ニュース
» 2011年07月21日 14時16分 公開

「Minecraft」に続く成功例となるか? ドット絵サンドボックスゲーム「Terraria」が面白い日々是遊戯

インディーズゲームながら発売10日間で20万本を売り上げ、話題となったRe-Logicの「Terraria」。中毒性は「Minecraft」以上か?

[池谷勇人,ITmedia]

中毒性は「Minecraft」以上!?

 ここのところハマっているのが、Steamのサマーセール中に買った「Terraria」というインディーズPCゲーム。5月の正式リリース以来、洋ゲー好きの間ではたびたび話題にのぼっていたタイトルですが、遊んでみたところあまりにも面白く、久々に寝食を忘れるほど没頭してしまったので紹介します。


 ゲーム内容はひと言で言えば「Minecraft」の2D版と言ったところ。広大なマップの中で、木を切り倒したり、地面を掘ったりしながら、自由に建物やオブジェを作って遊ぶことができる、いわゆる「サンドボックス型」と呼ばれるゲームです。

 グラフィックはスーパーファミコン風のドット絵で、「Minecraft」と違ってサイドビュー視点を取り入れている点が大きな特徴。またモンスターと戦ってレアアイテムを集めたり、手に入れた鉱石で道具をアップグレードしたりといったハック&スラッシュの要素もあり、「Minecraft」にアクションRPGの楽しさを加えたような内容となっています。

ゲーム開始直後の状態。いきなり冒険に出てもいいけど、まずは家くらいは建てておきたい
近場に手ごろな平地を発見。オノで木を切って、スペースと素材を確保していきます

とりあえずこんな感じで作ってみた。家を造ると、そのうちNPCが住み着いてくれたりも
夜になると凶悪なゾンビが沸き出してくる。最初のうちは夜間の外出は控えたい

 マップはランダム生成で、ゲーム開始時に「Small」、「Medium」、「Large」の3種類からサイズを選択する仕組み(「Small」でもむちゃくちゃ広いので、うっかり初プレイで「Large」を選んだりしないように!)。生成されたマップに降り立ったら、あとは基本的に何をしようがプレイヤーの自由です。斧でそこらへんの木を切って家を建てるもよし、手近な洞窟を見つけて探検してみるもよし。世界の果てにはまだ見ぬダンジョンや宝箱が存在し、地底深くにまで穴を掘り進めていけば、やがては溶岩が吹き出す地底の大空洞に行き着いたりもする。「家の地下を掘っていたら巨大な地底湖にブチ当たってしまった!」――なんてドラマチックな展開もあって、とてもランダム生成とは思えないような、驚きと変化に富んだマップも「Terraria」の大きな魅力のひとつとなっています。

 地面の中にはときおり銅や鉄などの鉱石が埋まっていて、掘り出して持ち帰ることで、オノやピッケルといった道具をグレードアップすることができます。基本的に、金などのレアな鉱石は地下深くの方が見つかりやすいため、掘れば掘るほどキャラクターが強くなる仕組み。カバンがいっぱいになるまで掘ったら、いったん自宅へ戻ってアイテムを生成。邪魔なアイテムをしまったら、洞窟に戻ってまたひたすら掘り続ける――。プレイ時間の大半はこの単調な往復作業の繰り返しですが、遊んでみるとこれが何ともいえず楽しい。もちろん採掘以外にも、家を拡張したり、別のダンジョンを開拓してみたりとやることは多く、「あれもしたい、これもしたい」と悩んでいるうちにアッと言う間に時間は過ぎていきます。

家から少し離れたところに洞窟を発見。とりあえず中に入ってみることに
中に入ると、いきなり宝箱を発見。便利なアイテムは入ってるかな……?

洞窟の奥で採掘中。行き止まっても、ピッケルさえあればどこまでも掘り進んでいける
手に入れたアイテムを組み合わせて、いろんな道具を作れるあたりは「Minecraft」同様

 海外ニュースサイトによれば、インディーズゲームにもかかわらず発売から10日間で約20万本のセールスを記録するなど、「Minecraft」に次ぐ成功例として今後語られていきそうな「Terraria」。開発者によれば本作はまだまだ開発途上とのことで、まだまだ作り込みが甘い部分もありますが、この驚異的な中毒性とワクワク感は他のゲームでは体験できないもの。価格も9.99ドルとお手頃なので、ぜひ多くの人に体験してみてほしい作品です。

本作は最大8人までのマルチプレイにも対応。協力して大きな建物を造ったりしても楽しい

世界のどこかには、地底に広がるジャングルや、溶岩の流れる地底洞窟のようなエリアも

ある程度ゲームが進むと、巨大なボスとの戦闘も。ボスはいずれもかなり手強い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」