特集
» 2009年10月23日 12時00分 公開

第1回「なぜ、プレイヤーはマニュアルを読まなくてもゲームを遊べるのか?」なぜ、人はゲームにハマルのか?(1/2 ページ)

「ドラクエ」「スーパーマリオ」の記録的大ヒットの秘密は、ゲーム序盤のシーンに隠されていた!

[鴫原盛之,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「ドラゴンクエスト」大ヒットの秘密はラダトーム城の仕掛けにあり

 1986年に第1作目がファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されて以来、国民的RPGとして今なお絶大な人気を誇る作品といえば、ご存知「ドラクエ」こと「ドラゴンクエスト」シリーズ。今年7月に発売されたシリーズ第9弾、「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」も出荷本数が400万本を超える大ヒットとなり、その人気は初代「ドラクエ」の発売から20年以上が過ぎた今もなお衰えを知らない。

 今でこそRPGは家庭用ゲームの花形ジャンルだが、初代「ドラクエ」の発売当時は、それまでRPGを一度も遊んだ経験のないファミコンユーザーが非常に多かった。少年時代の筆者も含め、「RPGとは何ぞや?」と聞かれてもピンとこない人が、当時はそれこそゴマンといたのである。

 そんな状況にもかかわらず「ドラクエ」はなぜ大ヒットしたのか? その理由のひとつに、ソフトが発売されるかなり前から「週刊少年ジャンプ」誌上などで何度もタイアップ記事や広告を掲載し、その特徴を読者に繰り返しアピールしていたことがあげられるだろう。

 とはいえ、実際にソフトを買ったユーザーにすぐ飽きられてしまってはブームが長続きするハズがない。筆者が思うに、「ドラクエ」最大のヒットの秘密は、RPG未経験者でもすんなりと操作方法などの基本システムを理解し、ゲームの世界に溶け込めるよう徹底的に工夫したことが一番の理由であると考えている。

 それでは、実際にムービーを使ってその具体例を解説していくことにしよう。

(C)1986 ENIX

 このムービーは、初代「ドラクエ」のオープニングの場面である。プレイヤーが主人公の名前を入力すると、王様から主人公(プレイヤー)に対して「宝の箱を取れ」「兵士に話を聞け」と、これから何をすればいいのかを懇切丁寧にアドバイスしてくれるのがお分かりいただけるだろう。

 さらに兵士に話しかけると、下のフロアに降りるための階段へとたどり着くには、通路上にある扉を開ける必要があることが分かる。このゲームにおいては、扉は「かぎ」のアイテムを使わないと開かないルールになっているため、プレイヤーは必然的に「かぎ」を探し出すことが必要となる。そして宝箱の中に隠されたを「かぎ」を発見し、これを使用することで主人公は初めて外の世界へと出られるようになるのである。

 いかがだろうか? たった1画面のマップ内を動くだけで、「はなす」「(宝の箱を)とる」「とびら(「かぎ」で開ける)」「かいだん(を降りる)」という、ゲーム中ひんぱんに使用するこれらのコマンドの使い方を、プレイヤーが自然にマスターできるよう巧みに作り込んでいることが理解していただけることだろう。また兵士に話しかけると、「『かぎ』は一度使うとなくなってしまう」などというように、まるでマニュアルを読んでいるかのごとく説明してくれる親切ぶりだ。

 この計算されつくされた「舞台設定」があったからこそ、RPG初心者であってもアッという間に基本ルールや操作を学習し、ゲームの世界にどんどん夢中になってしまう。やがてこのゲームに感化された多くのプレイヤーたちが、まだその存在を知らない友人たちにゲームの面白さを話したり、あるいは実際にやって見せたりするうちに評判がどんどん広まり、記録的な大ヒットへとつながっていったと筆者は思うのである。

「スーパーマリオ」「メトロイド」の最初のシーンにも驚くべき秘密が!

 今度はアクションゲームの例を取り上げる。同じく1985年にファミコン用ソフトとして登場した、任天堂の傑作アクションゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のゲーム開始直後、ワールド1-1の場面に注目してみよう。

 ゲームが始まってから少し先に進むと、やがてブロックが画面内に現れる。これらのブロックをよく見ると、「?」マークがついたものがまざっていることにプレイヤーはすぐ気づくだろう。この「?」マークを1個をつけるだけで、「ここに何かあるかもしれないぞ!?」という無言のアピールをプレイヤーにしているわけである。そして、これらのブロックの中に1ヶ所だけ、取るとマリオが巨大化する「スーパーキノコ」が隠されているポイントがあることは、ゲームを実際に遊んだことのある人ならよくご存知だろう。

 ところで、この「スーパーキノコ」だが、みなさんは初めてプレイしたときにちゃんと取ることができただろうか? 敵のクリボーに捕まってやられてしまった場合を除き、おそらくほぼ100パーセントの人が、キノコを画面外に逃すことなく無事キャッチすることができたハズである。

(C)1985 NINTENDO
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」