ニュース
» 2011年09月12日 11時52分 公開

そしてゲームクリエイター・飯田和敏は「カネ乙!」と言った――「アナグラのうた」を作った男たちアナグラ座談会(3/3 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

―― 確かに、悪用されたら怖い。

飯田 そうしたら、「いや、そうじゃないんです」と。そういう一面は確かにあるかもしれない、でも私が実現しようとしている社会では、ビッグ・ブラザーが等身大なんです。巨大な何かに監視されているんじゃなくて、同じ大きさのもの同士が、相互に対峙しあっている社会。だから気に入らなかったらいつでも抜けられるんです――っていうことをおっしゃって。それを聞いたときに、ああ、こんな感じの悪いゲームクリエイターに対して、こんなに丁寧に信念を説明してくれる柴崎先生のことは、ぼくはトラストできるなって思った。

―― 信頼が生まれたと。

飯田 うん。そのときに分かったんですよ。空間情報科学を進めていくにあたって大事なのは、相手をトラストすることだって。

画像 個人情報を保護する「ワカラヌ」という装置もある。このあたりにビッグ・ブラザーへの懸念が少し残っているのかもしれない
画像 総合監修を務めた柴崎亮介教授。アナグラ内の映像装置に触れると、柴崎教授の映像を見ることができる

「これはキターッ! って思った。我々新次元開いちゃったぞって思った」

(そろそろ締めようと思っていたところに、犬飼さんが禿さんを連れてやってくる)

犬飼 禿さん連れてきたよ。

飯田 ああ、いいところで。今回アナグラの設計を担当していただいた、禿さん。

―― はじめまして、よろしくおねがいします。

禿 よろしくおねがいします。

犬飼 アナグラのカベをデコボコにしたりとか、ここにこれを置こうとか、そういうところを決めてくださったのが禿さん。

飯田 禿さんに来てもらったとき、ぼくらは美しいものしかトラストできないから、美しいものを作ってください、ってお願いしたんです。

―― 飯田さんたちと仕事をしてみて、刺激を受けたことはありましたか。

禿 それはもう。あの空間って、カベや装置の形がまずあって、さらにそこに映像が投影されてますよね。作る側としては、映像と形が同時進行でできあがっていくのが刺激的でした。

飯田 あとオシャレ戦争が勃発してましたよね。

―― なんですかそれ、聞きたい(笑)。

飯田 呼んでくるよ、オシャレ番長を。

(納口さんを呼びにいっちゃう飯田さん)

禿 簡潔に言うと、ぼくはこの展示って、あまりオシャレじゃない方がいいと思ってたんですよ。せっかくゲームの人と仕事してるんだから、スカしたコンセプチュアルアートみたいなものじゃなく、もっとゲームっぽい感じを入れた方がいいと思ってた。でも納口さんから見たら、それでもまだ超オシャレだったらしいんです。

(ここで飯田さん、納口さんを連れて戻ってくる)

納口 超シャレオツですよ。オシャレとかじゃない!

―― オシャレ番長って納口さんだったんですか。

犬飼 禿さんはあれをオシャレだとは思ってないんですよ。

禿 思ってないですよ。こっけいな、ヘンテコなものだと思ってる。

飯田 納口さんはあそこで、何を描こうとしたの?

納口 あそこはね、1000年後のお台場なんですよ。ぼくの頭の中では、1000年後のお台場には人間は一人も残っていなくて。アナグラの映像には鳥とか魚とか出てきますけど、あれはみんなお台場にいる生き物なんです。

飯田 それで、アウトプットとして納口さんの設定の中で出てきたものと、禿さんの設計の中で出てきたものが、微妙にやっぱりズレがあるわけですよ。禿さんの造作について納口さんは、ちょっとこれはオシャレすぎないかって。1000年間放置されてるラボがこんなにオシャレなはずない、って文句を言ってきたんですよ。さすが中央線(沿線住まい)だよね。

―― (笑)

納口 ぼくからすると、禿さんはもともとオシャレだから。例えばオシャレな人が、あえてナントカ釣り具店の帽子とかかぶっちゃうオシャレ感ってあるじゃないですか。あれもまたオシャレなんですよ。

飯田 根本的に、納口さん以外はみんなオシャレなんですよ。

禿 それで戦争は戦争のまま終わったんですけど、結局はなんか、コントラストで両方のいいところが際だって見えるような形になりましたよね。

―― 最終的にはどっちも折れなかったんですか。

飯田 コラボしてましたよね。例えばナガメっていう装置(※8)は、外見的には、カベからひさしが出てるだけなんですよ。でも、そこに鳥の巣がプロジェクションで投影されてて。

※8:遺された装置のひとつ。センサーによってアナグラを観察し、空間情報を三次元データとして取り込んでいる

犬飼 ひさしがこうあったら、きっとそこに鳥が巣を作るだろうって発想だよね。

飯田 ひさしの影と、わざわざ描いてある影がクロスして、どれが影で、どれが映像なのかわかんなくてってて。これはキターッ! って思った。われわれ新次元開いちゃったぞって思った。

禿 ファンデーションですよ。建築に対するファンデーション。

飯田 影を描くってのがものすごく面白かった。本来釘を打つべきところに打たないで、かわりにプロジェクターで影を投影して立体感を出してる。あれ、つまりオシャレ?

納口 え、ぼくがってことですか?(笑)

飯田 そうだよ、それをやったんだよ。

納口 いやいやいや(笑)。

犬飼 アナグラ内の映像って、菱形の「ビットちゃん」っていうものが集まってできてるんですけど、あれをあのカタチにしたのは禿さんですよ。禿さんがデコボコのスクリーンの方が面白いんじゃないかって言い出して、それを見たぼくらが、このデコボコってゲームのドットじゃないかって。そこから菱形のビットちゃんが生まれた。

飯田 そうだったね。造型と概念がころがりながら、カタチになっていった。

犬飼 最初は目のついたキャラクターだったよね。

飯田 納口さんすぐ擬人化しちゃうんだよ。自分の息子が喜んでくれるから(笑)。

納口 ははは(笑)。

飯田 すぐユルいキャラを描いて、みんなから総攻撃を受けてた。こんなのオシャレじゃないよって。

画像 床や壁の造作と、投影されたデジタルな映像が重なると、頭がくらくらするような不思議な陶酔感をおぼえる
画像 話題に出てきた「ナガメ」。本物はぜひ自分の目で確かめてみてほしい(実物の写真を撮り忘れたので)

「またお台場でこういうミーティングを定期的にやっていきたいよね」

(科学館側から、そろそろ締めてくださいのサイン)

―― あ、そろそろ終わりだそうです。

飯田 ああ、もう。ええと、話は尽きないんだけど、またお台場でこういうミーティングを定期的にやっていきたいよね。それはITmediaさんに対してだけじゃなくて、もっと多くの人に向けたものとして。そろそろDOMMUNE(※9)も疲れただろうし。

※9:宇川直宏氏が主宰するライブストリーミングチャンネル

禿 基本的にみんな終わりたくないと思ってるんですよね。

飯田 そう、夏休みが終わっちゃう(的な)。

―― 「ディシプリン」の時もそんなこと言ってましたね(笑)。

飯田 中村さんの音楽も、せっかくカタチになったんだから生演奏とかしてみたいし。あの会場だって、10個のサラウンドシステムがある音響環境ってそんなにないんだよ。映画館よりもすごい。犬飼さんなんか、昨日までスピーカーのインピーダンスいじってた。

犬飼 まだやってますよ。

飯田 だからまあ、これから5年間、まだまだよろしくおねがいしますということで。

犬飼 これで情報共有をパワーに変えていきましょう。

―― ありがとうございました。

画像画像 どこまでも仲の良い白衣4人組。内覧会後の撮影会では、4人で仲良く床に寝転んでしまう一幕も(左下:納口さん/右下:飯田さん/右上:犬飼さん/左上:中村さん)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/29/news088.jpg 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ
  2. /nl/articles/2111/29/news028.jpg 退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
  3. /nl/articles/2111/29/news027.jpg 「白雪姫」の「ハイ・ホー」、日本語詞の「仕事が好き」は海外版だと「仕事から帰る」 フランス人の指摘がつらい漫画
  4. /nl/articles/2111/29/news087.jpg 「身体のラインが女性らしく」 舟山久美子、2度延期の結婚式に向けて“家族3人”で再始動 出産前後の体形の変化に思わぬ喜び
  5. /nl/articles/2111/28/news046.jpg 大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
  6. /nl/articles/2111/29/news055.jpg パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
  7. /nl/articles/2111/29/news174.jpg 城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
  8. /nl/articles/2111/28/news044.jpg 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. /nl/articles/2102/03/news136.jpg 元SDN48・光上せあら「1年に2回出産をします!」 産後2カ月で第2子妊娠を発表、子どもたちは「同学年です!」
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」