテンツ検出ツール」。その精度はどれほどなのか。筆者が実際に使用し、性能をレビューする。(2024/1/27)

「よめぼく」Netflix映画として実写化 永瀬廉×出口夏希で余命宣告された2人の“期限付きの恋”描く
森田碧さんの小説『余命一年と宣告された僕が、余命半年の君と出会った話』が「余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。」として2024年配信。(2024/1/25)

神木隆之介、浜辺美波の「パーンチ!」にも無表情 映画「ゴジラ-1.0」コンビの“じゃれあい”にファンほっこり「ここ最近一番好きなペア」
NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」でも共演していた2人。(2024/1/13)

「子供の科学」で生成AI特集 「星新一賞」入選作家による“AI利用小説”の書き方解説も
「子供の科学」が、1月10日発売の「2024年2月号」で生成AIを特集している。執筆にAIを取り入れた小説で文学賞「星新一賞」の優秀賞を受賞した葦沢かもめさんも協力した。(2024/1/10)

Netflix「三体」の本予告が公開 中国SF小説を「ゲースロ」コンビが実写化したら“SF新時代”到来してしまう
間もなくだ!(2024/1/10)

“絶対に帯コメントを書かない”小説家が初めての帯コメントを書いたワケとは…… 心温まるエピソードに「アツい展開」「不覚にも泣いた」
真剣な若者への面倒見が良いことで知られる小説家、屋久ユウキさんのエピソード。(2023/12/20)

「こんな幻想的な姫路城は見たことない」 まるで天空の城? 早朝に偶然撮れた「奇跡の風景」に反響続出
この写真だけで小説書けそう。(2023/12/16)

元「乃木坂46」高山一実のデビュー小説『トラペジウム』がアニメ映画化 原作は累計30万部を売り上げ
2024年5月10日公開です。(2023/12/12)

映画「正しいアイコラの作り方」、2024年2月10日に公開決定 坪根悠仁・花音・高石あかりによる青春ミステリー
原作は「小説家になろう」に投稿された同名小説。正しいアイコラとは?(2023/12/8)

「水カン」詩羽、“人生初のアナフィラキシー”で「上半身が蕁麻疹と血管性浮腫でヤバく」 病院行き後も「顔はパンパンに腫れ上がったまま」
ファン「まさかそんな事になってたとは」。(2023/12/6)

「ブギウギ」第8週、弟&母との相次ぐ別れに視聴者号泣→とんでも展開に「どんな夢小説だよ!」「去り際に奇跡」の声
今週は毎回泣いてた……。(2023/11/25)

「ブギウギ」、突然の“美人俳優”登場でとんでも展開 「どんな夢小説だよ!」「ドリーム展開」と驚く声相次ぐ
でも幸せならOKです!(2023/11/24)

1147人が選んだ「絶対に読んどけっていうミステリー小説」ランキングに注目 名作ぞろいの中、1位はやっぱり……?
2位以降も『そして誰もいなくなった』や『すべてがFになる』など、そうそうたる顔ぶれ。(2023/11/17)

映画「陰陽師0」、2024年GWに公開決定 夢枕獏の小説ベースに描く安倍晴明の学生時代
夢枕獏「晴明と博雅の関係性には本当に落涙」。(2023/10/31)

「私の請求は棄却されました」──リュカの名前めぐる裁判で「小説ドラクエV」作者の久美沙織さんが敗訴
小説ドラゴンクエストV」作者の久美沙織さんが、主人公の名前「リュカ」や公的な呼び掛けを映画で無断改変・使用されたとしてスクウェア・エニックスらを訴えていた裁判で東京地裁は原告の請求を棄却した。(2023/10/20)

藤井聡太“八冠”誕生に将棋ラノベ作家「現実のほうがプロットの立て方おかしい」 『りゅうおうのおしごと!』白鳥士郎の反応に注目が集まる
事実が小説よりも奇すぎ。(2023/10/12)

キラキラOL→メンタル崩壊→今では小説家、さらに実写映画化 “残高10万円だった”元アイドルがぶっちゃけるリアル【大木亜希子インタビュー】
現在の作家活動をどう捉えているのか、じっくり伺いました。(2023/11/10)

“誰も傷つかない”SNS「DYSTOPIA」が登場 全投稿をAIが検閲して暴言を適切な表現(?)に
SF小説『1984』をオマージュした、AIが統制するSNS。(2023/9/25)

オタク特有の早口ポエムも炸裂 人気VTuber・周央サンゴ(広報大使)がスペイン村を再訪 壱百満天原サロメとお泊りデートを満喫
今回はおデートですわよー!(2023/9/24)

猫の飼い主が夜中号泣した理由に「わかります」「良い小説を読んだ感じ」 いなくなる恐怖を感じた“ふとした瞬間”に共感の嵐
同じ猫飼いとしてマジでこれすぎる。(2023/9/10)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
「分身を作る技術」研究中のNTT、SF小説を制作 未来を形にしたから“気付けたこと”
NTTが「SF小説」を作りました。新技術を研究するための視点や課題を見つけるチャレンジといいます。SFで描いた未来を見て気付いたことは何でしょうか。(2023/8/25)

35周年の『ドラゴンマガジン』が記念別冊 『スレイヤーズ』『デート・ア・ライブ』などの新規書き下ろし小説がくるぞぉぉぉ!
『ドラゴンマガジン35レガシー(仮題)』が10月20日に発売。(2023/8/21)

担当者「朝食なのにOK?」 原稿の校閲で“食いしん坊”なのがバレた小説家が話題に
ご飯派、パン派、食べない派、ドカ食い派。(2023/8/18)

上野樹里、7年ぶりの映画主演で林遣都と初共演 パリュスあや子の小説を元にした「隣人X 疑惑の彼女」12月1日公開
上野さん「時代の流れに飲まれず自分らしく生きることや、自分らしさを理解してくれる人と出会えることの大切さを伝えられる作品」(2023/8/16)

「スレイヤーズ」のあらいずみさん、“AI疑惑”を掛けられイラストのレイヤー構成を公開 「ちゃんと描いてるんよー」
「同人誌の表紙、ちゃんと描いてるんよー」──小説「スレイヤーズ」などのイラストレーターで知られる、あらいずみるいさん、自身が出した同人誌の表紙のレイヤー構成を動画で公開した。その背景にあったのは、生成AIを利用しているのではと指摘する声だ。(2023/8/15)

漫画家の山本さほ、38歳の誕生日&小説家の小川哲との入籍を発表「Wでハッピー!」フォロワーから祝福の声
おめでとうございます!(2023/8/1)

阿部詩、新しいヘアスタイルが「めちゃくちゃかわいい」と好評 茶髪ワンレンで国内外のファンを魅了
お似合いです!(2023/7/30)

「文豪クリームソーダ」にトキメキが止まらない 『銀河鉄道の夜』『檸檬』など文学作品の世界を表現
テーマになった小説を読みながら飲みたい。(2023/7/30)

SF読者が選ぶ「絶対に読んどけっていうSF小説」決定! 『星を継ぐもの』『夏への扉』など濃厚ランキング
丁寧でユニークな紹介文に興味をそそられる。(2023/7/28)

佐藤健×長澤まさみ×森七菜が初共演 川村元気の小説『四月になれば彼女は』が映画化
映画は2024年3月29日公開。(2023/7/25)

群馬の地ビールのラベルが温厚なインド人も怒鳴るほど難解すぎる 「日本刀持ったライオンに追いかけ回される味わい」
詩的な説明文の意味をメーカーに聞きましたが、ますます分からなくなりました。(2023/7/25)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
「全日本吹奏楽コンクール」の課題曲64曲を独自の目線で紹介 70年以上の歴史を振り返る同人誌
同人誌『短編小説(あと、ミリタリー)が好きな奴は吹奏楽コンクール課題曲を聴こう!(追補版)』をご紹介。(2023/7/9)

ネットで起こった奇跡 大好きな小説サイトがとんでもない文量を引っ提げて5年ぶりに更新された話が「良すぎる」と話題に
ツイート主さん、良かったね……!(2023/7/7)

「続きはマンガで」 dアニメストア、原作コミックの取り扱い開始 アプリ内課金も 
NTTドコモは5日、「dアニメストア」でアニメの原作となった漫画や小説などの電子書籍を販売すると発表した。(2023/7/5)

【後編】投資家ウケする人的資本開示:
人的資本開示の「ポエム化」は危険 投資家に本当に“響く”情報とは
日本企業が発するメッセージは、しばしば情理的な側面に寄る傾向がある。「歴史と技術を大切に」「お客さまとの出会いに恵まれ」「数多くの困難を乗り越え」とウェットで、どこかポエミーなものが多い。ただ、それだけでは投資家の心には響かない。(2023/7/5)

「8億円売れているどんでん返し!」ミステリー小説の帯が物議 「雰囲気が台無し」「ネタバレでは」 出版社の意図は
版元の新潮社に意図を聞きました。(2023/6/28)

朝ドラ「らんまん」で注目 牧野博士の研究をちょっとだけ追体験できるアプリ「牧野100コレ」
NHK「連続テレビ小説」で4月から放送している「らんまん」。そのモデルとなった植物学者・牧野富太郎博士にも注目が集まる中、「牧野100コレ」(iOS)というアプリが登場しました。(2023/6/26)

「怖すぎる」とネットを席巻したホラー小説『近畿地方のある場所について』はどのように生まれたか 作者インタビューで裏側を聞く
見つけてくださってありがとうございます。(2023/7/7)

榮倉奈々、15年間憧れ続けた“大物俳優”への思いを吐露 15年前の朝ドラで“母娘”として共演
NHK連続テレビ小説「瞳」で母娘役として共演。(2023/5/23)

福原遥×水上恒司W主演 映画「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」が12月8日公開
「まじで号泣」とTikTokで話題の小説が実写映画に。(2023/5/15)

海外『トライガン』ファン「黙ってこの本を読め!」 2019年発売のSF小説を布教したツイートが超絶バズって爆売れ→作者困惑
台風が吹けば桶屋がもうかる。(2023/5/11)

黒澤明「どですかでん」原作を宮藤官九郎が映像化 「季節のない街」Disney+で8月独占配信
原作は山本周五郎さんの小説。(2023/5/11)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
未来予想ならコンサルよりもSFで──印刷の老舗が作家と考えた2050年 やって分かった固定観念の“塗り替え”
「SF」を通して未来を考える試みを、明治創業の印刷インキ大手が実施しました。2050年の姿を議論し、SF小説を完成させました。狙いを取材すると、参加者は「SFの力」を語ってくれました。(2023/5/10)

「怖すぎる」と話題になったネットのホラー小説「近畿地方のある場所について」 書籍化決定
(2023/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。