ニュース
» 2012年09月24日 20時41分 公開

板ガムみたいなシートで発電 スマホを充電できる小型の燃料電池

ロームらが開発した小型燃料電池は、小さなシート1枚でiPhoneを1回満充電できる。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

ロームは、アクアフェアリー、京都大学と共同で、小型・高出力の水素燃料電池を開発しました。

今回開発した燃料電池は、水素化カルシウムをシート状に固形化したものと水を使用し、化学反応により水素をその場で発生させて発電します。

体積3ccに満たないシートから、5Whrの電力を発生させることが可能で、スマートフォンの充電から災害用バックアップ電源まで、幅広い用途で使用できます。

このシート1枚でiPhoneが一回満充電できます。シートはだいたい3gです。このシートをラミネートシールにすれば、20年間持ちます。リチウムイオン二次電池は、長い物でも4〜5年で放電してしまうと思いますが、それだといざという時使えません。このシートは化学薬品ですので、ラミネートシールが保つ限り変化はありません。

スマートフォン向けは、カバータイプと、USB経由で給電するカードケースタイプの2種類で、それぞれ30gと23gの専用カートリッジを取り替えて使用します。

携帯型発電機として利用できる200Wの高出力タイプは、カートリッジが750g、本体が6kg程と軽量で、アウトドアレジャーや災害などの緊急用途が想定されています。エンジン式発電機のように、二酸化炭素や有害ガスを排出せずに利用できます。

さらに、この燃料電池を使った地震計用大容量電池の開発も進めています。

例えば、火山の火口に地震計を置きたいという時、当然そういう所は電源がありません。従来は、15〜20kgくらいの自動車用バッテリーを背負って持っていっていたんですが、今回開発した燃料電池は3〜4kgくらいの重量ですので、非常に良いです。しかも6カ月の長期の間ずっと発電しつづけることができます。

今後は、2013年春の製品化を目指して、市場調査を進める予定です。

BtoBのビジネスで、ハイパワーの方はいくつかの企業とすでに進めている所です。モバイル用の方は、商流をかなり考えなくてはいけません。ご理解ご協力頂けるメーカーを募って、燃料をどこで売るのか本体をどこで売るのかといった商流を協議しているところです。

Copyright(c) Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む