ニュース
» 2011年09月12日 11時52分 公開

そしてゲームクリエイター・飯田和敏は「カネ乙!」と言った――「アナグラのうた」を作った男たちアナグラ座談会(2/3 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]

「だからアナグラの物語って、けっこう悲惨な物語でもあるんです」

―― 科学館の展示としては、ビックリするくらい抽象的ですよね。

飯田 そこも悩んだんだけどね。でも未来館側から、今までの手法そのものを壊したいんだって言われて。未来館ってこの10年間、日本の科学博物館のフラッグシップであり続けてきたと思うんだけど、それを壊したい、その次をやりたいんだと。そう言ってもらえたのは大きかったですね。

―― 少なくとも、すごく心に残る展示にはなっていると思います。あとなにげに、物語がけっこう重い。

飯田 やっぱり、ある大事なトピックを人に伝えようってときに、普通に「こうなんですよ、どうですか?」みたいなプレゼンテーションをしていたんでは、これだけ情報過多の世の中、無視されちゃうんだよ。

中村 どれだけ強烈に印象に残らせるかってことですよね。

飯田 ゲームの方法論で言ったら、ええと、これあんまり言わない方がいいのかな……まあいいや。例えばある人がいて、その人の話を一生懸命聞かせたい。聞いてもらいたい。そういう時はどうしたらいいだろう、って考えますよね。

―― はい。

飯田 仮に、ある村で虐殺があったとする。あなたは「大丈夫ですか! 生きてますか!」ってひとり一人話しかけるんだけど、全員死んじゃってる。すごく絶望的な気持ちになる。でもそこで、遠くから女の子の泣き声が聞こえてきたら、誰だって助けたいと思うじゃないですか。「キミ大丈夫だった? 名前はなに?」って、きっとみんな真剣に耳を傾けると思うんですよね。

―― うん、それなら絶対に耳を傾ける。

飯田 そういう真剣さが必要だと思うんです。特に、こういう分かりにくい展示の場合はね(笑)。

中村 ははは、やっぱり分かりにくいよね(笑)。

飯田 で、それを毛利さん(※3)にも話したんですよ。そしたら、さすがにこういう公共の場所で、ジェノサイドって表現は難しいけれど、言っていることはよく分かるし、自分も宇宙から地球を見たときにおなじことを思ったって。毛利さんがいた宇宙空間って、360度なんにもない、極限の虚無の世界ですよ。それこそ防護服に1ミリでも穴があいたらすぐに死んでしまうような世界。だけどそこでふと真っ青な地球が目に入ったときに、アッと思ったんだって。ああ、ここに人が住んでるんだ、この地球の、超薄い表層の部分に、あらゆる生き物がつつましやかに暮らしているんだと。それを聞いて、ああ、同じじゃんって思った。

※3:宇宙飛行士の毛利衛さん。日本科学未来館の館長を務める

―― それもたぶん、空間情報のひとつですよね。地球上で、みんなが生きているっていう。

飯田 だからアナグラの物語って、けっこう悲惨な物語でもあるんです。1回見ただけでは分からないかもしれないけど、これは5年間の常設展示だから、何度も来て、少しずつ分かってくれればいい。例えばアナグラって呼ばれてるけど、部屋の中なのになんでアナグラなんだろうとかね。

中村 あと歌詞は絶対、ちゃんと聞いてほしい。物語全部を理解して、そのうえで聞くとちょっと笑える歌詞があったりして。

飯田 登場人物とかもね。そのあたりは公式サイトにも載ってるし、あと本(※4)も置いておいたから。

※4:アナグラの中に置いてある1冊の本。アナグラについての様々な情報が書かれている

―― あの本、さりげなく置いてありますけど、実はかなりいろんな情報が入っていますよね。

飯田 しかも寺田克也さんがね、イラストを書いてて。

―― え、あれ寺田克也さんが描いてるんですか!

飯田 うん、喫茶店で、なんか書いてくれませんか? ってお願いしたら「いいよー」って。あと編集長は伊藤ガビンさん。

―― えええ、ガビンさんとワビンさん(※5)のコラボレーション! そのへん、もっと表に出さなくてよかったんですか(笑)。

※5:飯田さんの通称。和敏だからワビンさん。伊藤ガビンさんにちなんでいるらしい

飯田 出しましょうか(笑)。伊藤さんもね、紙の本を編集するのは久しぶりじゃないかなあ。

画像 アナグラの中に置いてある1冊の本。紙の本で、なおかつアナグラのログだから「アナログ」と呼ばれているらしい
画像 実はけっこういろんなクリエイターが参加している「アナグラ」。アナログ内のイラストは寺田克也氏のもの(イラストレーション 寺田克也)

「被災地ですよ。そこでガレキの山の中で書いた」

―― 例えばこれから体験する人に向けて、ここを見るともっと楽しいよ、みたいなところはありますか?

中村 とりあえず全部の装置はひととおり触ってみてほしいですね。

飯田 ぼくはやっぱり、あの本かなあ。あの中にはずいぶんいろんな思いをぶっちゃけたんだけど、ずっと書けなかったんだよね。作家じゃないし。それでどうしたのかっていうと、久慈に行った。

―― 久慈ってあの久慈ですか?

飯田 そう、三陸の。被災地ですよ。そこでガレキの山の中で書いた。たぶんそこじゃないと書けなかった。それは人生のうちで1回しかできない大技だと思うし、ぜひ手にとって読んでほしい。自分でも感動しますよ。

―― 息子さんへのメッセージもちょっと入っていたりしますよね。ぼくはそこを読んで、不覚にもグッときちゃいました。

飯田 たぶんね、プライベートとパブリックが一致していくのが情報共有社会だと思うんですよ。だから個人のエゴだって怒られるのも半分承知していたけれど、親から子への思いって人類に共通するものだと思うし、それはそのまま、消えた博士と遺された装置の関係でもあるんです。

―― そうやって聞くと、実はすごくシンプルな概念なのかもしれないですね。空間情報科学って。

飯田 そうなんだよね。ぼくもこの1年間ずっと考えてきたんだけど、最終的に思ったのは、「この技術があれば、安心して迷子になれるぞ」だった。

―― ああ、それはすごく分かりやすい。

飯田 子供がどこで何をしていようが、生きてることが分かるし、どこに行くかも分かる。おなかがすいてたら誰かが食べさせてくれるだろうし、ほっとけるじゃないですか(笑)。自分だって、気ままに行きたいところに行けるようになる。Googleマップなんか見なくてもね。

―― ぼくもよく自転車で迷子になりますけど、そうなったら便利ですね。

飯田 それはつまり、自分が世界に見られているってことなんですよ。監視されてるんじゃなくて、ソフトに守られてる状態。そういう意識で見たときに、ディストピアじゃなく、これはユートピアにつながる技術かもしれない、って思えた。でもそこへ辿り着くまでには長い議論の時間が必要でしたね。

―― すごくメッセージ性の強い展示でもありますよね。ただ技術を説明するだけじゃなく、それでみんなシアワセになろうよ、ってところにまで踏み込んでる。そのあたりは議論になったりしませんでしたか?

飯田 だから噛みつきましたよ。最初に科学館側から提案されたのがもう、空間情報科学を使ってよりよい社会にしましょう、っていうメッセージそのものだったんです。よい社会ってなんだって。そこ実はあんまり考えてないでしょって。

―― やっぱり噛みついたんだ(笑)。

飯田 一歩間違えたらビッグ・ブラザー(※6)ですよ。空間情報を使った金儲けや犯罪が行われるかもしれないし、テクノロジーの歴史ってのは、ある意味暴力の歴史でもある。この技術にしたって、やっぱり悪い想像はいくらでもできちゃう。って、それをずっと柴崎先生(※7)に言ってたら……。

※6:小説「1984年」に登場する独裁者。国民を完全監視することで支配下に置いている
※7:東京大学空間情報科学研究センターの柴崎亮介教授。「アナグラのうた」の総合監修を務める

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  3. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  4. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  7. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  8. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  9. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」
  10. /nl/articles/2112/08/news094.jpg 高畑充希、ボーイッシュなショートヘアに大胆イメチェン 「バッサリ切ったね」「まぶしすぎる」と反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」