ついにミコッテ解禁!! 「FF XIV」は新たなるステップへ――βテスト体験リポート(1/4 ページ)

発売日が9月30日に決定し、にわかに活気づいている「FF XIV」。かねてより開催されていたαテストが終了し、次の段階であるβテストがスタートした。αテストからどう変わったかをリポートしていく。

» 2010年07月20日 12時48分 公開
[板橋舟人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

さまざまな機能が実装されたβテスト

 既報の通り、「ファイナルファンタジー XIV」の発売日が9月30日に決定した。また、4月より開催されていたαテストは終了し、7月10日より次の段階であるβテストがスタートした。βテストでは、ゲーム内容の大幅なブラッシュアップに加え、プレイ時間の拡大やテスターの拡大が行われており、より大規模なテストプレイへとステップアップしている。というわけで、αテストからどう変わったのか、そのプレイリポートをお伝えしていく。

 その前にお約束の注意事項を。本記事はβテスト(7月14日現在)の内容を元にした内容であり、今後のβテストおよび製品版では変更される場合がある。また掲載している写真は実際にβテストで撮影したものに加えて、スクウェア・エニックスより提供された素材も含まれおり、写真ごとに撮影した解像度が異なることも留意していただきたい。

βテストでは、グラフィックスが大きく進化している。キャラクターの影がリアルになったほか、通常シーンにも被写界深度を実装。遠景がぼやけて見えるようになり、さらに臨場感が増した

コンフィグの画面設定の項目。すべてを最高にすると非常に美しい画面となるが、そのぶんPCのスペックも要求される

 まずは、ゲームプレイ前の設定から。βテストからゲームパッド以外のコンフィグ設定が実装され、さまざまな要素をカスタマイズできるようになった。解像度は1280×720〜1920×1280の複数から設定できる。

 さらに、マルチサンプリング、描画バッファサイズ、シャドウマップ品質の設定も行えるようになった。マルチサンプリングはアンチエイリアスという処理の一種で、画像がなめらかになる効果がある。大ざっぱに説明すると、キャラクターの輪郭はそのままだとギザギザに見えるが、アンチエイリアスを利用すれば中間色を利用してうまい具合に処理してくれるので、よりなめらかに見える。描画バッファサイズは実際にレンダリングするサイズを指定でき、大きければよりなめらかな画像になる。シャドウマップ品質は影の処理で、こちらは品質を指定して設定する仕組みだ。

 また、被写界深度およびアンビエントオクリュージョンも実装された。大ざっぱに言えば、被写界深度はピントが合っていない場所がぼやけて見える処理。アンビエントオクリュージョンは聞き慣れない単語だったため調べてみたが、どうやら陰影に関連した処理……のようだ。これらはオンかオフかを選択する。先に述べた項目も含めて、いずれもゲーム画面をよりキレイにする効果があるが、そのぶん処理が増えて動作が重くなるデメリットもある。このため、自分がプレイするPCスペックにあわせて、快適さが損なわれない程度に効果を増やしていくのがPCゲームのセオリーといえる。

 ちなみに本記事執筆に使用している筆者のPCスペックは、OS:Windows XP(SP3)、CPU:Core 2 Duo E8500、メインメモリ:2GB、ビデオカード:Radeon HD 4850というもの。2〜3年前のミドルレンジといったスペックで、オフィシャルベンチマークのスコアは2300ほど。やや重いがまあ遊べる、といった感じだろうか。

 このPCで、解像度:1280×720、マルチサンプリング:4サンプル、アンビエントオクリュージョン・被写界深度:ともにオン、それ以外はデフォルトという設定でプレイしている。実際、どれくらいスムースに動くかもお伝えしたかったが、じつは現状では一部のRadeonシリーズでは処理が重くなる不具合が発生しているため(実際、町中では相当重かった)、プレイ感についてはまた後日に。

全民族が選べるようになったキャラクターメイク

 前置きが長くなったが、ここからゲーム内容について語っていこう。まずは、大きく変わったキャラクターメイキングをチェックしたい。αテストでは画面が簡易なもので、さらに選べる民族も限られていたが、βテストではすべての民族が選べるようになった。また各カテゴリを選択しやすいよう改良されており、プレイアビリティも向上している。

 では詳しく見ていこう。まず選ぶのは、キャラクターの民族。ヒューラン、エレゼン、ララフェル、ミコッテ、ルガディンの5つから選択する。続いて、2種類ある部族のどちらかを選ぶ。つまり、「XIV」のキャラクターメイクは10種類のタイプから1つを選択するスタイルとなる。ミコッテとルガディン以外は、さらに男女を選択できるため、実際のバリエーションはさらに膨大だ。注目したいのは、やはりαでは実装されていなかったミコッテやエレゼン(男性)を選べることだろう。

 部族を決定したら、続いて“容姿タイプ”をいくつかの中から決定する。これはいわばテンプレートといえるもので、まず好みの外見をここで大まかに決定してから、細部を自分好みにカスタマイズしていく、という流れだ。ちなみにこの画面で、キャラクターを操作することが可能。移動、走りモーションなどを確認しながらキャラクターメイクできるのだ。

民族、部族を選んだら容姿タイプを設定。ちなみにβテストで作成できるキャラクター数は3体に増加し、選択画面やキャラクター作成時にも操作可能だ

 容姿タイプを選んだら、今度はサイズや声、肌の色、髪、顔、特徴といった細部をカスタマイズする。これらのカスタマイズは、すべて複数ある項目から選択するタイプ。スライドバーを動かして……というアナログ方式ではないため、ある程度自由度は下がってしまうが、そのかわりどう作っても見栄えのよいキャラクターが作れる、というワケだ。なお、髪、顔、特徴は、選択するとさらに詳細メニューへと移行する。

 髪は髪型や髪の色に加え、メッシュの色も変更できる。ちなみに色は、メニューを選ぶとカラーパレットが表示され、その中から好みの色を選択するスタイルだ。αでは色見本が表示されず、一度選択してモデルで確かめるまで実際の色が分からなかったのだが、このあたりは非常にプレイしやすく進化していた。

 顔は、眉毛の形、目の形、輪郭、瞳の色など選択できる項目が非常に多い。まずは、基本となる“顔タイプ”を選択して、そこから細部を調整していく、という感じだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評