排泄予知ウェアラブル「D Free」 超音波で腸内を分析、子育てや介護を支援妄想ウェアラブルの午後

“排泄予知ウェアラブル”として先日発表され、Web上で話題を呼んだ「D Free」。“Wi-Fiルーター”にも見えるスタイリッシュなデザインが特徴だが、その正体とは――。

» 2015年03月12日 06時00分 公開
[濱口翔太郎ITmedia]
排便予知ウェアラブル「D Free」

連載:「妄想ウェアラブルの午後」とは

近年急速に普及し始めたウェアラブルデバイス。腕時計型やメガネ型などさまざまな種類が登場してきているが、それらが「人々の生活をどう変えるか」についてはまだまだ議論の余地が残されている。本連載では、製品のスペックや機能比較にとらわれず、ウェアラブルの正しい(?)未来を「妄想」することに全力を注ぐ。


 D Freeは、ベンチャー企業「トリプル・ダブリュー・ジャパン」が専門家の協力を得て開発中のウェアラブルデバイスだ。特徴は、腹部に装着すると超音波で腸内の動きを分析し、「あと10分です」といったように排便までの時間をスマホ経由で知らせてくれること。

 “D Free”とは、“Diaper Free”、すなわち“おむつからの解放”を意味しているという。5月を目途にクラウドファンディングサイトで予約を開始し、出荷は12月を予定している。現在はFacebookページ(こちら)などで製品に関する情報発信や意見交換などの交流を行っている。

 今後D Freeが実用化されれば、病院や介護施設はもちろんのこと、一般家庭でも便利に使えるだろう。予期しないタイミングでの排泄リスクを避けられることで、恩恵を受ける人の数は計り知れない。将来的に赤ちゃんやペットなど、言葉での意思疎通が難しい相手にも対応することができれば、用途はさらに広がると考えられる。

動画が取得できませんでした
D Free
スマホで排泄までの残り時間を確認

 本記事ではさらに一歩進んで、D Freeが社会に広く普及した近未来を妄想してみよう。

「トイレ休憩」を巡る情報戦

 D Freeを着ければ、デート中も安心だ。万が一のときも、D Freeがトイレに行くべき時間を知らせてくれる。余計な心配をせず、おいしい料理を食べてゆっくりと会話を楽しむことで、恋人との仲が深まるかもしれない。

 ビジネスの世界ではどうだろうか。「これから大事なプレゼンがあるのに、急におなかが……」そんなリスクを回避できるのはやはり心強い。一方で、「集中力が落ちてきたから、トイレでしばらくリフレッシュしてこよう」という、現在では当然のように行われていることが、もしかするとやりづらくなってしまうかもしれない。

 ランチをともにした上司のスマホには、あなたが食べたメニューの消化時間が表示されているのだ。そして、「待ちたまえ。君のトイレット・ブレークはまだのはずだが?」とチクっと指摘され、席に戻される――なんてことにもなりかねない。仕方ないのでこちらも上司のトイレタイムをチェックし、彼が席を外している最中に別の場所で休憩する、といった高度な情報戦が繰り広げられるのである。

トイレ待ちの“長い行列”も心配なし?

 ライブイベントやスポーツ観戦の会場はどう変わるだろう。現在では、休憩時間中はトイレ前に長蛇の列ができるのが一般的。一度並ぶとなかなか順番が回ってこないため、苦い経験をもつ方も多いだろう。もし、並んでいるときに我慢の限界に達したら――。そんなときは時間の進み方が通常の10倍くらいの長さに感じられるものだ。

 近未来では、その心配はなさそうだ。トイレに並んでいる人は、専用のバンドを使ってスマホを腕に装着し、自らの“残り時間”を周りに公開する。もし、自分よりも余裕がない人が後ろに並んだときには、そっと順番を代わってあげよう。もし我慢の限界が近づけば、ボタンひとつで係員が飛んでくる。そして「あと30秒、緊急事態です! 道を空けてください!」と、列の一番前まで誘導してくれるのだ。

 こうすれば、自然と譲り合いの精神が生まれる。たまに見かける“順番抜かし”によるトラブルも少なくなるだろう。D Freeのおかげで、世界から争いごとが減っていく――今日もどこかの家庭で、どこかのオフィスで、どこかのイベントホールで起こっているはずの小さな、しかし当人たちにとってはこの上なく重大な争いごとが。

恥じらいと引き換えに得るもの

 最近続々と発売され、ブームになりつつあるウェアラブルデバイスは、“自らを高める”ことを目的とするものがほとんどだ。スポーツ時に身に着け、心拍数を測る。もしくは、消費カロリーを測る。こういった機能は、理想的な体型を手に入れるためや、運動能力を向上させるために存在する。日常的にスポーツをしない人々は、今のところこれらのデバイスを手に取る理由を見つけづらいかもしれない。

 その一方で、D Freeは肩肘張らず、気楽に身に着けることができる。普段は恥ずかしくて口に出せない話もちょっとオープンになり、ときとしてクスッと笑える。おまけに譲り合いの精神が定着し、争いも減るときている。このデバイスが定着した未来はきっと、穏やかな幸せに包まれているだろう。

 だが、“何かを得るためには、何かを失わねばならない”のは世の常だ。未来の人々は幸せを手に入れる代わりに、ほんの少しの恥じらいを捨てる必要があるのかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」