ニュース
» 2012年02月06日 17時06分 公開

節分はトマト祭り+ハロウィンだった 1トンの豆が乱れ飛ぶ「すごい豆まき」体験記今世紀最大!?

1トンの豆を600人が投げつける「すごい豆まき」に記者も参加。最前線で豆を浴び、痛みに耐えたぞ! ということでその壮絶な祭りの模様をお届けしよう。

[宮本真希,ITmedia]
画像 舞台は東京タワー

 1トンの豆を600人が投げつけるイベント「すごい豆まき」が、東京タワーで2月3日開催された。鬼がパフォーマンスするランウェイを参加者が取り囲むように位置につく。皆、目を保護するためサングラスをかけている。記者も負けていられないと最前線へ。そして……乱れ飛ぶ豆、豆、豆! ぐはっ予想以上に痛い。5秒でブーツの中が豆だらけじゃないか。こうして壮絶な祭りの幕が開けたのである。

 すごい豆まきを企画したのは、ネットベンチャー・クロコス取締役で楽天顧問などを務める小澤隆生さんら、有志のメンバーだ。小澤さんは企画した経緯について「トマト祭りが悔しくてねー」としみじみ語る。ご存知トマト祭りはスペインの伝統行事で、熟した大量のトマトをぶつけ合うというもの。「なんで日本にないのかと。探しましたよ。食べ物を投げていい祭りを」――小澤さん、節分に熱すぎる。

 さらに続ける。「ハロウィンなんてくだらないイベントで盛り上がりやがって! 日本人なら鬼になれ! トマト祭り+ハロウィン、それがすごい豆まきだ!」。なるほど分かりやすい。しかし節分はなんだか地味だ。トマト祭りとの差はどこにあるのか。「答えは簡単、投げる量です!」。こうして、豆の量は1トンという前代未聞のスケールとなった。ちなみに使用する豆は、食用に適さないクズ豆を宮城県の農家から集めたもので、投げ終わった後は堆肥として再利用される。

画像 なぜか狂言のパフォーマンスから始まった

Facebook日本代表も鬼役で登場 「鬼-1グランプリ」

画像

 イベントのメインは、鬼の中の鬼を決める「鬼-1グランプリ」。司会を務めたフジテレビアナウンサー高橋真麻さんと小澤さんの呼び込みで、次々に登場する5組の鬼に対し、来場者が容赦なく豆を投げつける。鬼は首からバケツを下げており、最も多くの豆を集めた鬼が優勝となる。鬼は反撃することなく、数分間ただひたすら豆攻撃に耐え続けるという具合だ。

 1組目にはヤクザコスプレの鬼が登場。初めて現れた敵に対し、参加者は手加減することを忘れて、豆を投げつける。参加者に配られている豆は1人2キロ。紙袋いっぱいに詰まっていてずっしりと重い。それを手の平いっぱいにつかんで力の限り放り投げると、すごい快感だ。ただしステージ近くの記者のもとにも大量に飛んできてとても痛い。目はサングラスで保護したが、ほっぺや手など露出している部分にバチバチ当たる。取材用カメラレンズが傷つくんじゃないかと内心ヒヤヒヤ。ぐぬぬ……。

 続いて登場したのは、IT・ネット企業の代表による「社長鬼」だ。GyaOの川邊健太郎社長、チームラボ猪子寿之社長、ピクシブ片桐孝憲社長、芸者東京エンターテインメント田中泰生社長ら豪華メンバーがずらり。壇上で葉巻をくわえ、札束(のレプリカ)をフリフリし、悪代官のような演技で参加者をあおる。会場のひんしゅくを買った(?)のか、先ほどより勢いよく豆が飛ぶ。それを全身で浴びて痛がる社長鬼。ざまあみやがれ!


画像 ふんぞり返る社長鬼たち
画像 女子大生鬼にも豆が降り注ぐ。ぐへへ

 3組目はかわいらしい「女子大生鬼」が登場し、アラサー高橋アナとにらみ合っている。同じくアラサーの記者(♀)も女子大生鬼には取材を忘れて豆を投げつける。遠慮はしないぜ。ぐへへ。楽しくなってきた。そして4組目に現れたのは「Facebook鬼」。Facebook日本代表の児玉太郎さんらが青鬼姿で会場を盛り上げる。IPO申請で注目を集めるなか、のこのこ出てくるとは良い度胸だぜ。参加者はFacebookに時間を奪われまくっている日頃のうっぷんを晴らすかのように豆を投げつけていた。

画像 こちらIPOを控えた青鬼さんたち

 最後に登場したのは「野球鬼」。元ヤクルトの古田敦也さんとギャオス内藤さんが鬼の角をつけて現れ、会場の盛り上がりは最高潮に。野球解説者なのに「キャンプの仕事を断ってここに来ました!」と、古田さんは気合い入りまくり。その気合いに応えるように、豆が空中を舞う。ステージの床は豆で埋め尽くされて見えないほど。豆が踏みしめられてそこかしこで粉々になっており、辺りに香ばしい匂いが漂う。きな粉を連想して腹が減ってきた。結局は「野球鬼」が最も大量の豆を集め、圧倒的な強さを見せつけて優勝。古田さんは豆まき大使の称号を得て、うれしそうだった。


画像 古田敦也さんとギャオス内藤さんはトラ柄のパンツで気合い充分
画像 降り注ぐ豆、豆、豆

 イベントのシメは、すべての鬼が入り乱れての豆まきタイム。参加者全員が床に落ちている豆まで拾い上げてこれでもかとはしゃぐ。あまりに本気になりすぎたのか、記者の服のポケットや靴の中は豆だらけに。髪の毛や顔にもかけらが付いていたようで、あとで電車のなかで気付き大変恥ずかしい思いをした。これがトマトだったら大変だろうなと、遠くスペインにも思いをはせる。大量の福を呼び込み、充実感に満たされた記者。来年も開催されたら絶対行きたい。そしてトマト祭りのように世界中から参加者が訪れる盛大なイベントになることを願って今後に期待しようじゃないか。

画像 言うまでもないが祭りの後は床が豆だらけだった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する