リアルアーケードProを越えた!? MadCatz製「ストIV」スティックが人気沸騰中日々是遊戯

「ストIV」の人気から「スティック難民」が大量発生中とも言われる昨今、海外で発売された「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」なるスティックが人気を集めている。現在は品薄から、オークションで300ドル以上の値が付くこともざらだとか。

» 2009年02月24日 16時47分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

ホリに強力なライバルあらわる!?

 先週の週間ソフト販売ランキングでも、プレイステーション 3版が2位、Xbox 360版が5位にそれぞれランクインするなど、格闘ゲームとしては久々のスマッシュヒットとなりそうな「ストリートファイターIV」。ところで皆さんはプレイする際、どんなコントローラを使用していますか?

 パッド派の人はともかくとして、スティック派の人はなるべくアーケードに近い環境で遊びたいと思うのが当然だろう。これまでアーケードスティックと言えば、ホリの「リアルアーケードPro」シリーズが定番とされてきたが、ここにきて米MadCatsから発売された「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」なるスティックが対抗馬として急浮上してきている模様。残念ながら日本では発売されていないが、海外通販やオークションなどを利用して、個人で入手している人もちらほらと出てきているようだ。

 このスティック、「ストIV」発売に合わせカプコンUSAとの共同で開発されたもので、監修には「ストIV」プロデューサーの小野義徳氏も関わっているとのこと。外見もアーケード版筐体そっくりだが、パーツもアーケード版と同じ三和電子製部品で、アーケード版の操作感覚を忠実に再現しているのが最大の特徴。またメンテナンス製にも優れ、誰でもレバーやボタンを手軽に換装できるよう工夫されているのもうれしいところだ。

 価格は149.99ドルと「リアルアーケードPro」に比べて少々お高くなっているものの、使用パーツの差(通常の「リアルアーケードPro」はレバーのみ三和電子製で、ボタンはホリ製)や、パーツ交換のしやすさ、標準で連射機能やレバー部分のデジタル・アナログ切り替え機能が付いている点など、値段相応の品質・機能は十分に備えていると見ていいだろう。ちなみにこの「Tournament Edition」のほか、より安価なパーツを使用した「Street Fighter IV FightStick」なるものも同時に発売されており、こちらはPS3版が69.99ドル、Xbox 360版が79.99ドルとなっている。こちらも「Tournament Edition」と同じくメンテナンスが容易なので、とりあえずこちらを入手して、自分で使いやすいレバーやボタンに交換してしまう――というのも選択肢としてはアリかもしれない。

こちらがウワサの「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」。残念ながら実物は入手できず
海外でも品薄状態が続いており、落札価格も300〜400ドルととんでもないことに

 で、どうせなら実物を触ってみたいと思い、秋葉原の輸入ゲーム専門店「メッセサンオー カオス館」に問い合わせてみたのだが、残念ながら「Tournament Edition」の方は現在品切れ中とのこと。どうやら海外でもかなりの品薄状態らしく、オークションでは300ドル以上の値がつくこともざらだとか。次回入荷は早くても3月以降になりそうとのことだった。

 そのかわり……と言うにはちょっとアレだが、もうひとつの「Street Fighter IV FightStick」についてはちょうど在庫があり、実際に触らせていただくことができた。さすがにレバーとボタンはアーケードよりも安っぽい印象だが、いざ触ってみると思ったより悪くない。よほど触感にこだわる人でないかぎり、たぶんこのままでもまったく問題なくプレイできるだろう。どうしても気に入らなければ、思い切って自分でパーツを交換してしまえばいいし、こっちはこっちでなかなかよくできた製品と言えそうだ。なお、こちらも筆者が見せていただいた直後に売れてしまい、現在は品切れ中なのでご注意を。

 これまでアーケードスティックと言えばほとんどホリの一強状態となっていたが、これらの製品がもし日本でも発売されれば、ホリの強力なライバルとなることは間違いなさそう。MadCatzさん、どうぞご一考いただけませんか?

こちらはTournament Editionではない方(写真協力:メッセサンオー カオス館)
レバー・ボタンはMadCatzオリジナルだが、触感はなかなかのもの
カプコンの公式認定品ということで、専用のインストカードも付属

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」