テレビに代わる、新たな映像メディアを目指す「Wiiの間」……って結局どうなのよ?日々是遊戯

Wiiの中にある、あなたのお家のもうひとつのお茶の間です――。そう言われても、いまひとつピンとこない「Wiiの間」。これって一体どういうチャンネル?

» 2009年05月14日 15時14分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

試みとしては新しいが、まだまだ未知数な部分も

 5月1日より、Wiiショッピングチャンネルにて配信が開始された、Wiiの新チャンネル「Wiiの間」。ちょっと遅くなってしまいましたが、ざっくり遊んでみた感想などを。

 「Wiiの間」を一言で説明するなら、“無料のオリジナル番組を視聴できる、Wii専用動画配信サービス”といったところ。チャンネルを起動すると、ちゃぶ台や液晶テレビが置かれた「バーチャルお茶の間」とも言うべき空間が現れ、そこへ自分や家族のMiiが続々と集まってくる。Wiiの間では現実と同じように時間が流れていて、放っておけばMiiたちは、時間に応じてごはんを食べたり、部屋のそうじをしたりと、さまざまなふるまいを見せる。まさに「もうひとつのお茶の間」がそこにあるといった感じだ。

「Wiiの間」の機動画面
ここが「Wiiの間」。中央のちゃぶ台がいい感じ
家族や友達のMiiを設定すればぐっとにぎやかに

 そして「Wiiの間」のメインとも言えるのが、テレビをクリックすると見られる「オリジナル番組」の数々。番組の内容は、マジメなドキュメンタリーから、ちょっと笑えるショートドラマ、すぐに役立つ料理番組までさまざまで、いずれも(現時点では)無料で視聴することが可能。これらはすべてテレビや広告の現場に携わるプロが作ったもので、時間はだいたい3分から10分程度と短いものの、クオリティは非常に高い。アフリカに住む動物たちの生態を追った「動物たち」や、歴史に名を残した偉人たちの“スピーチ”に焦点を当てた「The Speech」などは、NHKあたりでそのまま放送されてもおかしくなさそうだった。

 番組を見た後は、その内容がおもしろかったかどうかを○、△、×の3段階で評価。このとき、家族や友達と一緒に見ていれば、それぞれ個別に評価を送ることもできる。こういうところでさりげなく「みんなで一緒に見ると楽しいですよ」とアピールしているあたりに、この「Wiiの間」のコンセプトがなんとなく見え隠れする。また、見終わった動画は誰かに「おすすめ」したり、「お気に入り」に入れたりできるほか、DSiウェア「どこでもWiiの間」をインストールしておけば(ニンテンドーDSiショップで配信中・無料)、手持ちのDSiに転送して後から見直したりすることも可能だ。

 そのほか、部屋の観葉植物をクリックすると(なぜ観葉植物なのかは謎)、パートナー企業の動画が見られる「会社の間」へ移動することも可能。ここではパートナー企業の新製品やCMをチェックしたり、DSiにダウンロードして使用可能な割引クーポンなどを取得(予定)できたりする。テレビ番組で言うならコマーシャル枠のようなものだが、セブン&アイの「セブンイレブンのヒミツ」や、ホンダのショートドラマ「ある日突然グリーンマシーン」など、ときおり普通に面白いコンテンツもあったりして侮れない。

「Wiiの間テレビ」では、さまざまなオリジナル番組を視聴可能
「The Speech」第1回はマザーテレサでした
視聴後は、動画が面白かったかどうかを3段階で評価

DSiに転送中。ちょっと時間がかかるのがネック
パートナー企業の動画が見られる「会社の間」
「セブインイレブンのヒミツ」では懐かしの秘蔵CM映像も

 とまあ、サービスの全容としては大体こんな感じ。まだ始まったばかりのサービスだが、まずは企画ありきで内容を吟味したのち、「1:パートナー企業から広告費を得て」、「2:クオリティの高い番組をプロが制作し」、「3:世帯普及率ナンバーワン&約4割がネット接続中のWiiで配信」と、資金調達から番組制作、配信に至るまでの有機モデルはちゃんとできあがっており、共同でサービスを展開する電通の本気ぶりがうかがえる。確かに、国内普及台数800万台以上、しかもそのうち半分近くがネット接続済みとなれば、昨今落ち込みが激しいテレビ広告に代わって、Wiiが新たな広告メディアに成長する可能性もなくはない。

 また、見たい番組がなくても、ときおり「コンシェルジュMii」と呼ばれる、有名人の姿をしたMiiが部屋にやってきてオススメの動画を紹介してくれたり、カレンダーをクリックすると「その日のオススメ動画」を見ることができたりと、うっとうしくない程度に「Wiiの間」側からも動画をプッシュしてくれる作りもうまい。たぶん、リビングのテレビでは常にこの「Wiiの間」が表示されていて、それこそテレビを見る代わりに、家族みんなが「Wiiの間」の番組を自然に楽しんでいる――というのが、このサービスの目指す着地点なのだろう。そもそもWiiの「チャンネル」という概念自体、そうしたコンセプトに基づいて作られたものだが、それを広告屋・テレビ屋の視点から、より具体的なビジネスの形として再構築したのが「Wiiの間」であるとも言える。

坂本龍馬が「コンシェルジュMii」としてやってきました
なにやら見てほしい番組がある様子
龍馬おすすめの番組「BIG STEP!」を視聴中

 ただ、最終的にこれらがうまく回るかどうかは、まだまだ未知数といった印象が強い。単純に番組の「視聴者数」で比べれば、まだまだWiiはテレビにはかなわないし、そんな一部の「Wiiの間」視聴者だけに向けて、これだけ力の入った(金のかかった)コンテンツを、今後安定して供給し続けられるかという心配もある。また何より、現時点ではやや堅苦しい内容の番組が多く、わざわざ「見よう!」と思える番組が少なかったのが気になった。もちろん実際に見れば面白いものも多いのだが、ドラマやバラエティ番組の刺激にどっぷり漬かった身には、ちょっと刺激が弱すぎる気がしなくもない。せっかくWiiという新しいメディアで配信するのだから、「NHKあたりでそのまま放送できそう」な番組ではなくて、もっと「ゲーム機でしか配信できないような番組」を多く提供していってほしい。

 ――などと、ついつい余計な心配もしてみたりしたものの、その試み自体はゲーム機の可能性を今後大きく広げ得る、ユニークかつ有意義なものだと思う。とりあえず今後の配信内容に期待しつつ、動向を楽しみに見守っていきたいところです。

番組のクオリティは総じて高いが、ちょっと堅苦しい印象も
カレンダーから、その日のちょっとした話題を見られるのは楽しい
個人的なオススメ番組は、Hondaの間の「ある日突然グリーンマシーン」

(C)2009 Nintendo


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」