ニュース
» 2010年10月01日 19時38分 公開

スゴすぎ! 「Minecraft」で本物の16ビットコンピュータを再現日々是遊戯

海外で人気のサンドボックスゲーム「Minecraft」を使って、なんと本当に動く16ビットコンピュータを作ってしまった動画がYouTubeに投稿されています。

[池谷勇人,ITmedia]

SF映画を見ているよう

 以前この連載でも紹介した「Minecraft」という海外のゲームを憶えていますか? このゲームを使って、本当に使える16ビットコンピュータを作ってしまった動画が、海外ニュースサイト「Kotaku」で紹介され話題になっています(Kotaku.jpの翻訳記事はこちら)。「Minecraft」ってなんだっけ? という人はこちらの記事(12万人が課金する「アルファ版」ゲーム「Minecraft」って何だ!?)をどうぞ。

 正確に言うと、今回作られたのはコンピュータの中でも、四則演算や論理演算を担当する「ALU(演算論理装置)」と呼ばれる部分。パーツを組み合わせて自由に3次元空間をデザインできる「MineCraft」のエディット機能を使って、本物のALUとまったく同じ構造をゲーム内で再現してしまったというわけ。ゲームの中で見るとちょっとした街1個分くらいのマップ面積がありますが、実際の半導体の中には、これが超小型化されて搭載されているんですね。しかし、これだけのものを作り上げるのに一体どれくらいの時間がかかったのか……。

 詳しい仕組みについてはよく分かりませんが、網のように張り巡らされた「導火線」パーツがどうやら電気信号のかわりに計算処理を行う仕組みとなっている模様。動画のコメントを見ると、作者は次に「メモリー」の製作に挑戦する予定だそうで、このまま一個一個パーツを製作していけば、やがては本当にバーチャルなコンピュータがゲーム内で再現されてしまう日も訪れそうです。Kotaku.jpの翻訳記事によれば、作者は「完成のあかつきには『The Elements of Computing System: Building a Modern Computer from First Principles』という本に書かれているコードを実際に走らせてみたい」と語っているとのこと。

 関係ないですが、こんな風にコンピュータプログラムの中で現実世界が着々と再現されていくのを見ると「普段僕らが見ている現実世界もホントはコンピュータプログラムなんじゃないのか?」なんて考えたくなってしまうのは筆者だけでしょうか……。

様々なブロックを組み合わせて、自由にマップやモノをデザインできるのが「Minecraft」のウリですが、まさかこんなものまで作ってしまうとは……

関連キーワード

再現 | デザイン | 3D | 日々是遊戯


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声