ニュース
» 2012年04月04日 12時00分 公開

自然にボディタッチができる 「にんげんがっき」は合コンの必須ガジェットだった健全な大人のおもちゃを発見!

合コンで自然に女子にタッチできて、場が盛り上がる?――ならばそんな「にんげんがっき」を、実際に合コンで試してみよう。

[池田園子,ITmedia]
画像 にんげんがっき

 これはもう立派な「大人のおもちゃ」として認定したいと思う――と言ってもエロではなく、ソフトタッチに使えちゃうおもちゃ。日本玩具協会の「日本おもちゃ大賞」で大賞を受賞した「にんげんがっき」(タカラトミーアーツ)を複数の合コンで試してみた結果、大活躍することが分かった。

 本来は子ども用(対象年齢6歳以上)のおもちゃということもあり、使い方は簡単。数人でにんげんがっきに片手で触れ、もう片方の手でお互いの手や顔など肌の露出している部分にタッチすると、色々な音が出る。おもちゃに触れる箇所は4カ所あり、2〜4人で楽しめる。

 曲が流れる「えんそうモード」、動物の鳴き声や音が流れる「へんしんモード」、ドラムの音が流れる「ドラマーモード」の3つのモードがあり、タッチの強弱に応じてビブラートがかかるなど音も変わってくる。にんげんがっきというネーミングのなんと秀逸なことか。ここまでで、どういうおもちゃかお分かりになったかしら?

開始早々、さわりっこ

画像 合コンの斬新なアイスブレークに

 大人にとってにんげんがっきは、ボディタッチを自然に発生させるツールになる。合コンでさり気なくボディタッチができると、盛り上がるのはもちろん、みんなの距離を縮められる。恋愛のきっかけにもなる。そこで筆者(25歳女)が、リアルな2対2の合コンに持ち込んでみた。

 合コン会場に到着して早々「ねー、これ見てっ」と勢いよく、鞄からにんげんがっきを取り出す。「お、何これ!」と男子2人、女子1人の反応は上々。「みんなで音を出して遊ぶんだー♪」と天真爛漫ふうに説明し、みんなに四隅を持ってもらう。動物の鳴き声などが流れるへんしんモードに設定した後、4人でスタート。

 筆者が正面の男子の手にタッチして手本を見せると、みんなも恐る恐る手を伸ばして、手にタッチを始める。向かい合った異性にもタッチ。うーん、この探り合い感に結構萌えてしまう! 観察していると男子も同じ気持ちの様子。合コン開始早々、緊張がほぐれてきた。斬新なアイスブレーク(初対面の人が打ち解け合うきっかけ)であることは確実。

 大人のタッチは次のフェーズへ。「ほっぺたとかでも大丈夫よん」と顔タッチの許可を下ろしてみる。こういうことは慌てず、徐々に進める必要がある。恋愛を進めていくのもお・な・じ・だ・よ・ね♪ 隣に座っている女友達の頬をつんと触ってから、正面または斜め前に座っている男子の頬にもつんとタッチ!

 最初にいきなり異性の頬を触らないことがポイントだ。ガッツキ感がどうしても出てしまうので注意。女子から積極的にタッチしたせいもあってか、次第に男子も女子の頬をつつくようになった。おぉ、何だか親密な感じになってきた! 客観的に見てみると、初対面とは思えないほど仲良しな4人組に見えることだろう。いいね、この感じ。合コン前のウォーミングアップ!

画像 みんなも恐る恐る手を伸ばして、手にタッチを始める

合コン前に女子幹事と打ち合わせておくこと!

 ひと通り盛り上がった後、男子の意見を聞いてみた。「大人が使うとあきらかにスキンシップ目的のおもちゃになるので、男子が鞄から勢いよく出すのは下心にあふれてる感が……(笑)」とのこと。かと言って、にんげんがっきを使う口実を長々と説明するのも何だか奇妙。「触りたいわけ?」と女子の冷ややかな視線を浴びそうで怖い。

 女子が「これ楽しいよ!」と突然出すのは「かなりカワイイ」のだとか。ただしカワイイ子に限る、というわけではないようで、「どんな女子でもOK」。男子にとっては「ボディタッチイベントいただきましたー!」という合図になるので、女子がにんげんがっきを持っているのは大歓迎らしい。

画像 結構しっかり触れあうので、触る場所には注意しよう

 女子主導で進めた方がいいということは分かった。ただ、このおもちゃで遊びたいと本気で願うのはむしろ男子だろう。その場合、にんげんがっきを持っている男子と女子幹事が連携するといい。前もって、にんげんがっきを預かった女子幹事が、鞄から“さも自分の持ち物であるかのように”出すことがポイント。

 今回、筆者が初めにんげんがっきを取り出したのは「ぶっ飛び系女子!」とウケが良く正解だった。「友達から変なプレゼントされた」「友達が合コンで盛り上がるか試してきてって渡してきた」などと“友達”を理由に挙げるとさらにナチュラル(友達=その場にいる男子幹事なんだけど)。説明書をあらかじめ読んで理解した女子幹事中心に進めよう。

 ただし、触ってはいけない部位もある。女子によるとNG部位は二の腕や脚とのこと。一気にセクハラおじさんっぽくなってしまう。夏にノースリーブを着た女子の二の腕を、調子にのってタッチしないように注意。せめて手と顔(女子幹事がお手本を見せた後)にとどめよう。そのほかの部位は2人の関係が進んで・か・ら♪

 タッチしたい子と距離がある場合はどうするか、という懸念もあるかもしれないが、この問題は簡単に解決する。当初から4人の合コンにしておけば、まんべんなくタッチできる。大人数の場合は、女子幹事に目で合図を送ろう。メンバーチェンジしよっか、交代しよっかなどと言ってもらうよう事前準備を。

 女子幹事との綿密なやり取り、打ち合わせが必須となる。これで女子と自然に交流できて、さらにモテるかも。筆者は3件の合コンで試してみた。合コンし過ぎなんて言わないで……。合コンで確実に盛り上がると実体験からオススメする。ぜひ1度試してみてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響