ニュース
» 2009年10月26日 20時30分 公開

同人・インディーズゲームの展示会「秋葉原ロケテゲームショウ1」に行ってきました日々是遊戯

IGDA日本が主催する、初の同人・インディーズゲーム専門展示会「秋葉原ロケテゲームショウ1」が、去る10月24日に開催されました。

[池谷勇人,ITmedia]

商用ゲームにない、自由な発想のゲームも多数

会場となったのは、秋葉原UDX4階のUDXマルチスペース

 「東京ゲームショウ2009」が閉幕してから早1カ月が経とうとしていますが、去る10月24日、もうひとつの「ゲームショウ」が秋葉原で行われていたのをご存知でしょうか。

 そのイベントとは、国際ゲーム開発者協会(IGDA)日本の主催により開催された「秋葉原ロケテゲームショウ1」。ざっくりと言えば「同人・インディーズゲーム」だけを集めた展示会イベントで、当日は28もの個人やサークルがブースを出展。振り返ってみれば、わずか4時間のごく短いイベントではありましたが、一般の来場者数は855名にも達し(サークル・スタッフ参加者も含めれば1000名近く)、はじめての試みとしてはかなり盛況な滑り出しとなったようです。

 名前の由来は、アーケードゲームの「ロケテスト」(正式発売前に一部のゲームセンターなどで先行稼働させ、ユーザーの反応を見ること)から。「同人・インディーズゲームの多くは“売れておしまい”で、ユーザーからのフィードバックを得にくい。ユーザーに直接触ってもらい、反応を見たり、感想を聞いたりできる機会を設けたいという思いから、今回のイベントを企画しました」(IGDA日本 代表 新清士氏)

 出展されていたタイトルは、流行りの弾幕シューティングをはじめ、アクション、パズル、アドベンチャーなど多岐にわたっていましたが、中でも個人的に面白いと思ったのが、現地でライブゲーム制作を行っていたサークル「小松菜屋」。アイデア出しからプログラミング、グラフィック制作、音声収録まで、すべて来場者が見ている前で行うというダイナミックな試みで、終了30分前になって「できたー!」という声があがった時には、会場のあちこちから大きな拍手と歓声が沸き起こっていました。

 完成した「タコルカが海の中を進むゲーム」は、残りの時間でCDに焼き、その場で来場者に配布。会場には現役のゲーム開発者も多数訪れていましたが、たった4時間で開発からパッケージ化まで行ってしまうインディーズゲームならではのスピード感に、感銘を受けた人は多かったようです。

終始人だかりが絶えなかった「小松菜屋」。ホントに開催時間内でゲームを作ってしまった
できたゲームはその場でCDに焼き、来場者に配布。このスピード感はインディーズゲームならでは!
こちらが完成した「タコルカが海の中を進むゲーム」。サークルのHPでも公開されているので、興味がある方はぜひどうぞ

 「IGDAでも5月からインディーズゲームの勉強会などを行っていますが、インディーズゲームの開発者ってやっぱり元気なんです。しかし一方で、アマチュアが家庭用ゲームに参入できる機会はどんどん狭まってきていて、新しいアイデアを持った斬新なゲームが生まれにくいという現状がある。今回のイベントが、少しでも新しいゲーム文化の創出につながってくれればいいですね」と新氏。第2回目の開催などについては未定とのことですが、今後定番のイベントになっていけば面白そうです。

 なお、今回参加したサークルの一覧はIGDA日本のサイトにて確認可能。出展タイトルの中には、各サークルのサイトにて公開・配布されているものも多いので、興味がある人はぜひチェックしてみてください。

サークル「チームグリグリ」の「コープスパーティーブラッドカバー4」
サークル「2CCP」の「Dysnomia」。TPS形式の対戦アクションゲーム
サークル「RebRank」の「RefRain -prism memories- Trial ver.」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/27/news058.jpg みちょぱ、恋人・大倉士門とのラブラブムービーに大反響 “公開イチャイチャ”に「本当お似合い」「夫婦にしか見えない」
  3. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. /nl/articles/2111/27/news054.jpg MALIA.、山本“KID”徳郁さんとの16歳次男と親子初共演 「パパに似てる」「美男美女」と“美形ファミリー”に反響
  5. /nl/articles/2111/27/news051.jpg 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  6. /nl/articles/2111/27/news041.jpg さだまさし、友人・平原まことさんの逝去に悲痛の思い 「綾ちゃん、がんばれ!」と娘・平原綾香にエールも
  7. /nl/articles/2111/27/news064.jpg お父さんめっちゃパンクだな! SUMIRE、父・浅野忠信の誕生日祝いに幼少期の貴重な2ショットを公開
  8. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  9. /nl/articles/2111/27/news028.jpg 飼い主に遊んでほしい猫ちゃん、胸キュン必至なおねだりを見せ…… 甘えん坊な元保護猫が最高にかわいい
  10. /nl/articles/2105/19/news041.jpg 【お仕事楽しい】「3日間育休をとる」という男性社員に「理解できない」と上司 予想外の真意に感動の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」