ニュース
» 2011年09月13日 22時36分 公開

ただでさえ天使のミクさんが3DSで立体に! 「Project mirai(仮)」遊んでみたニンテンドー3DSカンファレンス 2011

PSPに続いてニンテンドー3DSにも「初音ミク」のリズムアクションが登場! 気になる3DS版のプレイ感覚は?

[池谷勇人,ITmedia]
画像

 9月13日に開催された「ニンテンドー3DSカンファレンス 2011」内でタイトルが明らかとなった、セガのニンテンドー3DS用ソフト「Project mirai(仮)」。カンファレンス後の体験会では、早くも同作品の試遊ブースが設けられており、実際に体験してみることができた。

 本作はご存じ「初音ミク」をフィーチャーした、ニンテンドー3DSオリジナルのリズムアクションゲーム。初音ミクのリズムアクションゲームと言えば、PSPの「初音ミク -Project DIVA-」シリーズを思い浮かべるが、本作のミクは“ねんどろいど”版のデザインがモチーフになっており、「Project DIVA」とはまた違ったキュートさ、かわいらしさを前面に出したものとなっている。

 今回出展されていたバージョンでは「私の時間」「ピアノガール」の2曲がプレイ可能で、譜面はそれぞれ「EASY」と「NORMAL」の2種類から選択することができた。詳しい収録楽曲については不明だが、既存の人気楽曲を収録する、というコンセプトは「Project DIVA」から変わっていないようだ。譜面は時計の文字盤のようなデザインにアレンジされているが、画面に合わせてボタンを押す、という基本は変わっておらず、特に戸惑うこともなくすぐにゲームに集中することができた。

 最大の特徴はバックで流れるPVで、「ピアノガール」の方では、なんとOSTER projectによる公式PV映像を「立体視対応版」にリメイクして収録。「私の時間」の方はオリジナル映像となっていたが、こちらも3Dのミクがかわいらしく踊っていて、非常にクオリティの高いものとなっていた。

 ほかにも3Dのミクをいろんな方向から眺めて楽しむモードや、ニンテンドー3DSのAR機能を使って、好きな場所で「ARコンサート」を開くことができるモードなど、様々な新要素を搭載予定とのこと。発売は2012年3月ともう少し先になるが、初音ミクファンにとっては発売が待ち遠しい作品となりそうだ。

画像画像画像

(C) SEGA (C) Crypton Future Media, Inc. デザイン協力:ねんどろいど


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」