ニュース
» 2012年12月14日 15時54分 公開

クレーンゲーム機の定番中の定番、セガの「UFOキャッチャー」売れるのには理由がある(2/3 ページ)

[種子島健吉,ITmedia]

ほかのゲーム機との明らかな違い

 アミューズメント施設にあるゲームの機械を筐体と呼ぶが、その中でも景品が獲得できるゲーム機をプライズ機と呼ぶ。つまり、プライズ機とは画面内の電子的なキャラクターを操作したりするものではなく、実際にメカを操作して楽しむゲームのことを意味する。

 「プライズ機は、他のゲーム機と比べると長く使用されます。その間、プライズ(景品)や運営方法のトレンドが変わっていくので先を予想するのが難しいんです」と、深澤氏は「UFOキャッチャー」開発時の製品企画の難しさを指摘する。

 また運用方法でも、ほかのゲーム機と明らかに違う部分があるという。例えば、格闘ゲームなら格闘ゲーム、レーシングゲームならレーシングゲームが店舗に導入する前に完成していて、設置した後はポップなどを配置したり、難易度の調整をするぐらいしかオペレーター(アミューズメント施設運営者)サイドですることはない。

 「『UFOキャッチャー』は店舗に搬入された時点では何も中に入っておらず、棚の作り方やプライズの置き方など、ゲーム機を開発した我々だけでなく、オペレーターさんとの共同作業ではじめてプレイしてもらえる状態になるんです」と高杉氏は、ほかのゲームとはまた違った醍醐味が「UFOキャッチャー」にはあると説明する。

 設置して電源さえ入れればすぐ稼働できるほかのゲーム機よりも、運用の手間はかかる。しかし、手間はかかるが、そこがオペレーターの腕の見せどころでもあり、手間をかけた分だけプレイヤーの注目度も上がって、楽しんでもらえるようになる。手のかけがいのあるマシンが「UFOキャッチャー」なのだ。

土地柄、運用方法は足で確認

 日本全国、セガ直営店のみならず多数のアミューズメント施設、あるいはショッピングモールのゲームコーナーやデパートの屋上などなど、「UFOキャッチャー」の設置されている場所は数限りない。開発者としては、実際の使われ方をぜひ確認しておきたいところだが、ではいったいどうするのか? ズバリ、足で稼ぐというのが正解。「UFOキャッチャー」を求めて、飲み屋ならぬアミューズメント施設のハシゴである。

 「設置場所によって、まったく違った運用のされ方をしているので、出張に行くとなるだけ多くの場所を見に行くことにしています。とにかく足で稼ぐしかないので、気が付くと深夜ということもざらです。それでも、まだそこから『よしもう1軒行くぞ!』という感じですね」と深澤氏は、高杉氏と出張する際の定番エピソードを語ってくれた。

 それだけ数を見ると、やはり開発者でも驚くことがあるそうだ。今までで一番インパクトがあったのは「UFOキャッチャー」に小型の自転車が丸ごと入っていたのを見たとき。もちろん、自転車がそのままクレーンで持ち上がるはずもないのだが、「これはいったいどうやって取るのだろう?」と、一瞬開発者も悩んでしまったそうだ。

 また「UFOキャッチャー7」では、店舗側でデザインの装飾がしやすいようにビルボードが取り外せるように設計されており、出荷時は取り外された状態になっている。しかし、この出荷時状態のままで運営しているまさかの店舗が大阪にあったそうだ。現地で実際にそれを見た高杉氏は、「どうやら『剥き出しのライト類がまぶしいほどの明るさ』というところに目を付けたようでした。確かに遠くからでも良く目立ったのですが……」と、大阪人の想像を絶する運用方法に感心しつつ、絶句したそうだ。

失敗に真摯に向き合う

 運用方法があまたあり、オペレーターサイドが関与する部分も大きい、クレーンなど可動する部分も多い……これだけの要素があれば、やはり開発者の想定外の事態にならないほうがおかしい。売れている製品であり、出荷台数が多ければなおさらだろう。その点はどうかと尋ねるとやはりそれは「いろいろ起こる」そうだ。以下に例をあげてもらった。

 「UFOキャッチャー7」で電源を入れるたびにエラーが出るといわれて、そんなはずはないのだがと見に行ったところ、「ここまではいくらなんでも積まないだろう」というところにまでプライズが積まれていて、起動チェックの際にセンサーに引っかかってエラーになっていた。次の機種からはセンサーの位置を変えて、どこに積んでもエラーにならないように対応した。

「UFOキャッチャー8」を開発したとき、オペレーターさんに「遅いよ!」といわれてしまった。メカの動きは、前の機種と同じスピードだったのだが、可動範囲(特に高さ方向)が広がったために、次のプレイができるまでの時間が長くなって、結果として「遅い」と感じてしまうという理由だった。そのことから、次の機種ではスピードをアップした。

 アーム先端のツメの材質を金属製のものから樹脂製のものに変更したところ、なぜか旧機種の金属ツメを新型に付けて運用している施設がけっこうあった。実は、金属のツメを曲げることで微妙な調節をしていたのに樹脂製だとそれができなくなってしまったからだった。これはコストを下げるために樹脂製にしたわけではなく、運用する際にメンテナンスしやすいようにという工夫だったのだが、裏目に出てしまった。これだけ運用方法が多様化してくると、ロケテストなどでは思いもよらない事態になることもある。その後の機種は、金属製に戻した。

 ということで、やはり企画、設計段階、あるいはロケテストですべての状況を予想することは不可能。失敗は失敗として、可能であれば現場を確認しに行き、できるだけ迅速にベストな対応をするという真摯な姿勢こそが、安心して導入され続ける「UFOキャッチャー」シリーズの土台を築いてきたといえるのではないだろうか。

取れるマシンを作っています!

 ここまではメーカー、オペレーターからの視点の話が多かったのだが、ちょっとここでプレイヤーの立場から質問してみた。「ちゃんと、取れるように作っているんですか?」あるいは、「もしかしたら、取れないように作っているんじゃないですか?」ということである。

 それに対して、深澤氏は「取れなかったら、誰もプレイしてくれなくなってしまいますから(笑)」と前置きしながら、「セガとしては、ちゃんとプライズを取ることができるようなマシンを作っています。もちろん、アミューズメント施設としては商売なので、儲からないと困りますが、基本的には『取れるかどうかのドキドキ感を楽しんでプレイしてもらえるように』ということを一番に考えて製品企画しています」とのお答え。

 1回100円で取れてしまうとアミューズメント施設の赤字になり、商売が成り立たなくなってしまう。しかし、あまりに取れないと今度はプレイヤーがリピートしてくれなくなってしまうので、そのバランスが難しいところなのだ。深澤氏は、その両方の気持ちが分かる筐体メーカー(セガには、アミューズメント施設運営者という側面もあるが)からできるアドバイスとして、「お店では買えないアミューズメント施設限定のプライズが取れるかどうか、というところを楽しんでもらえれば……。どうしても何か持ち帰りたいときには、小さめの景品やお菓子を狙うのがおすすめです。取りやすい設定になっていることが多いようです」と、楽しむ秘訣を教えてくれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」