ニュース
» 2011年11月19日 09時00分 公開

廃墟になった中国の偽ディズニーランド「Wonderland」探訪動画

建設途中のまま計画が頓挫した中国のディズニーランド似のテーマパーク「Wonderland Amusement Park」。アーティストや写真家による探訪動画が興味深い。

[ITmedia]

 廃墟となった中国のディズニーランド似のテーマパークを探訪した興味深い動画がネットで公開されている。

 「Wonderland Amusement Park」という名のこのテーマパークは北京市郊外にあり、Time Out誌北京版によると、1998年から地元企業が120エーカー(約48万5000平方メートル)のアジア最大テーマパークを目指して開発を始めた。その後資金の問題から計画は頓挫し、建設途中のまま放置された廃墟は、通行人の興味を引きつけているという。

Googleマップに写るWonderland

 そのWonderlandを訪問して撮影した動画を、米国の写真家トレイ・ラトクリフさんが10月に公開している。「Fake and Abandoned Disneyworld in China」と題した動画は9分あまり。草がぼうぼうと生い茂る作りかけの園内の様子が見える。

 英国のアーティスト、キャスリーン・ハイランドさんもWonderlandの動画を公開。こちらは4月に公開されたものだ。子どもが遊んでいたり、人が歩いているのが映っている。

Wonderland from catherine Hyland on Vimeo.

 ちなみに、一時期ディズニー似のキャラがいるとして話題になった北京市のテーマパーク「石景山遊楽園」は現在も営業中。


大きな地図で見る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.