ニュース
» 2012年12月14日 15時54分 公開

クレーンゲーム機の定番中の定番、セガの「UFOキャッチャー」売れるのには理由がある(3/3 ページ)

[種子島健吉,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

正しい「UFOキャッチャー」の楽しみ方

 さて、深澤氏から「UFOキャッチャー」をプレイするうえのアドバイスがあったところで、メーカーがおすすめする「正しい『UFOキャッチャー』の楽しみ方」を聞いてみた。

 「どうしても取りたいものがあったり、配置を見ていったいどうやって取れば良いのかさっぱり分からないときは、店員さんに聞くのが正しい楽しみ方です」と高杉氏。筐体の設計に携わり、誰よりも「UFOキャッチャー」のハードに精通している氏が、アミューズメント施設で「これ、どうやって取るんですか?」と聞いている様子を想像するとなんだか微笑ましくなってくるが、専門家が聞くぐらいなのだから、素人がいくら聞いたって恥ずかしくないのだ。

 それだけでなく、アミューズメント施設の店員さんも、プライズゲームコーナーを楽しんで作っていることが多いので、聞かれると嬉しい場合が多いし、親切に対応してもらえることが多いのだそうだ。ほかのゲーム機は、ゲーム機そのものを楽しむものだが、「UFOキャッチャー」はそういったコミュニケーションを含めて楽しむものであり、施設としてもサービス精神旺盛な担当者を配置する傾向がある。女性だと店員さんに声を掛けにくいかもしれないが、勇気を出して話しかけてみると、親切にしてもらえることが多いものだ。店員さんと仲良くなることができれば、より良いアドバイスがもらえるなど「UFOキャッチャー」をさらに楽しむことができる。

画像 大きいプライズはつかんで取るというより、動くポイントを見つけて引っかけて動かして取る。1度で取ろうとすると失敗するので、複数回でずらしていく。ときには、失敗だと思ったらうまい具合に引っかかって取れてしまうこともある。ビデオゲームにはない、偶然の要素があるのが「UFOキャッチャー」の魅力でもある

画像 ボタンが3つの筐体もある。最近の「UFOキャッチャー」には、3つ目のボタンが付属しており増設が可能なためだ。3つ目のボタンでは、クレーンが降下中に高さを途中で止める設定にすることができる。例えば、箱入りのプライズで途中に穴が開いていて、そこにツメを引っかけて取ることができるようになっているものがある。店舗では、棚の形状やボタンの数など、必ず何か理由があってそうしているので、それがどういう意味なのか考えながらプレイするのがポイントだ

もっとも大切にしていること

 「UFOキャッチャー」を開発するうえで、大切にしていることを聞いたところ、まず、「UFOキャッチャー」はメンテナンスが楽で故障が少なく、頑丈で長く使うことができる機械として自信を持って出荷している。それを理解してもらえているからこそ、アミューズメント施設に安心感を持って導入してもらえていると分析しているとのこと。そのため、「まだ動いているのか!?」と思ってしまうような古い機械が稼働しているのを見ると開発者としてはうれしい気持ちと、そろそろ新機種に買い換えてもらえないものかと思う気持ちと半々の複雑な心境になるそうだ。

 社としては、筐体の販売、プライズの販売というビジネスモデルになり、プライズをセガ系列から仕入れてもらっていればそれで売上は確保されるのだが、やはりゲームの開発者からすると新しいマシンも試してほしいと思ってしまうのだ。

 開発においては、同じもの同じことの繰り返しだと、新鮮さ、驚きというものがなくなってしまうので、一見同じように見えるかもしれない「UFOキャッチャー」だが、新機種開発では新しいことに挑戦する姿勢は忘れないようにしている。それらをふまえたうえで、アミューズメント施設運営サイドがどんな運用をしたいと思っているのか、絶えず考えることを大切にして開発している。

 しかし、2、3年後はどうなっているか予想不可能な部分がある。開発する側からすると新たな機能を盛り込み挑戦してみたい気持ちはあるが、あまりにやり過ぎてしまうと「こんなの『UFOキャッチャー』じゃない!」といわれてしまうジレンマもあるのだ。やりすぎた例としては「UFOキャッチャー エクセレント」で、ユニークで親近感がわくだろうと、プレイしていない時間が検知されると、「ぐ〜」と寝てしまう機能を持たせたりもしたそうだ。その後の機種にこの機能は引き継がれていないので、いわゆる「ウケ」が良い機能ではなかったということになるだろう。

 売れている、広く認知されている製品ならではの悩みといえるがこのあたりで、「新しいことを!」という気持ちは常に持ちつつも、プレイヤーの皆さん、オペレーターさんの皆さんの信頼を裏切らないようにということも重要なのだ。

良きライバルの存在

 ジャンルを問わず、売れている製品、活性化しているジャンルに共通してるのは良きライバルの存在だ。もちろん、クレーンゲーム機を開発しているメーカーはセガだけではない。実は、クレーン上部に筒状のパーツを付けるという特許を、2001年までセガが持っていた。その筒があることで、2本ツメでもクーレンが降りたとき垂直のままで倒れることがないという重要なパーツだった。

 特許が切れたときどうなったのかというと、数々のメーカーがクレーンゲーム機開発に参入する事態となった。しかし、1台目を開発したものの後継機種が続かず、といったところが多かった。そのため現在では、数社だけがクレーンゲーム機を開発しており、ライバル関係にあるという。

 「UFOキャッチャー」は「UFOキャッチャー」として求められているものがあるので、前述の通りあまり新製品で冒険できないところはある。それを割り引いても、ライバルが筐体内のレイアウトをより自由にできる大胆なアプローチをしてきた際には、「UFOキャッチャー」開発陣にとってもとても良い刺激になったのだそうだ。

久しぶりに「UFOキャッチャー」はいかが?

 最後に、「最近はあんまり『UFOキャッチャー』してないなあ」「実は一度もやったことないんだよね」という読者諸兄姉にメッセージをお願いした。

深澤氏 「プライズが取れたときのテンションが上がる感じは、ほかの対戦ゲームで勝利したときなどとはまた違った感覚、達成感があって、大人でも思わず『やった!』と声を出してしまうことがあるぐらいです。ゲームをプレイして『何かを持ち帰ることができる』というのもプライズならではの楽しみですので、ぜひ遊びに行ってみてください」

高杉氏 「おもちゃ屋さんとも通常のゲームコーナーとも違うプライズコーナーにしかない商品(景品)もあるので見るだけでも楽しめると思います。店舗ごとに本当に工夫してプライズコーナーを作り上げていますから、その違いを観察してみるのもおもしろいですよ」

(C)セガ
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」