ニュース
» 2011年12月22日 17時12分 公開

タイムリミットは24時間、サンタクロースの仕事を数字で見てみる世界一激務?

世界中の子供の数は12億8500万7000人。すべての子供にプレゼントを渡すサンタクロースのすごさが分かるインフォグラフィックス。

[ITmedia]
画像

 タイムリミットは24時間。1人でプレゼントを配布しようとすると1秒間で平均5949世帯、約3億8550万キログラムの荷物を東京ドーム約6杯分の袋に詰めて移動し続けないといけません。サンタクロースに課せられたミッションを数字にしてみると、いかに難しく激務であることが分かります。

 トリップアドバイザーが公開した「数字で見るサンタクロース」には、クリスマスイブの夜、世界でもっとも忙しいであろうサンタクロースの仕事を数字で紹介しています。

 世界の0〜9歳の人口は12億8500万7000人(2010年国際連合調べ)、5億1400万2800世帯(2010年世界保健機関調べ)の子供たちに平均300グラムのプレゼントを配ると仮定し、サンタクロースが1人だった場合と大勢だった場合で算出しています(ただし、宗教上の考慮はしていない)。

 それによると、1人で配る場合、配布ノルマは1秒間で平均5949世帯、平均1万4873個のプレゼントを配ることになるそうです。その荷物の重さは3億8550万2000キログラムで、初代ゴジラ約19.3匹分。袋のサイズは東京ドーム6杯分を必要とするとのこと。聖人とはいえ、特殊能力を利用しない限り無理そうですし、第一目立つのでは? サンタクロースの姿をなかなか見ることができないのは、やはり目にも止まらないスピードで移動し続けているからなんでしょうか?

 ちなみに、サンタクロースが多数だった場合、1世帯あたりの所要時間を3分と仮定すると、107万839人必要と算出しています。1人あたり480世帯、1200個のプレゼント(重量は約360キログラム)を配布することになるそうです。これならなんとかなりそうな気がしますが、100万人集めるのが大変そうです。

 まもなくクリスマス。サンタクロースがすごい勢いで子供たちのためにプレゼントを配っている姿を思い浮かべて当日を迎えたいと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響