ニュース
» 2011年10月28日 09時37分 公開

日々是遊戯:海外で「ダークソウル棺桶」なるグッズが登場。モニター&スピーカー内蔵で、ゲームに疲れたらそのまま眠れます

遠回しに「死 ぬ が よ い」と言われているような気がしないでもない、ちょっとイヤな「ダークソウル」グッズがお披露目されました。

[池谷勇人,ITmedia]

なぜこの企画が通ったのか

 あまりの難易度に心が折れる人続出の、プレイステーション 3用アクションゲーム「ダークソウル」。そんな中、オーストラリアで「ダークソウル棺桶」なるグッズが発表されたそうです。ええと、意味がよく分からないんですが、とりあえず写真を見てみましょう。

画像 写真はモックアップで、まだ最終デザインではないとのこと

 た、確かに棺桶ですが、一体何の目的でこんなものを……。棺桶内にはサラウンドスピーカーが内蔵されており、足側に設置されたモニタで寝転がったままゲームが遊べる仕組み。内側は柔らかな中敷きで覆われており、ゲームに疲れたらそのままスヤスヤと眠ることもできるようです。もちろんサイドには「ダークソウル」のロゴ&メインビジュアル入り。

画像 すでに応募期間は終了していますが、かなりのコメントが寄せられていたようです

 気になって調べてみると、実はこの棺桶、海外ニュースサイト「IGN オーストラリア」が読者プレゼント用に制作したものだそう。応募期間中、IGNオーストラリアのFacebookにアクセスし、「ダークソウル」のウォールにコメントを書き込んだ人の中から抽選で1名にプレゼントされる予定とのことです。ただし残念ながら、プレゼントの応募期間はすでに終了。ちなみに制作費は約5000ドル(約38万円)だとか。

 確かに「生きている時間よりも死んでいる時間の方が長い」と言われる本作にはピッタリのグッズと言えるかもしれませんが……これ、欲しいですか!?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる