オジサンが「『プリティーリズム』新シリーズ番組制作発表会」に行ってみた。

「JSって、JIS規格の誤植じゃないんですか?」という場違いなオジサンが、「アニメ・ゲームとリアルがシンクロした新たなビジネスモデル」「新バージョンのゲーム機も展示」という言葉につられて、女児向け人気アニメの発表会に行ってみました。

» 2013年01月22日 11時09分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ゲームからはじまった「プリティーリズム」

 「JSって女子小学生って意味だったんですね」という衝撃さめやらぬ、自他ともに認めるオジサンの筆者ですが、幼稚園児の娘がいるおかげで、「プリティーリズム」というアニメの存在は知っていました。

 しかし、アニメがタカラトミーグループが展開しているアミューズメントゲーム機が原作だというのは知らず、てっきりアニメが人気だからゲームにもなったのだとばかり思っていました。

画像 発表会の会場は、東京、六本木のニコファーレだった。このロゴのピンクと黒が「プリティーリズム」の色として、女子小学生には認知されているらしい

画像 新アニメシリーズ「プリティーリズム・レインボーライブ」の登場キャラクターたち。4月から、テレビ東京系6局ネットとBSジャパンにて放送予定。制作は、竜の子プロダクション。前列中央が主人公の彩瀬なる、最後列がりんね

 新アニメシリーズ「プリティーリズム・レインボーライブ」の番組制作発表会という体裁をとりながら、タカラトミーグループ、テレビ東京、小学館、エイベックス・エンタテインメント、それぞれのビジネス展開の話もあって、そちらがなかなか興味深いものでした。

アニメ・ゲームとリアルがシンクロ「ライブフィット」

 「プリティーリズム」シリーズのコンセプトは「ライブフィット」というもので、これは、番組で登場するショップやイベントを現実(リアル)でも展開するというもの。今までのアニメ作品でも、様々なキャラクターグッズを発売したものはありましたが、それを一歩進めているといえるのではないでしょうか。

 具体的には、アニメに登場するショップを現実のブランドショップとしてオープンさせたり、現実のアパレルブランドの服飾をゲームに登場させたり、現実の女の子をゲームのキャラに採用してダンス&ヴォーカルユニットとしてCDデビューさせたりなど。

 もちろん、タカラトミーグループの関連玩具やガチャや食玩などのキャラクター製品の展開、「ぷっちぐみ」など小学館の雑誌によるメディア展開なども、これに加えて実施しています。筆者は、これはいわゆるWin-Win、それもまれに見る大成功例なんではないかと思った次第です。

画像 小中学生で構成される「Prizmmy☆(プリズミー)」。彼女たちが歌う、TRFの大ヒット曲のカバー「BOY MEETS GIRL」が、新シリーズのオープニングを飾る

画像 今年、デビュー20周年だという「TRF」。そのメインヴォーカルのYU-KIサン、リーダー/サウンドクリエーターのDJ KOO氏も登場。YU-KIサンは、「プリズミー」のパフォーマンスに「本当に小中学生なの?」とビックリしたそうだ

画像 DJ KOO氏が、アニメに登場する自分をモデルとしたキャラが「イケメン過ぎて直してもらってます」とコメントすると、YU-KIサンが思わず吹き出してしまうという一幕も

画像 シリーズ1作目の舞台が横浜、2作目がお台場、3作目の「プリティーリズム・レインボーライブ」が原宿ということで、原宿に新ショップのオープンが決定(画像はイメージ)。番組の実写パートの撮影にも使われる予定だ

音ゲーの中にも独自の工夫

 さて筆者が、ビジネスモデルのほかに興味津々だったのが、女児向けアミューズメントゲーム筐体という希有な存在である「プリティーリズム」です。

 開発担当者に説明してもらったところ、基本はタイミング良くボタンを押すという、いわゆる音ゲーだとのこと。ただし、低年齢向けということでボタンは2つしかなく、ほかの音ゲーに比べて簡単に楽しめるそうです。確かに、あんまり高度だとせっかくのキャラクターを見ている暇がないですし、失敗ばっかりではプレイしていて楽しいわけがありません。

 もちろん難易度を上げることも可能で、その場合は高得点が狙えるようになり、ポイントを多く貯めることができるという仕組み。ポイントが貯まれば、貯まったポイントに応じて楽しめるコンテンツが増えるなど、継続的にプレイしたくなる要素が随所にあります。

 ほかのゲーム機でカードを用いるものがありますが、「プリティーリズム」でそれにあたるのが「プリズムストーン」。「プリズムストーン」を集めることで、基本的なコーディネート(キャラの服装など)を自分独自にカスタマイズすることができます。

 この、コレクションの要素があるということもまた継続プレイに繋がる要素です。キレイなストーンを集めるだけでなく、集めたストーンで表示されるキャラクターの服装などが変わるというのは、普段かわいいものに縁がないオジサンでも、「それは楽しそうだな」と思ってしまう要素ですから、女の子たちはさぞかし楽しいことでしょう。

画像 アニメ新シリーズ放送に合わせて、4月から順次バージョンアップ、稼働されていく予定の「プリティーリズム・レインボーライブ」の開発中ソフトが入った筐体。ソフトのバージョンアップだけでなくヘッドフォン端子(ステレオミニジャック)も追加される予定だ

画像 筐体パネル中央部にセットされているハート形が「プリズムストーン」。裏側に服装などの「コーディネート」が記載されており、セットすることでゲームのキャラがその「コーディネート」になる

画像 玩具として販売される関連製品。「プリティーリズム なる&あんコーデセットぷらすデコ」(価格1580円)と「プリティーリズム アイドルデビューセット レインボーライブモデル」(価格1000円)が、4月発売予定。「プリズムライブヘッドフォンセット」(価格3129円)が5月発売予定

画像 こちらも玩具製品の「プリズムレインボーギター」(各価格5229円)。劇中、主人公の彩瀬なるが手にするのがピンクの「ラブリーモデル」。プリズムスター、りんねが手にするのが白の「スターモデル」。弦(げん)はないが、かき鳴らす動作で簡易演奏できる

 アミューズメントゲーム機で3D CGといったら、ひと昔前は「バーチャファイター」か「鉄拳」かという感じで格闘ゲームを連想させるものでした。

 それが、女児向けゲームでファッションコーディネートを再現するのに使われたりするというのは、ある意味、技術が熟成されたということなのかもしれないなあと感慨にひたる筆者をよそに、持ち帰った「プリティーリズム・レインボーライブ」の資料と、いっしょにサンプルとして入っていた「プリズムストーン」を大喜びで眺める、娘の姿がありました。

(C)T-ARTS / sys Sophia / テレビ東京 / PRR製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」