ニュース
» 2011年09月13日 22時00分 公開

3DSに「モンハン4」「どうぶつの森」「トモダチコレクション」――任天堂が負けられない戦いに挑むタイトルたちニンテンドー3DSカンファレンス 2011(1/5 ページ)

年末から2012年にかけての3DSのラインアップで任天堂の本気を見た。ニンテンドー3DSに「モンスターハンター4(仮題)」も!

[ITmedia]
画像 3DSが、すべてのゲームファンに満足してもらうプラットフォームになるべく、かつ多くのユーザーへと普及する努力をしていくと岩田氏

 任天堂は9月13日、年末商戦から来年にかけて発売するニンテンドー3DS向けソフトを紹介「ニンテンドー3DSカンファレンス 2011」を東京ビッグサイトで開催。岩田聡代表取締役社長が「ビデオゲームの歴史において、例がないのではと思えるほど充実したタイトル」と宣言したとおり、強力なタイトル群が発表された。

 岩田氏はカンファレンス内で、Wii、DS、3DSのプラットフォーム別ユーザー構成について、3DSでは女性ユーザーの比率が少ないことを例に挙げる。今後は「男女ともにバランスのいい状況にしたい」と、女性ユーザーを意識した3DSの新色「ミスティピンク」を10月20日にラインアップに加わることが明らかになった。

(関連記事:ニンテンドー3DSに新色「ミスティピンク」追加

(関連記事:ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド、12月10日発売

 また、11月には3DS本体の機能強化を目的に、アップデートを予定している。更新では「ニンテンドー3DSカメラ」での3D動画撮影機能の追加に加え、「すれちがいMii広場」の強化や、ニンテンドーeショップの改善などを実施する。

画像画像 カンファレンス冒頭には宮本茂氏がゼルダの伝説の剣と楯を持って登場。「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」が過去最大の制作規模で開発が進められていると発言。新しい遊びと謎解きが仕込まれている

 ここでは任天堂タイトルを中心に今回のカンファレンスで出展されたタイトルを紹介していく。

「スーパーマリオ 3Dランド」(2011年11月3日発売)

 おなじみマリオが立体空間で大冒険を繰り広げる。ニンテンドー3DSの立体視機能で、よりいっそう空間が分かりやすくなった。「スーパーこのは」でタヌキマリオに変身すれば、ジャンプや攻撃もパワーアップ。多彩なアクションで仕掛けや敵を乗り越え、ゴールを目指す。2Dの「スーパーマリオ」のように、誰もが手軽に気軽に遊べる3Dアクションゲームを目指した。

画像画像画像画像 望遠鏡を見つけて駆け寄るマリオ。そしてプロペラブロックをかぶって上昇するマリオ。下に見えるのは懐かしのドットキャラクター

画像画像画像画像 危険いっぱいの水中ステージや「スーパーマリオブラザーズ」のゴールポールのようなステージも。おなじみのボーナスステージやお化け屋敷も登場する

(C)2011 Nintendo

「マリオカート7」(2011年12月1日発売)

 「マリオカート」シリーズの最新作。空を飛んだり、海に潜ったりとレースの世界観が大きく広がった。カートの「フレーム」「タイヤ」「グライダー」を組み合わせ、好みのカスタムカートでレースに参加することも可能。「ドライバー視点モード」にすれば、本体を傾けるだけで、ハンドル操作が可能だ。近くの人との通信はもちろん、インターネット通信でも、最大8人で対戦できる。

画像画像画像 ピーチ城の舞台から、一斉に飛んでいくマリオたち(左)、雨降る未来都市では巨大なタイヤをつけたカートで、雨の中を駆け抜けるクッパの姿も(中央)、南国の海底を小さいタイヤをつけたカートで走るピーチ(右)

画像画像画像 砂漠の夜の町を走るキノピオ(左)、紅葉が落ちる中を、蜂の形のカートで走るヨッシー(中央)、渓谷の先にある森をめざし、空を飛んでいくドンキーコング(右)とおなじみのキャラクターも健在

画像画像画像 いつもとちがうドライバー視点では本体を傾けてハンドル操作も可能(左)、そして新キャラクターのメタルマリオも参戦(中央)、世界中の人々と、最大8人で通信対戦が可能(右)

(C)2011 Nintendo
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」