ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「手塚治虫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手塚治虫」に関する情報が集まったページです。

漫画家の吾妻ひでおさんが死去、享年69歳 「失踪日記」「ななこSOS」など手掛ける
ご冥福をお祈りします。(2019/10/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「違った会社に変わっていきたい」名実ともに東芝から独立したキオクシア
「東芝ブランド」からの別離、を強調していました。(2019/10/7)

「リボンの騎士」から「CCさくら」まで250点もの原画で乙女な時間 「創刊65周年記念『なかよし』展」レポート
少女漫画ファンが内覧会に足を運んできました。(2019/10/4)

AIが手塚治虫の新作漫画を描く 2020年2月に披露
AIによって漫画家の故・手塚治虫さんの新作漫画を描くプロジェクトが発足。キオクシア(旧東芝メモリ)のフラッシュメモリやAI技術を駆使する。(2019/10/1)

「手塚治虫AI」爆誕! 漫画の神様が「TEZUKA2020」として現代に蘇る
AIが執筆した漫画は2020年公開予定。(2019/10/1)

ブランドカラーも一新:
東芝メモリ、新社名「キオクシア」のロゴ発表
 東芝メモリは、2019年10月1日付で社名を「キオクシア」に変更するのを前に、9月30日、東京都内で報道関係者向けの説明会を実施。新たなロゴやコーポレートカラーなどを発表した。(2019/9/30)

UNiCASE、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向けケース・保護フィルムの予約販売を開始
UNiCASEは、9月11日に同社オンラインストアでiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向けケース・保護フィルムの予約販売を開始した。ハードケースや手帳型ケース、ブランドコラボケース、ガラス液晶保護フィルムなどを取りそろえている。(2019/9/11)

みんなちがって、みんないい! 錦織圭、『バキ道』『弱ペダ』『浦鉄』などの“キャラ化” 作家が書き下ろし
『バキ道』『ブラック・ジャック』『弱虫ペダル』『ハリガネサービスACE』『あっぱれ!浦安鉄筋家族』とコラボ。(2019/8/27)

「それでも描き続けるしかない」京アニ創業者の兄エール
長屋の一角で始めたアニメ制作の下請けから、世界で評価される制作会社に成長した「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)。放火殺人事件という未曽有の危機に見舞われたが、京アニ創業者の兄、杉山卓(たく)さん(82)=浜松市=は「それでも描き続けるしかない」と復活にエールを送る。(2019/8/2)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第1回 浅田弘幸:
漫画を描いていない時も漫画家は漫画家
『I’ll〜アイル〜』『テガミバチ』などの浅田弘幸さんにインタビュー。(2019/7/29)

お笑い芸人・矢部太郎さんのベストセラー『大家さんと僕』の続編『大家さんと僕 これから』、7月25日に発売
やさしい涙に包まれる続編、遂に発売。(2019/7/30)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【前編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏が21世紀のマンガの在り方を余すところなく語った前編――。(2019/7/19)

東京国立近代美術館「高畑勲展」 アニメ史に刻んだ創造の足跡
日本アニメ史に名を刻んだ巨匠がどれだけ苦悩し、新たな表現を切り開いてきたかが伝わる展示だ。東京国立近代美術館(東京・竹橋)で開催中の「高畑勲展−日本のアニメーションに遺(のこ)したもの」は、半世紀以上にわたりアニメ界を牽引(けんいん)した高畑監督の初の回顧展となる。(2019/7/11)

デーイジー、デーイジー:
「2001年宇宙の旅」の「HAL 9000」を、2019年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2019年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第5回は「2001年宇宙の旅」だ。(2019/7/1)

想定市場は275億円、海賊版の抑止にも 電子マンガの海外展開を支援する企業 「めちゃコミ」と「Renta!」2社が共同設立
海外向けに翻訳された正規の電子版を増やすことで、海賊版の抑止にもつなげるとのこと。(2019/5/29)

TEZUKA OSAMU×UNiCASEコラボケースにiPhoneXR用が登場
UNiCASEは、5月末に手塚治虫生誕90周年を記念した「TEZUKA OSAMU HYBRID CASE for iPhoneXR」を発売する。ケース背面はポリカーボネート、側面はTPUのハイブリットタイプ。デザインは「ユニコ」のユニコ、「ブラック・ジャック」のピノコ「鉄腕アトム」のウラン、「リボンの騎士」のサファイアで展開する。(2019/5/29)

EV時代の到来に「待った」 トヨタ、虎の子技術を開放する深慮
次代のエコカー競争をめぐり、欧米や中国で電気自動車(EV)の普及に注目が集まる中、蚊帳の外に置かれそうなのがハイブリッド車(HV)だ。市場を牽引してきたトヨタ自動車は4月、“虎の子”のHVを中心とした電動車の関連技術の特許を無償で開放する方針を公表した。トヨタの方針転換には、HVをさらに普及させることで自社のビジネスを有利に導こうという深慮があった。(2019/5/17)

「ルパン三世」モンキー・パンチさんが死去 手塚るみ子や水木一郎ら著名人からコメント寄せられる「言葉が見つかりません」
後日、偲ぶ会が予定されているとのこと。(2019/4/17)

20万冊以上のマンガが常時読み放題だと……! 鳥取・関金温泉のホテルがマンガ好きの天国だった
BL含む女性向けマンガだけでも3万冊!(2019/4/12)

手塚治虫ファン必見! iPhone X/XS用「TEZUKA OSAMU HYBRID CASE」を試す
手塚治虫氏の生誕90周年を記念したコラボレーションiPhoneケースが「UNiCASE(ユニーケース)」から発売されている。この記事ではiPhone X/XS版をチェックする。(2019/4/5)

“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる(1):
無断でダウンロードしたデータでもAI開発に使える? 改正著作権法を弁護士が解説
AIモデル開発を目的とするなら、著作権者に許諾を得ずとも、データのダウンロード、整形、加工がより広い範囲で行えるようになった。弁護士法人STORIAの柿沼太一弁護士が、2019年1月1日に施行された「改正著作権法」のポイントとAIモデル開発時の注意点について解説した。(2019/3/29)

手塚治虫『アポロの歌 オリジナル版』発売 雑誌連載当時の構成で初の単行本化
やったー!(2019/3/14)

イベントから学ぶ最新技術情報:
生データ使い放題?! 「日本は機械学習パラダイス」になった ― DEEP LEARNING LAB 勉強会
2019年1月1日施行の「著作権法30条の4」により、日本ではAIの学習済みモデルの生成にネット上の情報が(ほぼ)自由に使用できるという。DEEP LEARNING LAB 勉強会で説明された、その内容を紹介する。(2019/1/30)

かわいいものおまとめ(2019年新春):
こんなにかわいいお守りがあるのか! 運気もテンションも上がりそうな新春&和のかわいいものおまとめ
上野東照宮 ユニコお守り/成田山 圓能寺 たくさんのえんお守り/下鴨神社 媛守/着物レンタル さわだ屋/和コスメ kyo・miori/テキスタイルブランド kichijitsu……を紹介!(2019/1/3)

テレビアニメ「どろろ」、初回放送日が1月7日に決定 OPは女王蜂の新曲「火炎」
第2弾PVも公開。(2018/12/6)

京阪モールに『リボンの騎士』コラボ登場! 「サファイア」モチーフのカクテル&フードがおいしくラグジュアリー
12月25日までの期間限定!(2018/11/20)

UNiCASEのiPhone XSケースランキング、総合1位は「ゼロハリ」
UNiCASEが、iPhone XS用ケースの売り上げランキングを発表した。オンラインストアとリアル店舗を含めた総合1位はiPhone 8/7/Xでも人気を集める「ZERO HALLIBURTON Hybrid Shockproof case」で、限定色の手帳型ケースや定番デザインにアクセントを加えたケースがランクインしている。(2018/11/8)

「エロマンガ表現史」著者に直撃:
エロ漫画の「研究本」はなぜ有害図書にされたのか 「わいせつ」の意味を問う
エロ漫画の表現の研究本「エロマンガ表現史」が有害図書に指定された。著者は「有害とは何か」について議論が行われてこなかったと指摘する。(2018/11/2)

PR:手塚治虫の全400冊が3日間限定で無料読み放題! 全部読み切れるわけがないのでオススメ作品を選んでみた
人間が72時間で400冊読み切ろうなんておこがましいとは思わんかね……。(2018/11/2)

恒例の年賀状サイト「郵便年賀.jp」開設 2019年はポケモン、けもフレ 人気絵師には森倉円など
新たにSNS上で年賀状を送り合うサービス「デジタルはがき」を実装。(2018/11/1)

「昆布」「昆虫」 有村昆、なぜか名前を“ちょい足し”される事案が頻発 「児嶋だよの気持ちわかる」と嘆き
「手塚治虫」感ある。(2018/10/26)

『SWITCH』11月号は手塚治虫特集 「新宝島」と「アトムの最後」を掲載
手塚治虫は永遠なのです。(2018/10/18)

弓月光、寺田克也ら有名クリエイターが手塚治虫とコラボ オリジナル作品を展示販売する「キチムシ’18」が開催
2018年で4回目の開催。ゲリライベントもあるかも?(2018/10/17)

アトムもBJも美少女に 女性化された手塚治虫キャラが戦うゲームアプリ「絵師神の絆」始動
ほかにも火の鳥など、原作の面影を残す美少女が続々。(2018/10/16)

ロボット開発ニュース:
鉄腕アトムのコミュニケーションロボットは「好奇心旺盛でおちゃめな現代っ子」
講談社は、手塚治虫氏の漫画「鉄腕アトム」の主人公・アトムをモチーフにしたコミュニケーションロボット「ATOM」の完成版を、2018年10月1日に発売する。価格(税別)は21万2900円で、同社オンラインストアの他、全国の家電量販店、百貨店のロボット売り場、NTTドコモのショッピングサイトなどで販売する。(2018/9/11)

約50年ぶりにアニメ化される手塚治虫の名作「どろろ」 百鬼丸役に鈴木拡樹、どろろ役に鈴木梨央起用決定!
来年1月、楽しみすぎ。(2018/9/3)

ワタシハ人間デス:
「火の鳥」の「ロビタ」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、横山光輝が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第4回は手塚治虫先生の「火の鳥」だ。(2018/8/27)

「きっと幸せだった」 カラテカ矢部、漫画『大家さんと僕』の“大家さん”死去の報告に芸能界からも追悼の声
「僕(矢部さん)」と大家さんのほっこりするやりとりが人気でした。(2018/8/24)

くまモンが伝記になったモン! 小学館の学習漫画「偉人伝シリーズ」に史上初のキャラクター主人公
熊本の復興を後押しする存在としてその奮闘ぶりが描かれます。(2018/7/29)

「鉄腕アトム」を“透視”するアート作品が見事! ロボット内部が見えてくる仕掛けに感動の声
ゾクゾクする仕掛けのアート作品です。(2018/7/27)

存命漫画家で初の「国立美術館で個展」:
ジョジョは「アート」だッ! 荒木飛呂彦さん、「歴史的」原画展開催へ
ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦さんが8月に国立新美術館で個展を開く。実は存命の漫画家が国立の美術館で個展を開くのは初。(2018/6/21)

アトム、レオ、ピノコ、ユニコをデザイン UNiCASEから手塚治虫生誕90周年記念iPhoneケース第3弾
UNiCASEは、手塚治虫生誕90周年を記念したiPhoneケース第3弾の予約受付を開始。アトム・レオ・ピノコ・ユニコといったキャラクターイメージに合わせたカラーでデザインし、iPhone XとiPhone 8/7に対応する。(2018/5/24)

うつ病からの脱出描いた田中圭一『うつヌケ』が実写ドラマ化 主演・田中直樹で2018年秋にネット配信
アシスタントのカネコ役は、女優の大後寿々花さん。(2018/5/23)

“AI市長候補”が市長選に出馬して分かったこと 「握手ができないAIは選挙活動が苦手」
突如現れた奇抜な候補者はいったい何を目指していたのか。(2018/5/1)

「wena wrist」の手塚治虫作品コラボモデルが登場 WAON搭載モデルも
ソニーは、スマートウォッチ「wena wrist」から手塚治虫作品「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」とのコラボレーションモデルと、電子マネー「WAON」の機能を搭載したモデルを数量限定で販売。4月17日から先行予約をスタートする。(2018/4/17)

エイプリルフールで話題になった「手塚おさ松さん」コラボが始動! 手塚タッチの6つ子がオシャレでカッコイイ
カラ松がブラック・ジャックって。(2018/4/7)

春のコス祭り! AnimeJapan 2018を熱くしてくれたコスプレイヤーさん大集合
スーパーえなこタイムもあるよ!(2018/3/24)

ホラー漫画家の古賀新一が逝去、81歳 代表作『エコエコアザラク』など
秋田書店によると死因は「病気」とのこと。(2018/3/16)

『よつばと!』最新第14巻が4月に発売決定! 250ページ以上が無料で読める特設サイトもオープン
待ってたー!!!(2018/2/27)

奇跡は 誰にでも 一度おきる だが おきたことには 誰も気がつかない:
「わたしは真悟」の「モンロー」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第3回は楳図かずお先生の「わたしは真悟」だ。(2018/2/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。