自然にボディタッチができる 「にんげんがっき」は合コンの必須ガジェットだった健全な大人のおもちゃを発見!

合コンで自然に女子にタッチできて、場が盛り上がる?――ならばそんな「にんげんがっき」を、実際に合コンで試してみよう。

» 2012年04月04日 12時00分 公開
[池田園子,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
画像 にんげんがっき

 これはもう立派な「大人のおもちゃ」として認定したいと思う――と言ってもエロではなく、ソフトタッチに使えちゃうおもちゃ。日本玩具協会の「日本おもちゃ大賞」で大賞を受賞した「にんげんがっき」(タカラトミーアーツ)を複数の合コンで試してみた結果、大活躍することが分かった。

 本来は子ども用(対象年齢6歳以上)のおもちゃということもあり、使い方は簡単。数人でにんげんがっきに片手で触れ、もう片方の手でお互いの手や顔など肌の露出している部分にタッチすると、色々な音が出る。おもちゃに触れる箇所は4カ所あり、2〜4人で楽しめる。

 曲が流れる「えんそうモード」、動物の鳴き声や音が流れる「へんしんモード」、ドラムの音が流れる「ドラマーモード」の3つのモードがあり、タッチの強弱に応じてビブラートがかかるなど音も変わってくる。にんげんがっきというネーミングのなんと秀逸なことか。ここまでで、どういうおもちゃかお分かりになったかしら?

開始早々、さわりっこ

画像 合コンの斬新なアイスブレークに

 大人にとってにんげんがっきは、ボディタッチを自然に発生させるツールになる。合コンでさり気なくボディタッチができると、盛り上がるのはもちろん、みんなの距離を縮められる。恋愛のきっかけにもなる。そこで筆者(25歳女)が、リアルな2対2の合コンに持ち込んでみた。

 合コン会場に到着して早々「ねー、これ見てっ」と勢いよく、鞄からにんげんがっきを取り出す。「お、何これ!」と男子2人、女子1人の反応は上々。「みんなで音を出して遊ぶんだー♪」と天真爛漫ふうに説明し、みんなに四隅を持ってもらう。動物の鳴き声などが流れるへんしんモードに設定した後、4人でスタート。

 筆者が正面の男子の手にタッチして手本を見せると、みんなも恐る恐る手を伸ばして、手にタッチを始める。向かい合った異性にもタッチ。うーん、この探り合い感に結構萌えてしまう! 観察していると男子も同じ気持ちの様子。合コン開始早々、緊張がほぐれてきた。斬新なアイスブレーク(初対面の人が打ち解け合うきっかけ)であることは確実。

 大人のタッチは次のフェーズへ。「ほっぺたとかでも大丈夫よん」と顔タッチの許可を下ろしてみる。こういうことは慌てず、徐々に進める必要がある。恋愛を進めていくのもお・な・じ・だ・よ・ね♪ 隣に座っている女友達の頬をつんと触ってから、正面または斜め前に座っている男子の頬にもつんとタッチ!

 最初にいきなり異性の頬を触らないことがポイントだ。ガッツキ感がどうしても出てしまうので注意。女子から積極的にタッチしたせいもあってか、次第に男子も女子の頬をつつくようになった。おぉ、何だか親密な感じになってきた! 客観的に見てみると、初対面とは思えないほど仲良しな4人組に見えることだろう。いいね、この感じ。合コン前のウォーミングアップ!

画像 みんなも恐る恐る手を伸ばして、手にタッチを始める

合コン前に女子幹事と打ち合わせておくこと!

 ひと通り盛り上がった後、男子の意見を聞いてみた。「大人が使うとあきらかにスキンシップ目的のおもちゃになるので、男子が鞄から勢いよく出すのは下心にあふれてる感が……(笑)」とのこと。かと言って、にんげんがっきを使う口実を長々と説明するのも何だか奇妙。「触りたいわけ?」と女子の冷ややかな視線を浴びそうで怖い。

 女子が「これ楽しいよ!」と突然出すのは「かなりカワイイ」のだとか。ただしカワイイ子に限る、というわけではないようで、「どんな女子でもOK」。男子にとっては「ボディタッチイベントいただきましたー!」という合図になるので、女子がにんげんがっきを持っているのは大歓迎らしい。

画像 結構しっかり触れあうので、触る場所には注意しよう

 女子主導で進めた方がいいということは分かった。ただ、このおもちゃで遊びたいと本気で願うのはむしろ男子だろう。その場合、にんげんがっきを持っている男子と女子幹事が連携するといい。前もって、にんげんがっきを預かった女子幹事が、鞄から“さも自分の持ち物であるかのように”出すことがポイント。

 今回、筆者が初めにんげんがっきを取り出したのは「ぶっ飛び系女子!」とウケが良く正解だった。「友達から変なプレゼントされた」「友達が合コンで盛り上がるか試してきてって渡してきた」などと“友達”を理由に挙げるとさらにナチュラル(友達=その場にいる男子幹事なんだけど)。説明書をあらかじめ読んで理解した女子幹事中心に進めよう。

 ただし、触ってはいけない部位もある。女子によるとNG部位は二の腕や脚とのこと。一気にセクハラおじさんっぽくなってしまう。夏にノースリーブを着た女子の二の腕を、調子にのってタッチしないように注意。せめて手と顔(女子幹事がお手本を見せた後)にとどめよう。そのほかの部位は2人の関係が進んで・か・ら♪

 タッチしたい子と距離がある場合はどうするか、という懸念もあるかもしれないが、この問題は簡単に解決する。当初から4人の合コンにしておけば、まんべんなくタッチできる。大人数の場合は、女子幹事に目で合図を送ろう。メンバーチェンジしよっか、交代しよっかなどと言ってもらうよう事前準備を。

 女子幹事との綿密なやり取り、打ち合わせが必須となる。これで女子と自然に交流できて、さらにモテるかも。筆者は3件の合コンで試してみた。合コンし過ぎなんて言わないで……。合コンで確実に盛り上がると実体験からオススメする。ぜひ1度試してみてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」