クレーンゲーム機の定番中の定番、セガの「UFOキャッチャー」売れるのには理由がある(1/3 ページ)

クレーンゲームの定番、セガの「UFOキャッチャー」命名の秘密から、その歴史、プレイヤーのみならず、店舗運営者にも支持されるその理由を聞いた。開発者直伝の正しい「UFOキャッチャー」の楽しみ方も。

» 2012年12月14日 15時54分 公開
[種子島健吉,ITmedia]

アミューズメント施設でお馴染み「UFOキャッチャー」

 あなたはその昔、クルマのリアウィンドウに人形を並べたりしなかっただろうか? あるいはそういったクルマを目にしたことはなっただろうか? 今回は、誰もが一度はその人形をゲットすべくプレイしたことがあるのではないか、というぐらい日本ではお馴染みのあのクレーンゲーム機を取り上げる。

 クレーンゲーム機といえば、アミューズメント施設やショッピングモールのゲームコーナーでお馴染みだが、もしかしたらクレーンゲーム機という呼び方よりも、「UFOキャッチャー」という製品名のほうが馴染みがあるかもしれない。それほどに名前が浸透している「UFOキャッチャー」だが、開発当初の名称は「UFOキャッチャー」ではなかったのだという。

 また「ニューUFOキャッチャー」は、クレーンゲーム=UFOキャッチャーというイメージを定着させたベストセラー機で、BGMや効果音に初代「ソニックザヘッジホッグ」のものが使用されていた。そのため、このサウンドを聴くとクレーンゲームを連想するプレイヤーも多いかもしれない。

画像 ロングセラー製品「UFOキャッチャー」シリーズの中でも、1991年にリリースされた4代目「ニューUFOキャッチャー」は、出荷台数が数千台でヒットとされる業務用ハードで、出荷台数1万5000台を超える大ヒット製品だ。初代に比べて、さらに景品が見やすくなっている

画像 「UFOキャッチャー」をはじめとした大型筐体の製品企画を担当している、プロダクト研究開発部 企画デザインセクション 深澤光晴(ふかざわ みつはる)氏(右)と筐体デザイン設計を担当している、同社 プロダクト研究開発部 機構設計セクション 高杉耕起(たかすぎ こうき)氏(左)にお話をうかがった

開発当初は、イーグルキャッチャー?

 「あまり古い話になると、先輩から聞いた話になりますが……」と、ことわりながらセガで「UFOキャッチャー」シリーズの製品企画を担当する深澤氏が語ってくれたところによると、「UFOキャッチャー」以前のクレーンゲームは、アームのツメが3つで筐体も低く、上からのぞきこんでプレイするものが多かったそうだ。

 今でも、ラムネやキャンディなど、おかしをすくい取る小型の筐体があるが、「UFOキャッチャー」以前のクレーンゲームもそういったタイプだったのだ。そこでセガは、もっとプレイヤーに楽しさをアピールでき、プライズが遠くからでも見えるものを目指して新形態のクレーンゲーム開発が始まったのだが、当初の名称はイーグルキャッチャーだった。

 「なぜイーグルかというと、『鷲づかみ』からですね(笑)」と、とにかく深澤氏は分かりやすいネーミングだったと笑う。「でも、実際の筐体のクレーンは、どこから見ても鷲というより、UFOみたいだったんです」と、「UFOキャッチャー」シリーズの筐体設計を担当する高杉氏が、正式名称決定の経緯を教えてくれた。

画像 1985年にリリースされた記念すべき第一号、初代「UFOキャッチャー」。それまでのクレーンゲーム機に比べて筐体に高さがあり、積み上げたプライズが遠くから良く見える

画像 実は日本では2本ツメのクレーンゲームが主流だが、海外のクレーンゲームは3本ツメがほとんど。2本のツメにすることでつかむ際のバランスが重要となってゲーム性が高度になり、つかんだプライズが良く見えるという利点もある(画像は「UFOキャッチャー8セカンド」のツメ)

 初代「UFOキャッチャー」が、クレーンゲーム機の楽しさをアピールするだけでなく、アミューズメント施設全体の雰囲気を楽しく演出できる装置としても評価され、以降、ショーケースのようにプライズを高い位置に配置できるクレーンゲーム機がスタンダードなものになっていく。

UFOキャッチャー7

画像 2001年にリリースされた、7代目の「UFOキャッチャー」。それまでのピンク系が目立つカラーリングから、白を基調としたものに変更し、筐体ではなく中のプライズが主役なのだということを際立たせるために、内部の照明も明るくした。3つめのボタンが搭載され、「高さ調整ボタン」などとして設定できるようにもなった

UFOキャッチャー8

画像 2008年にリリースされた8代目「UFOキャッチャー」。従来よりクレーンの位置が高くなったことで、よりレイアウトの自由度が増している


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評