ニュース
» 2009年02月24日 16時47分 公開

リアルアーケードProを越えた!? MadCatz製「ストIV」スティックが人気沸騰中日々是遊戯

「ストIV」の人気から「スティック難民」が大量発生中とも言われる昨今、海外で発売された「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」なるスティックが人気を集めている。現在は品薄から、オークションで300ドル以上の値が付くこともざらだとか。

[池谷勇人,ITmedia]

ホリに強力なライバルあらわる!?

 先週の週間ソフト販売ランキングでも、プレイステーション 3版が2位、Xbox 360版が5位にそれぞれランクインするなど、格闘ゲームとしては久々のスマッシュヒットとなりそうな「ストリートファイターIV」。ところで皆さんはプレイする際、どんなコントローラを使用していますか?

 パッド派の人はともかくとして、スティック派の人はなるべくアーケードに近い環境で遊びたいと思うのが当然だろう。これまでアーケードスティックと言えば、ホリの「リアルアーケードPro」シリーズが定番とされてきたが、ここにきて米MadCatsから発売された「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」なるスティックが対抗馬として急浮上してきている模様。残念ながら日本では発売されていないが、海外通販やオークションなどを利用して、個人で入手している人もちらほらと出てきているようだ。

 このスティック、「ストIV」発売に合わせカプコンUSAとの共同で開発されたもので、監修には「ストIV」プロデューサーの小野義徳氏も関わっているとのこと。外見もアーケード版筐体そっくりだが、パーツもアーケード版と同じ三和電子製部品で、アーケード版の操作感覚を忠実に再現しているのが最大の特徴。またメンテナンス製にも優れ、誰でもレバーやボタンを手軽に換装できるよう工夫されているのもうれしいところだ。

 価格は149.99ドルと「リアルアーケードPro」に比べて少々お高くなっているものの、使用パーツの差(通常の「リアルアーケードPro」はレバーのみ三和電子製で、ボタンはホリ製)や、パーツ交換のしやすさ、標準で連射機能やレバー部分のデジタル・アナログ切り替え機能が付いている点など、値段相応の品質・機能は十分に備えていると見ていいだろう。ちなみにこの「Tournament Edition」のほか、より安価なパーツを使用した「Street Fighter IV FightStick」なるものも同時に発売されており、こちらはPS3版が69.99ドル、Xbox 360版が79.99ドルとなっている。こちらも「Tournament Edition」と同じくメンテナンスが容易なので、とりあえずこちらを入手して、自分で使いやすいレバーやボタンに交換してしまう――というのも選択肢としてはアリかもしれない。

こちらがウワサの「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」。残念ながら実物は入手できず
海外でも品薄状態が続いており、落札価格も300〜400ドルととんでもないことに

 で、どうせなら実物を触ってみたいと思い、秋葉原の輸入ゲーム専門店「メッセサンオー カオス館」に問い合わせてみたのだが、残念ながら「Tournament Edition」の方は現在品切れ中とのこと。どうやら海外でもかなりの品薄状態らしく、オークションでは300ドル以上の値がつくこともざらだとか。次回入荷は早くても3月以降になりそうとのことだった。

 そのかわり……と言うにはちょっとアレだが、もうひとつの「Street Fighter IV FightStick」についてはちょうど在庫があり、実際に触らせていただくことができた。さすがにレバーとボタンはアーケードよりも安っぽい印象だが、いざ触ってみると思ったより悪くない。よほど触感にこだわる人でないかぎり、たぶんこのままでもまったく問題なくプレイできるだろう。どうしても気に入らなければ、思い切って自分でパーツを交換してしまえばいいし、こっちはこっちでなかなかよくできた製品と言えそうだ。なお、こちらも筆者が見せていただいた直後に売れてしまい、現在は品切れ中なのでご注意を。

 これまでアーケードスティックと言えばほとんどホリの一強状態となっていたが、これらの製品がもし日本でも発売されれば、ホリの強力なライバルとなることは間違いなさそう。MadCatzさん、どうぞご一考いただけませんか?

こちらはTournament Editionではない方(写真協力:メッセサンオー カオス館)
レバー・ボタンはMadCatzオリジナルだが、触感はなかなかのもの
カプコンの公式認定品ということで、専用のインストカードも付属

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」