プレイヤーのライフスタイルが創造できる「ファイナルファンタジー XIV」(1/3 ページ)

スクウェア・エニックスは、2010年にPS3/Windows向けにサービスを開始する予定のMMORPG「FF XIV」の新システムやプレイヤーキャラクターなどの最新情報を公開した。

» 2009年08月07日 19時45分 公開
[ITmedia]

 スクウェア・エニックスは、2010年にプレイステーション 3/Windows向けにサービスを開始する予定のMMORPG「ファイナルファンタジー XIV」(以下、「FF XIV」)」の最新情報を公開した。

 今回公開されたのは、ゲームの舞台となる「エオルゼア」の3つの都市のイメージイラストのほかに、プレーヤーが選ぶことができる5つの種族について。また、新たに本作から導入される新システム「アーマリーシステム」や「Guildleve(ギルドリーヴ)」についても触れている。

エオルゼア(Eorzea)-神々に愛されし地-

 「FFXIV」でプレイヤーが最初に降り立つ地となるのがこの「エオルゼア」となる。エオルゼアは、母なる世界“ハイデリン”の小大陸アルデナードと周辺の島々からなる地域の総称であり、海の都「リムサ・ロミンサ」、砂の都「ウルダハ」、森の都「グリダニア」、山の都「イシュガルド」などが点在する都市国家より成る文明圏の名でもある。

 エオルゼアの自然は、決して人間に優しくはなく、南北で激しく異なる気候が特徴。荒涼無辺たる大地に山の如き巨獣が歩く姿が見られることだろう。

 覇を競う都市国家群からなるエオルゼアは、血を欲する蛮族や未知なる外敵との戦いの歴史でつづられているのだが、それでも“神々に愛されし地”とされ、多くの人びとがエオルゼアに引き寄せられてきた。それは、ひとえにハイデリンのすべてを形作るとされる物質であるエーテルの結晶“クリスタル”の存在が、カギとなっている。

冒険者によって新たに紡がれるクリスタルの物語の舞台……。それが、このエオルゼアなのだ

砂の都「ウルダハ」のイメージイラスト(左)、森の都「グリダニア」のイメージイラスト(右)

海の都「リムサ・ロミンサ」

 エオルゼアの内海ロータノ海に浮かぶ島、ヴィルブランドの南部を領する海洋都市国家。守護神は、航海の女神ルムレーン。海湾内に点在する無数の小島や岩礁の上に渡された白橋からなる町並みは、海上から見ると気品すら漂い、吟遊詩人からは「ルムレーンのベール」と謳われる。それが海の都「リムサ・ロミンサ」である。

 建国神話では、母国の難を逃れた大船団が、ルムレーンに導かれて現地に漂着したのが、リムサ・ロミンサの始まりとされる。それを裏付けるかのように、領袖に選出された者は「アドミラル(提督)」の名を冠する慣わしがある。

 主な産業として漁業と造船業が挙げられるが、市民の過半数が従事しているのは海運業。そのため「バラクーダ騎士団」と呼ばれる強力な海軍を擁しており、現在では他国からも資金を募り、エオルゼア近海の海上治安をほぼ一手に引き受けている。

 しかし、一方で中庭の如きロータノ海にすら、いまだ海賊が跋扈している事実もあり、騎士団が意図的に見逃がしているのではないかという疑惑が、他国との火種となりつつある。


「FINAL FANTASY XIV」の時代背景

 十二神の内の一柱を各々の守護神とする、エオルゼアの都市国家群。領地や権益、あるいは神々の解釈をめぐり、諸都市は合従連衡を繰り返しながら、長き戦乱の歴史を刻んできた。

 だが15年前、東の大国ガレマールによって6大都市一の強国アラミゴが陥されたことを機に、情勢は一変した。天空を航行する戦艦。連発銃で武装した兵士。共通の脅威をまのあたりにしたエオルゼア諸都市は、密かに軍事同盟を締結。「凪の時代」と呼ばれる、暫しの平和な時代を迎えたのだった。

 そして、現代。各国が正規軍の整備を進めたために不要となった傭兵や退役兵たちは職に溢れ、不穏分子と化していた。これを憂えた、さる傭兵隊長は有能な者を集めて互助組織を結成。さまざまなトラブルをよろず引き受けて解決する、新たな稼業を確立させるに到った。

 その名は「冒険者」。冒険の世紀の幕開けである。



各都市国家には、「エーテライト」と呼ばれる地面に差し込まれた奇石がある。「エーテライト」は各都市で管理され、監督官に一定の対価を払えば、他の場所にあるエーテライトや、エーテリアルゲートと呼ばれる、あらかじめ設定された地点まで、瞬時に人間を転送する特性を備えている。その詳細は明らかにされていないが、いったん人間やその装具をエーテル粒子にまで分解。地脈を通じて、目的地で再構成する仕組みのようだ。ただし、副作用があるらしく、再利用には時間をおかねばならないと規定されているが、それを差し引いても、忙しい冒険者にとって便利な石であることは確かだろう

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」