ニュース
» 2012年03月02日 18時12分 公開

東京都稲城市で大河原邦男氏デザインメカが激突! 「大河原メカ バトルトーナメント」を観戦した夢の大河原メカ頂上決戦(1/2 ページ)

大河原邦男氏の作品展イベントとして「大河原メカ バトルトーナメント」が開催された。出場ロボットは見た目はもちろん、実際に立ちあがり、歩き、戦い、そして倒れていく……。

[種子島健吉,ITmedia]

稲城市で「大河原邦男作品展」開催

 子供たちがガンダムやザクを模したロボットによる戦いに歓声を上げ、惜しみない拍手を送っていた――。ここは東京都稲城市。「大河原邦男作品展」内イベント「大河原メカ バトルトーナメント」でのひとコマだ。

画像 特別審査員として参加した大河原氏

 「大河原邦男作品展」は、東京都稲城市が昨年11月1日に市制施行40周年となることを記念した事業の一環として、稲城市立iプラザで行われた。稲城市で大河原氏の作品展というと唐突な気もするが、実は大河原氏は稲城市在住。作品展では貴重な原画や立体作品などを紹介しつつ、会期中にアニメ上映イベントなども開催された。その作品展内イベントの1つとして2月18日に、「大河原メカ バトルトーナメント」が行われると聞き付け駆け付けたわけだ。

 イベント当日は、大河原氏も審査員としてステージ上で観戦。バトルの合間にお話をうかがったところ、サンライズ 文化推進室 室長 井上幸一氏はROBO-ONE観戦経験も豊富でロボットに詳しいが、大河原氏は良く知らないとのこと。興味がないのかというと、実はまったくの逆で「イラストよりも立体造形などの物作りのほうが好きで、ロボットもやるとのめり込んでしまって仕事ができなくなりそう」と、遠くから眺めて楽しむに止めているのだそうだ。


画像 「大河原邦男作品展」には、「機動戦士ガンダム」シリーズ作品をはじめ、氏がデザインしたメカの貴重な原画などが展示されていた

画像 「装甲騎兵ボトムズ」に登場する二足歩行兵器AT(アーマードトルーパー)、スコープドックの頭部作品。左が大河原氏による試作品で、右は入曽精密が製作したもの。このように、大河原氏の「モノづくり」に対するこだわりが感じられる立体作品の展示もあった

20体以上の大河原メカがエントリー!!

 二足歩行ロボットによる競技大会を開催しているROBO-ONE委員会が特別協力していることもあり、腕に覚えがあるロボットオーナーが集結。「機動戦士ガンダム」シリーズをはじめとして「ヤッターマン」「装甲騎兵ボトムズ」「蒼き流星SPTレイズナー」「勇者エクスカイザー」などなど、大河原氏がメカデザインを手がけた作品を題材とした、手作りロボット20体以上がエントリーした。

画像 フルスクラッチからプラモデルを外装として内部にモーターなどを組み込んだものまで、大小のリアルあるいはユニークな機体がエントリーした。後ろのマスコットは、大河原氏と井上ジェット氏による稲城市イメージキャラクター、稲城なしのすけ(梨が稲城市の特産品の1つなのだ)

 いちおう大会はトーナメント形式のバトルという体裁をとっていたが、競技会というよりはエキシビジョン、「お祭り」として楽しもうという開催趣旨だった。そのため、ロボットのサイズや移動方式などのレギュレーションも緩く、いわば何でもアリの状態。特別審査員の大河原氏が観戦し、サンライズ 文化推進室 室長 井上幸一氏が解説する中、飛び道具が発射され、コスプレ参加のロボットオーナーがアニメの名ゼリフで会場を沸かせていた。本稿でもダイジェスト映像を紹介するという方法で、勝敗うんぬんよりも大河原メカ、ロボット作品の魅力、オーナーのこだわりやロボットの楽しさを伝えることに重点を置いてリポートしたい。

デモンストレーション映像

 可動したロボットを中心にダイジェスト映像を編集した。本大会は、通常のロボット競技会のロボット制作の時間プラスアルファで、大河原メカにするための外装の制作が必要である。その作業に思った以上に時間がかかったそうで、残念ながら制作が間に合わなかったり、見た目では完成していても制御系や動作プログラミングが未実装で動作させることができないロボットもあった。ロボット制作者が原作アニメの大ファンで、パーツをスクラッチしたものの納得いかず作り直していたら、時間切れになってしまったということもあったようだ。

holypong氏制作「機動戦士ガンダム」ガンダムによるビームサーベルの演武。ちゃんとバックパックのマウントからビームサーベルを手でつかみ抜くことができる

なぐ氏制作「機動戦士ガンダム」シャア専用ザクのザクマシンガン、ヒートホークの演武。動作に合わせて効果音が鳴るようになっている。外装はプラモデルを使用しており、中には20個ものモーターが仕込まれている。オーナーはシャアのコスプレで登場

mahiro氏制作、「機動戦士ガンダム」ジムの外装解説と動作デモ。外装はプラモデルなどは使用していないフルスクラッチだ。外観はリアルなまま、関節の可動を邪魔しないデザインをというテーマで制作されている

くぱぱ氏制作、「機動戦士ガンダム」ザクIIの起き上がり動作。全長82センチメートルという大迫力ボディだが、転倒しても自分で起き上がることができる設計になっている

イガア氏制作、「装甲騎兵ボトムズ」ベルゼルガ イミテイドのローラーダッシュ(走行)。歩行、走行を切り替えることができるようになっている

石田賢司氏制作、「勇者聖戦バーンガーン」聖勇者バーンの変形動作。二足歩行ロボットから自動車への完全変形を実現している。ちょっとひっかかってしまっているのは、バトル中のダメージで不具合が生じてしまったため

ごーすと氏制作、「勇者エクスカイザー」ダイノガイストの変形動作。大河原氏「これも私のデザインですか?」、井上氏「のはずですけど……」というやりとりで、会場は笑いに包まれ和やかな雰囲気に。大河原氏のデザインしたメカは星の数ほどあり、すべて覚えていることなどできないということが判明
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」