連載
» 2015年11月02日 06時30分 公開

分身ロボット「OriHime」に込めた想い 開発者吉藤オリィさんが見る未来とは

開発者が語る、分身ロボット「OriHime」の誕生秘話。ロボットと目と目を合わせて話すことの意味、そして未来へ託す想いとは。

[ことばや/伊藤佳代子,ITmedia]
OriHimeと吉藤オリィさん

 分身ロボット「OriHime」の誕生秘話と、未来の姿を追う本企画。開発者・吉藤オリィさんの想いが詰まったOriHimeはどうブラッシュアップされていったのでしょうか。

 オリィさんが歩いてきた人生のさまざまな出来事が、全てOriHimeにつながっていく。お話を聞くほどに、そんな想いが強くなっていきました。そして、OriHimeはオリィさんだけでなく、いろいろな人の想いを取り込んで、どんどんカタチを変えていくことになるのです。

「目は口ほどにものをいう」はロボットにも通じる

 「なぜ人型のOriHimeをやめたのかというと、そこから読み取れる情報が多すぎたんです。例えば、足があれば、立ち方1つ、座り方1つでそのロボットの性格を表すことができますが、逆にコミュニケーションに集中できないのではと思いました。そこで、全部取っ払ってみたんです。顔と上半身だけのシンプルなカタチにしたら、不思議と無表情なはずのロボットの顔に表情が見えるようになりました。話をしている相手の顔が見える。そんな感じです」(オリィさん)

吉藤オリィさん

 コミュニケーションの中で、相手の顔が見えるというのはかなり重要なファクターだとオリィさんは言います。同じ言葉を使っていても、面と向かって話をするのと、メールで伝える場合、電話で話す場合、相手に与える印象は同じだとは限りません。誤解を生むこともある。実際にそんな経験をされたことがある人も少なくないでしょう。

 「目と目を合わせて話すのは、とても大切だと思います。だから、OriHimeは首が自由に動くようにして、話をしている相手と、視線が合う感覚を大事にしました。操作をしている側はもちろんですが、分身であるOriHimeと会話をしている側に、きちんと目を合わせていることを感じてほしかったんです。それが、一緒にここにいる、という存在感につながるだろうと思いました」(オリィさん)

 最終的に手を付けたのは、感情表現をもう少し豊かにしたかったからなのだとか。手を動かすだけで、喋らなくてもコミュニケーションが取れる。そうした言葉だけじゃないやりとりも、1つの会話だと、オリィさんは考えているのです。

OriHimeは心の車いす 外へ出る最初の一歩に

 OriHimeはこれまでの、効率化や便利さの追求を目的としてきた従来のロボットとは真逆にある、と話すオリィさん。無駄と思えることこそが日常であり、そこに大切なものがあるのだといいます。

 「ミーティングなど目的のあるコミュニケーションなら、テレビ電話やSkypeで事足ります。OriHimeとするコミュニケーションは、雑談です。何か用事があってするものではなく、例えば、家族がリビングに集って何となくおしゃべりをする。友達同士が休み時間に昨日見たテレビの話をする。必然性はないけれど、日々、普通に交わされている会話。それこそが、孤独を感じている人に必要なコミュニケーションなのではないかと」(オリィさん)

 目的のある会話なら、これまでにあるコニュニケーションツールを使えばいい。OriHimeは、仲間や家族の中に自分が一緒にいる。そう感じるコミュニケーションを生み出すツールなのだと、あらためて知らされました。

 「私は、ずっとOriHimeを使ったコミュニケーションだけでいいとは思っていません。車いすの話と一緒で、外に出て実際に人と触れ合うきっかけに、最初の一歩になればいいと思っています。特に、引きこもり中の人は、誰かと会ったり話したりしたくても怖くてできなかったりします。そんな時、まずはOriHimeを介して人の中に飛び込んでみる。そして、少しずつでもその環境に慣れ、時間がかかってもいつかは自分自身がその中へ入っていけるよう、その手助けをするのがOriHimeだと思ってもらえればいいと思います」(オリィさん)

OriHimeの未来

 そんなオリィさんは、これからどのようにOriHimeを進化させていくつもりなのでしょうか。

 「OriHimeは人によってその使い方はさまざまで、それこそ、100人いたら100通りの使い方があるのだと思います。だから私は、使う人それぞれの事情や要望にできる限り対応していきたいと考えています。ビジネスライクにOriHimeを量産するのではなく、使う人それぞれに合うカスタマイズされたOriHimeを提供していけたらうれしいですね」(オリィさん)

OriHimeと吉藤オリィさん

 自分の分身がいる、というのは何ともクールでSFチックなイメージをかき立てますが、実際にOriHimeのある世界は、とても優しく、心を温かくしてくれるものでした。オリィさんが目指す「孤独の解消」となる分身ロボットOriHimeの今、そしてこれからを、見守っていきたいと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい