ニュース
» 2011年10月12日 14時27分 公開

創業者の想いを受け継ぐ、パナソニック サイクルテックの電動アシスト自転車「ビビ」売れるのには理由がある(1/2 ページ)

パナソニック創業者である松下幸之助氏の商売の原点、自転車。氏が目指した「電気屋らしい自転車づくり」の集大成的存在である電動アシスト自転車は、今も創業の地、大阪で生産されていた。

[種子島健吉,ITmedia]

パナソニックと自転車の切っても切れない深い関係

 市場が飽和し売り上げが伸び悩む製品が少なくない中、今後の市場拡大が見込める製品として電動アシスト自転車は順調に売り上げを伸ばしている。

 パナソニックのグループ企業であり、パナソニックブランド自転車の製造・販売を担うパナソニック サイクルテックでも、電動アシスト自転車のここ数年の販売台数は年10%程度の伸びを示している。

 その電動アシスト自転車の出荷台数をメーカーが調査したところ、2010年に国内で販売された約40%がパナソニックのものだった。

 家電メーカーの自転車というと、「ビエラやディーガのついでに作っているのでは?」という疑念を抱く読者諸兄姉もおられるかもしれない。それについて、パナソニック サイクルテック 企画グループ 営業企画チーム チームリーダーの三宅徹(みやけ とおる)氏は、「パナソニック創業者は、9歳から自転車販売店の丁稚奉公で商売の基本を学び、自転車という製品には格別の愛情がありました。1952年の自転車製造販売開始にも、並々ならぬ覚悟とこだわりを持って挑んだのです」と、2012年で60周年を迎える自転車事業との深い関わり合いと歴史を説明してくれた。

画像 三宅氏の後方は、取材地だった「パナソニックセンター東京」のピアッツァ(前広場)に設置されている電動アシスト自転車のショウケース。三宅氏は、経営陣から「ぜひここに電動アシスト自転車置くように」という指示があったと、現在の経営陣が創業者の自転車への想いを継承しているエピソードを披露してくれた

電動アシスト自転車のルーツ

 電動アシスト自転車の歴史は、ヤマハのパスが1993年に地域限定発売されたところから始まった(全国発売は1994年)。パナソニックが電動アシスト自転車を発売したのは、それに遅れること3年の1996年だ。

 しかし、パナソニックも1979年に電動アシスト自転車のルーツともいうべき、電気自転車「Electric Cycle」を製造している。

 これについては時代を先取りし過ぎた感があり、当時は「電動アシスト」という概念もなく、試行販売はされたが市場の形成までには至らなかった。

 だが、そこで電気自転車の命脈が尽きることはなかった。

 モーターや電池などの電動アシスト自転車の構成部品が、家電メーカーであるパナソニックが得意とするものであったこと、創業者が「電気屋らしい自転車づくり」を目標に掲げていたことなどがあり、1996年発売の電動アシスト自転車開発に繋がっていくこととなる。

画像 パナソニックの電動アシスト自転車のルーツ、電気自転車「Electric Cycle」。電動アシスト自転車ではなくいわゆる原付扱い。運転免許やヘルメットの着用、自賠責保険の加入が必要だったこともあり、普及には至らなかったが電気自転車は国内初の試みだった

国内自社工場、一貫生産の徹底

 現在、どんな分野の製品でも、外国、特に中国で製造されているものが多いのは周知の事実だろう。しかし、パナソニックの電動アシスト自転車はすべて大阪で生産されている。

 パナソニックが約40種もの多彩な電動アシスト自転車を提供することができるのは、すべての工程が自社内で完結していて、委託先と打ち合わせる必要がなくきめ細やかな展開が可能なためだ。

 フレームなど車体だけでなく、モーターユニットも総合的に自社でまかなっている。これは自転車メーカーと家電メーカーの2つの側面を持つ、パナソニックならではだ。

画像 三宅氏が「おそらく今、国内でいちばん売れている電動アシスト自転車でしょう」と紹介する「リチウムビビ・DX」。この製品も含めて、すべてのパナソニックの電動アシスト自転車は国内で生産されている

幼児2人同乗自転車発売まで、2年間!?

 話題になったので覚えておられる読者諸兄姉もいるかもしれないが、2009年の道路交通法の改正により、強度など一定の基準を満たした自転車であれば、16歳以上が運転する場合に限って幼児2人を同時に乗せることができるようになった。

 そこで同年、ブリヂストン「アンジェリーノ」(自転車、電動アシスト自転車)、ヤマハ発動機「パス リトルモア」(電動アシスト自転車のみ)、丸石サイクル「ふらっか〜ず」(自転車のみ)の幼児2人同乗自転車が発売されている。

 だが、パナソニックの幼児2人同乗自転車(電動アシストサイクルのみ)は、今年(2011年)になって発売されたのだという。なぜなのか?

 それは「パナソニックの安全基準が桁違いに厳しいため」だと三宅氏。JISなど、日本の自転車に関する基準が厳しくないということはないだろう。しかし、パナソニックの基準はさらに厳しいと言う。

 例えば、JISの定める基準で100回するテストがあれば、パナソニック サイクルテックではその10倍の1000回行う。製品をある高さから落下させる衝撃テストがあれば、その2倍の高さから落とす、といったあんばいだ。

 それだけではない。新車種が開発された際などに行われるパナソニックグループ本社のテストは、パナソニック サイクルテックのテストよりもさらに厳しく、テスト項目も安全に関わる強度や耐久性に関する部分は当然のこと、使い勝手の部分にまで及ぶのだという。

 つまり、幼児2人同乗自転車を発売しようかどうか様子見をしていたということではなく、パナソニック基準で徹底的にテストを繰り返し、安全性を追求するためには2年間が必要だったということだ。

 そういった安全にこだわり抜く姿勢を最終的に支えているのが、国内一貫生産のシステムだともいえるだろう。

 ほかにも、パナソニックの安全に対する姿勢を示す事例として、バッテリーの材料に少し発火性は高いが性能が良くなるものと、発火性は低いが少々性能は劣るものがあった場合、迷わず安全性が高い材料が選ばれる。電動アシストのパワーを制御するコンピュータプログラムの味付けを「出足が弱い」印象になっても、高齢者にも安心して乗ってもらえるようなマイルドな乗り味にしているなどがある。

画像 「後チャイルドシート」を付けることで幼児2人同乗に対応する「ギュット・ミニ」。スタンドは発売直前まで試行錯誤した自信作で、テコの原理で軽く踏むだけで立てることができる。「着せ替えシートカバー」は取り外して洗濯が可能

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」