ニュース
» 2012年09月21日 18時14分 公開

スマートフォンの普及はゲーム人口を増やすチャンス――田中良和グリー社長講演リポートTGS2012【基調講演】

昨年に引き続き基調講演に登場したグリーの田中社長。今回は、グリー、そしてソーシャルゲームの未来についてを熱く語った。

[ITmedia]

通信環境が変化する今年、来年はコンテンツのリッチ化への過渡期となる

 「アウェー感がある」と切り出した昨年と違い、誰より注目される立場となった今年の田中良和氏にアウェー感はなかったに違いない。基調講演では「ゲームショウ会場で面白そうなゲームが沢山あるのを見て、ゲームを仕事にすることのうれしさを実感しています」という言葉から、ソーシャルゲームのすすむこれからについてを語り始めた。

 田中氏は、まずソーシャルゲームの進化が進む過程ではネットワークと携帯通信機器の進化が大きいことを挙げ、「スマートフォンやLTEの普及が進む今年、来年はソーシャルゲームの過渡期にあたり、ゲームの中身についてもより高性能なハード・ネットワークに対応したものへの進化が求められています」(田中氏)と分析する。その可能性の例として、「Monster Hunter Massive Attack」(カプコン)「METAL GEAR SOCIAL OPS」(KONAMI)を例に挙げ「コンソールのゲームと同じレベルのリッチなグラフィックを実現し、さらにソーシャル性を盛り込まれるタイトルが続々登場するでしょう」(田中氏)と紹介した。

 また、田中氏は今後ソーシャルゲームについて求められるものとして「高い物語性」を挙げ、「これまでゲームに留まっていたものをさらに拡げ、ゲームからアニメ、グッズといった展開することで、ゲーム内のキャラクタや世界観を愛していただきたいと考えています」と語った。グリーではIP戦略へのための別会社を設立、第一弾として「探検ドリランド」のアニメ放映を今秋より開始し、「釣り☆スタ」「モンプラ」などのiPhone 4/4S対応カバーを9月20日より販売することを明らかにした(現在、「GREE Shop」に商品カタログが掲載されており、Amazon/Yahoo!ショッピングより購入可能)。

スマートフォンを通じたグローバル化は、新興国を中心に多くの人にゲームを楽しんでいただけるチャンス

 さらに、現在大きなテーマとされている「グローバル化」について、田中氏はスマートフォン、そして新興国が鍵となるという。「現在、スマートフォンが爆発的に普及している新興国では、これまでゲームビジネスが進めにくかった地域もあります。スマートフォンを通じこれら新興国でもゲームが普及することで、より多くの人にゲームを楽しんでいただける時代に変わっていくと考えています」(田中氏)。その実現のため、現在グリーが展開するプラットフォーム「GREE Platform」について、プラットフォームの定義の見直しも含め、さらなる進化とサポートを続けていくことを表明した。

 また、新興国向けという視点では、開発拠点のグローバル化も同社の目標として挙げていた。現在グリーは10カ国・11地点に拠点を構えているが、開発は日本の2箇所とサンフランシスコ、ソウルで行われている。これは「短期的には日本などでコンテンツを制作した方がクオリティも高い」(田中氏)という理由によるものだが、「中長期的にはその地域ごとローカルで開発した方がよいと思われるので、いずれは開発拠点を増やしていく予定」(田中氏)という。

 最後に、田中氏は重ねて「現在は、スマートフォンを通じてより多くの人にゲームを使っていただけるチャンス」と語り、「自分たちの作ったゲームが世界中の人に使っていただける、ということのありがたみ私自身日々感じています。そのことを皆さんとも共有し、ゲームの新しい時代を切り開いていきたいと考えています」と講演を締めくくった。


世界各地に展開するグリーの各拠点を紹介したスライド
グリーが現在力を入れているジャンルが、ゲームコンテンツからアニメ、グッズなどへの展開だ
グッズ販売の第一弾として、TGS会場にもiPhone 4/4S向けのキャラクター入りケースを展示。9月20日よりオンライン販売も開始されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」