ニュース
» 2011年04月01日 18時19分 公開

「アイマス」「ダライアス」も参戦! 2011年のゲーム業界エイプリルフールネタまとめ日々是遊戯

すでにアイレムは不参加を表明していますが、いざ日付が変わってみれば出るわ出るわ。今年も大盛り上がりとなった、ゲーム業界のエイプリルフールネタをまとめてみました。

[池谷勇人,ITmedia]

みなさん、嘘ついてますかー?

アイレムは残念ながら今年は不参加。ウソだと言ってほしい……

 本日4月1日はエイプリルフール。「年に一度、ウソをついてもいい」という世の倣ならいに従って、今年も多くのサイトやメーカーが、ここぞとばかりに渾身のエイプリルフールネタを披露してくれています。

 すでに発表されているとおり、今年は「エイプリルフールの雄」ことアイレムが不参加を表明するなど、一部では自粛の動きも見られましたが、それでも相当な数のネタがすでにあがっています。主だったものは「ねとらぼ」でも紹介していますので、こちらはゲーム関連のネタに絞って紹介していきましょう。

 アニメ「THE IDOLM@STER」のサイトでは、Amazon風のレイアウトで、高槻やよい(14)さんによる手作りモヤシ「やよいのもやし」を販売。カスタマーレビューによれば「人生ゲームの駒に最適です」、「自然と『うっうーまい!』と大きな声が漏れてしまいました」など、購入者からはそこそこ満足したという声があがっているようです。

 かなりギリギリのラインを攻めてきたのはスラッシュドット・ジャパン。今はなきデータイーストの迷作アクションゲーム「チェルノブ」をネタに、「日本を舞台にリメイク決定か」という記事を投稿。記事を読むと、あの「チェルノブ」とは一切関係のない、でたらめなゲーム内容であることが分かりますが、時期が時期だけに「そんなネタで大丈夫か?」「大丈夫じゃない、問題だ」などと心配する声も。

 TYPE-MOONの公式サイトでは、エイプリルフールを題材とした「四月の魔女の部屋」というショートストーリーを公開。作:星空めてお氏、イラスト:逢倉千尋氏による、少し残酷で、しかし心温まる物語が展開されていきます。

お値段はやよいにちなんで841円。高っ! と思ったら370パックセットでした。安っ!
そもそもオリジナルの「チェルノブ」自体、「不謹慎だ」と当時さんざん言われてましたが……
もはやネタでもなんでもない「四月の魔女の部屋」。力作です!

 三上真司氏が代表取締役を務めるタンゴゲームワークスは、「三上真司アクションフィギュア【数量限定生産】(http://tangogameworks.com/jp/others/shopping)」の販売ページをオープン。全身250箇所以上が稼働し、さらに背中のボタンでジャンプする機能も付いてお値段たったの1万4680円(税込)! さらにトレードマークのキャップや、ランダムでダジャレをつぶやく機能などが付いた「限定版」もあり、こちらは1万9800円(税込)となっています。

 イメージエポックは公開中のブラウザゲーム「ぷちっと★ロックシューター」を「ひろゆき★ロックシューター」にリニューアルオープン。「ぷちっと星が、伝説の男“ひろゆき”氏にのっとられた」という設定で、記念の「ひろゆき」お面を10ぷちっとポイントにて配布中とのこと。誰が得するんだこれ……。

 無料ゲームまとめサイト「ふりーむ!」では、「携帯型無料ゲーム機『ガブリエル』」を発表。なぜか天狗のお面を模したデザインになっており、「顔に装着することで、両目の部分についたデュアルディスプレイにより、リアルな3D空間の広がるゲーム画面を体験できます」とのこと。デザインはともかくとして、お面のように装着するアイデアは案外アリかも……。

「仕事場でみせる険しい表情とは対照的な、柔和な笑みを浮かべる素顔の三上真司を立体化」だそう
「本日よりひろゆき★ロックシューターになりました!」と言われても……
内側にゴムスティックが付いていて、操作は舌で行うそうです。やっぱりいらないかも……

 「日々是遊戯」でも何度か紹介している、海外のサンドボックスゲーム「Minecraft」は、なぜか公式サイトにいきなりストアがオープン。どうやらゲーム内アイテムを買えるようですが、調子に乗ってカートに入れすぎると……。

 「メルルのアトリエ」「ロロナのアトリエ」などのキャラクターデザインで知られる岸田メル氏は、Twitterで「せっかくなのでロロナの未公開イラストアップしました〜」と発言。これは! と思ってリンク先に飛んでみると……。ちくしょう、ちくしょう……。

 思わず吹き出してしまったのは「ダライアスバースト アナザークロニクル」の公式サイト。ただでさえ横長な筐体をさらにずらーっと連結し、全長32メートルの超ワイド版「ダライアスバースト アナザークロニクル48(フォーティエイト)」としてリニューアルすることを発表。画面比率はなんと驚きの384:9(ギネス申請中)!

海外のネタはちょっと珍しかったので紹介してみました
思わず筆者もひっかかりました。衝撃の内容はぜひご自分で確かめてみてください
実際にあったら遊んでみたいけど、これ、1Pの人は右の方見えないのでは……

 個人のゲームニュースサイトも多数参戦。「XNEWS」さんでは「日本最大のXbox 360専門コミックサイト」として、「よつばと!」のパロディ漫画「よつばこ!」を掲載。「めっつぉ」さんや「読みゲー」さんも、「神羅カンパニー、東京電力に電力を提供」や「【速報】任夫堂、新型ゲーム機「ニソテソドー4DS」の発売中止を発表【AFD】」などの嘘ニュースを掲載しています。それぞれサイトの特徴を反映させた内容となっていて、エイプリルフールを存分に満喫している感が伝わってきますね。

ちょっと変わったゲーム機「よつばこ!」と、周りの人たちのなにげない日常を描いたマンガだそうです
神羅カンパニーが支援してくれれば、電力不足も一瞬で解決しそうです
奥行きの次は「時間軸」を採用! ……もはやどんなゲームになるのか想像もつきません

ニトロプラスの「魔法少女そにこ☆マギカ」。雨後のタケノコとはまさにこのことか!

 余談ですが、ネタの種類で言うと飛び抜けて多かったのが「魔法少女まどか☆」ネタでした。特に美少女ゲームメーカーに多く、ニトロプラスの「魔法少女そにこ☆マギカ」、ねこねこソフトの「魔法少女まじかる☆マギカ」、アルコットの「魔法少女かな☆マギカ」、BaseSonの「魔法少女はわわ☆あわわ」……とまさによりどりみどり。流行りのネタが一目で分かるのもエイプリルフールの面白いところですが、いくらなんでもカブりすぎでは……。

 ――というわけで、ゲーム関連だけでもこのボリューム! 「こんな時だからこそ楽しいネタを提供したい」という参加者たちの気持ちが伝わってきます。また残念ながら今年は不参加となってしまったアイレムですが、来年はさらにパワーアップして戻ってきてくれるのに期待したいところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する