商品がマネされるぐらいでないと――タニタの活動量計「カロリズム」売れるのには理由がある(1/2 ページ)

「口から入るカロリーのことをすごく気にするのに、消費したカロリーを気にしないのはおかしいのでは?」 そんな疑問から新カテゴリー製品、活動量計「カロリズム」が誕生した。

» 2011年09月22日 08時42分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ダイエットをポジティブに支援する、新定番製品

 体組成計「インナースキャン50」シリーズが好評のタニタだが、2009年に発売した活動量計「カロリズム(AM-120)」も年間目標販売数3万台を予定していたところを3カ月で達成し、2011年5月に「カロリズム」シリーズ全体の累計出荷台数が16万台を突破するなどメーカー想定以上の売れ行きで、新たな定番製品となっている。

 とはいえ活動量計「カロリズム」という製品は、体重計や体脂肪計に比べるとまだまだどんな製品か認知されているとはいえない。分かりやすくいうと消費カロリーを測定する製品となるが、具体的にはどのように使用するものなのだろうか。

 まず初期設定で、生年月日や性別、身長、体重、体脂肪率などを入力することで、座って安静にした状態で1日過ごした際の消費カロリーである安静時代謝量を確認する。

 設定されたカロリズムを胸のあたりに固定すると、iPhoneやWiiのコントローラにも使われている加速度センサーによって、その人の「行動」を判別し、行動に即して費したカロリーを記録していく。

 安静時代謝量に、行動によって生じた消費カロリーを加えることで、1日の総消費カロリーが把握できるという仕組みだ。

 今までのダイエットがとかく、「食べるのを我慢しなくてはダメ」というネガティブなイメージだったものを、「ここまでならば食べてもOK!」であるとか、食べても「これだけ運動すればOK!」というように明確な数値を見てポジティブに取り組める製品であることが、いちばんユーザーに支持されているところだと、ヘルスケア事業部 商品・販売企画課 加藤純(かとうじゅん)氏は分析している。

画像 「カロリズム DIET」(カラーはマゼンダ)と加藤氏。タニタ製品は、計測した数値を他の何かと比べて正確さを調べることができない、その製品を信用するしかないというものが多い。それだけに氏も精度に対しては非常に厳しいが、開発チームはさらに厳しく、「もうこれでいいでしょう?」といっても、このレベルでは「我々は保証できない」といわれてしまうそうだ

綿密な基礎研究が土台の根拠ある製品開発

 実際、筆者も「カロリズム DIET」を10日間程度試用したのだが、胸に固定しておく以外に特にいつもの日常生活と変わらないので、何かに「取り組む」というより、「気楽に楽しめる」製品だった。

 しかし、気軽に楽しめる製品だといっても、そこは生粋の「はかり」メーカーを自認し、製品の計測精度には並々ならぬこだわりを持っているタニタのこと、開発には4年の歳月をかけている。

 まず基礎研究として、口にマスクを着け消費される酸素量から消費カロリーを調べる装置で、家事やデスクワークなどの行動と消費カロリーの関連性を調査した。次に相関関係を認めたデータでヒューマンカロリーメーターを使用し、筑波大学と共同でより高精度な調査をした。

 ヒューマンカロリーメーターという語感からは実験器具のようなイメージを受けるが、実は被験者が中に入って1日過ごす、日本に5台しかない大がかりな実験室だ。その部屋は、空気の出入口が1つになっており消費された酸素量が分かるようになっている。

 被験者はヒューマンカロリーメーターの中で、食事や家事、デスクワークやトレッドミルによる歩行運動など、一般的な日常生活を24時間再現する。

 日常生活を行うだけとはいえ、睡眠時間も含め各行動を予定時間に合わせることが求められるので、被験者が楽をできる実験ではないということだが、その綿密なデータが体組成計開発などで蓄積された豊富なデータとともに高精度なカロリズムの計測に貢献している。

 活動量計という製品に明確な定義付がないため、製品によっては年齢に応じた基礎代謝量と歩数のみから総消費カロリーを導き出しているだけのものも存在するという。

 はかりメーカーからしてみれば「それでは、ちゃんと測ったことにならないではないか」と思わないでもないというが、購入前に活動量計という製品がどんなものなのかちゃんと情報収集するユーザーには、カロリズムが選ばれているという。

画像画像画像 ストラップで首からぶら下げたり、胸ポケットに入れるほかに、マグネットで固定することもできる。筆者は室内にいることが多かったので、Tシャツにマグネットで固定していた(肌に直接触れるので金属アレルギーの場合は非推奨)。マグネットは強力で一度も外れることはなかった。しかし、布団を干したり子供を抱いたりと、直接何かが製品に触れてしまう動作では落下してしまうかもしれないので注意が必要だ

画像

 初期設定で活動レベル“Level 1”(事務など座っての生活中心の方)を選択したおかげか、1日ほぼ座りっぱなしで原稿を書いていた日でも、屋内を移動した動きが見られる。何も表れない一直線のグラフになるかと思っていたのでうれしくもあり、運動しなければなとも思える。グラフの強弱は、開発段階で加藤氏が6個のカロリズムを一度に着けるなどして日常生活テストを繰り返し、絶妙なさじ加減に調整してある。


画像

 昼には買い物に、夜には外食に行った日。数日前のことだったので外食のことはすっかり忘れていたが、グラフにちゃんと反映されていてた。自分の生活、行動を思い出すことができるという効果もあった。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news023.jpg 帰省が終わった18歳兄、1歳妹にお別れを言うと…… 妹のけなげな姿に「こっちまで寂しくなります」「また会えるよ」
  2. /nl/articles/2406/19/news029.jpg こんなの売ってるのか! 官公庁オークションで2万円で出品された“まさかの商品”に思わず二度見
  3. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
  4. /nl/articles/2406/19/news027.jpg 産後、夫と貴重な“焼肉デート”に向かう車内でケンカ→ションボリしつつ網を見ると…… 笑って泣ける光景に「素敵」「こんなのずるいw」
  5. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  6. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  7. /nl/articles/2406/19/news018.jpg 小1次男の初登校日、4年長男から“秘伝の技”を指導され…… 受け継がれていく伝統に「今日も笑いをありがとうw」「お兄ちゃんかっけー」
  8. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  9. /nl/articles/2406/19/news060.jpg 「お前……そんな潜り方だったんか」 マテガイの想定外の動きに驚き「そう来るのか」「少しこわい」
  10. /nl/articles/2406/19/news140.jpg 余命宣告から2カ月……「BreakingDown」メインレフェリー、末期がんで逝去に朝倉海ら心痛 最期まで闘病の姿に「奇跡信じていました」「遺された家族の心を救った」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」