コラム
» 2015年04月18日 06時00分 公開

「Apple Watchでカンニング」をどう防ぐか

いよいよ普及し始めたウェアラブルデバイス。入学試験の場などでは、迅速な環境整備が求められているが……。

[杉本吏,ITmedia]

 近年急速に盛り上がりを見せている、身に付けて使えるデジタル製品群「ウェアラブルデバイス」。その決定版とも目されているのが、iPhoneと連携させて使うスマートウオッチ「Apple Watch」だ。先週の予約開始直後から、多くのモデルが6月まで手に入らなくなっているなど、新しもの好きからは好意的な注目を持って受け入れられているようだ。

「Apple Watchでカンニング」をどう防ぐか

 こうした新しいジャンルを切り開いていくプロダクトは、人々の生活を劇的に良い方向に変えていってくれる期待を感じさせる一方で、世の中の既存の枠組みに収まりきらずにトラブルを招くこともある。例えば、街ゆく人々の姿や住宅を許可なく撮影したことでプライバシーを巡る論争を巻き起こした「Googleストリートビュー」がそうだった。

 そして今、Apple Watchをはじめとするウェアラブルデバイスも、やはりこの問題に直面しつつある。想定されるトラブルはさまざまに存在するが、環境の整備を急がねばならないのは、入学試験や資格試験会場などへの持ち込み――いわゆるカンニング問題だろう。

 2011年、京都大学や同志社大学などの入試中に、インターネットの掲示板に試験問題を投稿して解答を聞きだす行為が発覚するという事件が起こり、世間を大きく賑わした。以来、試験会場などではスマートフォンの電源オフを徹底する措置が取られていると聞くが、スマホよりもさらにサイズが小さく、モデルによっては通常の腕時計とほぼ変わらないデザインを採用しているものもあるスマートウオッチでは、こうしたチェックはさらに難しくなっていくに違いない。

 もちろん、問題はスマートウオッチだけにとどまらない。「Google Glass」などのメガネ型デバイスもそうだし、首から提げたり髪に着けたりするアクセサリー型のデバイスもある。超小型カメラや超小型イヤフォンなど、いわゆる「ウェアラブル」には該当しない製品も問題になってくる可能性がある。

Google Glass
指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」

 このような問題への対処法として、試験監視員などに「腕時計とスマートウオッチを見分けてください」などと要求するのは当然ながら現実的とは言えないわけで、何らかの仕組みで解決する必要がある。2012年には、東工大と光電製作所が共同で携帯電話による入試の不正行為を検出する方法を発表し、現在は「端末位置推定システム」として首脳会談の場などで利用されているそうだが、試験会場という点では「費用対効果の問題から実用化には至っていない」とのこと。

 また、先日報道された「チェスのグランドマスターが対局中にスマホでカンニングをしていた」という衝撃的なニュースでは、不正行為はトイレで行われたことが判明している。上述の端末位置推定システムは、基本的には教室などの特定のスペースを監視するものであり、このシステムだけですべてを解決できるとも考えにくい。

 Apple Watchの発売はすぐそこに迫っており、さらに今後も同様のプロダクトは次々と登場してくるだろう。一方で、各種試験は今日もどこかで行われている。急速に普及しつつあるウェアラブルデバイスにどう対応していくか。考えている時間はあまりない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」