ニュース
» 2009年02月24日 16時47分 公開

日々是遊戯:リアルアーケードProを越えた!? MadCatz製「ストIV」スティックが人気沸騰中

「ストIV」の人気から「スティック難民」が大量発生中とも言われる昨今、海外で発売された「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」なるスティックが人気を集めている。現在は品薄から、オークションで300ドル以上の値が付くこともざらだとか。

[池谷勇人,ITmedia]

ホリに強力なライバルあらわる!?

 先週の週間ソフト販売ランキングでも、プレイステーション 3版が2位、Xbox 360版が5位にそれぞれランクインするなど、格闘ゲームとしては久々のスマッシュヒットとなりそうな「ストリートファイターIV」。ところで皆さんはプレイする際、どんなコントローラを使用していますか?

 パッド派の人はともかくとして、スティック派の人はなるべくアーケードに近い環境で遊びたいと思うのが当然だろう。これまでアーケードスティックと言えば、ホリの「リアルアーケードPro」シリーズが定番とされてきたが、ここにきて米MadCatsから発売された「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」なるスティックが対抗馬として急浮上してきている模様。残念ながら日本では発売されていないが、海外通販やオークションなどを利用して、個人で入手している人もちらほらと出てきているようだ。

 このスティック、「ストIV」発売に合わせカプコンUSAとの共同で開発されたもので、監修には「ストIV」プロデューサーの小野義徳氏も関わっているとのこと。外見もアーケード版筐体そっくりだが、パーツもアーケード版と同じ三和電子製部品で、アーケード版の操作感覚を忠実に再現しているのが最大の特徴。またメンテナンス製にも優れ、誰でもレバーやボタンを手軽に換装できるよう工夫されているのもうれしいところだ。

 価格は149.99ドルと「リアルアーケードPro」に比べて少々お高くなっているものの、使用パーツの差(通常の「リアルアーケードPro」はレバーのみ三和電子製で、ボタンはホリ製)や、パーツ交換のしやすさ、標準で連射機能やレバー部分のデジタル・アナログ切り替え機能が付いている点など、値段相応の品質・機能は十分に備えていると見ていいだろう。ちなみにこの「Tournament Edition」のほか、より安価なパーツを使用した「Street Fighter IV FightStick」なるものも同時に発売されており、こちらはPS3版が69.99ドル、Xbox 360版が79.99ドルとなっている。こちらも「Tournament Edition」と同じくメンテナンスが容易なので、とりあえずこちらを入手して、自分で使いやすいレバーやボタンに交換してしまう――というのも選択肢としてはアリかもしれない。

こちらがウワサの「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」。残念ながら実物は入手できず
海外でも品薄状態が続いており、落札価格も300〜400ドルととんでもないことに

 で、どうせなら実物を触ってみたいと思い、秋葉原の輸入ゲーム専門店「メッセサンオー カオス館」に問い合わせてみたのだが、残念ながら「Tournament Edition」の方は現在品切れ中とのこと。どうやら海外でもかなりの品薄状態らしく、オークションでは300ドル以上の値がつくこともざらだとか。次回入荷は早くても3月以降になりそうとのことだった。

 そのかわり……と言うにはちょっとアレだが、もうひとつの「Street Fighter IV FightStick」についてはちょうど在庫があり、実際に触らせていただくことができた。さすがにレバーとボタンはアーケードよりも安っぽい印象だが、いざ触ってみると思ったより悪くない。よほど触感にこだわる人でないかぎり、たぶんこのままでもまったく問題なくプレイできるだろう。どうしても気に入らなければ、思い切って自分でパーツを交換してしまえばいいし、こっちはこっちでなかなかよくできた製品と言えそうだ。なお、こちらも筆者が見せていただいた直後に売れてしまい、現在は品切れ中なのでご注意を。

 これまでアーケードスティックと言えばほとんどホリの一強状態となっていたが、これらの製品がもし日本でも発売されれば、ホリの強力なライバルとなることは間違いなさそう。MadCatzさん、どうぞご一考いただけませんか?

こちらはTournament Editionではない方(写真協力:メッセサンオー カオス館)
レバー・ボタンはMadCatzオリジナルだが、触感はなかなかのもの
カプコンの公式認定品ということで、専用のインストカードも付属

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた