ニュース
» 2012年02月03日 11時00分 公開

「豆ミサイル、スタンバイ。照準、上司!」――節分なので、鬼上司に豆をぶつけてみたナニコレ

「USBスカっとミサイルランチャー」は、USBで接続したPCから操作してミサイルを発射できる。節分なので、ミサイルに豆を搭載して鬼上司を退治することにした。

[山本恵太,ITmedia]

 節分と言えば、豆まき。豆まきと言えば、鬼退治。鬼と言えば、上司。よーし、今日は鬼上司に豆をぶつけて日ごろのうっぷんを晴らすぞ! そう心に秘めているシャイな社会人の皆さんに代わって、筆者が鬼上司退治をすることにした。

 思い起こせば、上司のむちゃ振りに耐えながら取材をする日々……。筆者のうっぷんはただ豆をぶつけるだけでは晴らせない。「相手が“鬼”なら、人間じゃないんだ。僕だって!」と用意したのが「USBスカっとミサイルランチャー」だ。

 USBスカっとミサイルランチャーは、USBで接続したPCから発射操作ができるミサイルランチャー風のおもちゃ。サイズは110(幅)×110(奥行き)×140(高さ)ミリ(最大)で、重さは350グラム。内蔵されたカメラの映像をPCの画面で見ながら発射角度を調整して、4本のスポンジ製ミサイルを圧縮空気で発射する。価格は3680円だ。

 射程距離は約5メートル。試しに会議室で発射してみたところ、確かに5メートル先まで飛ばすことができた。発射直前にPCからビーッ、ビーッという警告音が流れ、続いてドゴーンという音とともにミサイルが発射される。なかなかの迫力で、本物のミサイルを発射したような気分になる。

 さっそく実戦といきたいところだが、節分なのでミサイルに豆を搭載。ミサイルの先端に両面テープを貼って、それぞれに豆を付ける。ミサイルは先端もスポンジなので当たっても痛くないが、豆を付ければ鬼も痛がるに違いない。

 今度こそ準備万端だ。仕事をしているらしい上司の後ろに回り、PCを使ってランチャーを操作する。もちろん、気付かれないように警告音と発射音は消しておく。カメラの映像を見ながら角度を調整して……。豆ミサイル、発射!

 まったく届かなかった。先端の豆が重くて飛距離が短くなってしまったようだ。ランチャーの角度を高めに設定してやり直す……。発射!

 2発目はいすの背もたれに当たったが、まだ飛距離が足りなかった。こうなったら、高さを最大にするしかない。今度こそ、墜ちろ、蚊とんぼ!

 ぺちっ。

 鬼上司の後頭部に直撃した。予想以上のクリティカルヒットだった……。この後、上司にこってりしぼられたのは言うまでもない。

※上司に向かってミサイルを発射するのは大変危険です。よい子のみんなはまねしないでね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声