ニュース
» 2012年02月06日 17時06分 公開

節分はトマト祭り+ハロウィンだった 1トンの豆が乱れ飛ぶ「すごい豆まき」体験記今世紀最大!?

1トンの豆を600人が投げつける「すごい豆まき」に記者も参加。最前線で豆を浴び、痛みに耐えたぞ! ということでその壮絶な祭りの模様をお届けしよう。

[宮本真希,ITmedia]
画像 舞台は東京タワー

 1トンの豆を600人が投げつけるイベント「すごい豆まき」が、東京タワーで2月3日開催された。鬼がパフォーマンスするランウェイを参加者が取り囲むように位置につく。皆、目を保護するためサングラスをかけている。記者も負けていられないと最前線へ。そして……乱れ飛ぶ豆、豆、豆! ぐはっ予想以上に痛い。5秒でブーツの中が豆だらけじゃないか。こうして壮絶な祭りの幕が開けたのである。

 すごい豆まきを企画したのは、ネットベンチャー・クロコス取締役で楽天顧問などを務める小澤隆生さんら、有志のメンバーだ。小澤さんは企画した経緯について「トマト祭りが悔しくてねー」としみじみ語る。ご存知トマト祭りはスペインの伝統行事で、熟した大量のトマトをぶつけ合うというもの。「なんで日本にないのかと。探しましたよ。食べ物を投げていい祭りを」――小澤さん、節分に熱すぎる。

 さらに続ける。「ハロウィンなんてくだらないイベントで盛り上がりやがって! 日本人なら鬼になれ! トマト祭り+ハロウィン、それがすごい豆まきだ!」。なるほど分かりやすい。しかし節分はなんだか地味だ。トマト祭りとの差はどこにあるのか。「答えは簡単、投げる量です!」。こうして、豆の量は1トンという前代未聞のスケールとなった。ちなみに使用する豆は、食用に適さないクズ豆を宮城県の農家から集めたもので、投げ終わった後は堆肥として再利用される。

画像 なぜか狂言のパフォーマンスから始まった

Facebook日本代表も鬼役で登場 「鬼-1グランプリ」

画像

 イベントのメインは、鬼の中の鬼を決める「鬼-1グランプリ」。司会を務めたフジテレビアナウンサー高橋真麻さんと小澤さんの呼び込みで、次々に登場する5組の鬼に対し、来場者が容赦なく豆を投げつける。鬼は首からバケツを下げており、最も多くの豆を集めた鬼が優勝となる。鬼は反撃することなく、数分間ただひたすら豆攻撃に耐え続けるという具合だ。

 1組目にはヤクザコスプレの鬼が登場。初めて現れた敵に対し、参加者は手加減することを忘れて、豆を投げつける。参加者に配られている豆は1人2キロ。紙袋いっぱいに詰まっていてずっしりと重い。それを手の平いっぱいにつかんで力の限り放り投げると、すごい快感だ。ただしステージ近くの記者のもとにも大量に飛んできてとても痛い。目はサングラスで保護したが、ほっぺや手など露出している部分にバチバチ当たる。取材用カメラレンズが傷つくんじゃないかと内心ヒヤヒヤ。ぐぬぬ……。

 続いて登場したのは、IT・ネット企業の代表による「社長鬼」だ。GyaOの川邊健太郎社長、チームラボ猪子寿之社長、ピクシブ片桐孝憲社長、芸者東京エンターテインメント田中泰生社長ら豪華メンバーがずらり。壇上で葉巻をくわえ、札束(のレプリカ)をフリフリし、悪代官のような演技で参加者をあおる。会場のひんしゅくを買った(?)のか、先ほどより勢いよく豆が飛ぶ。それを全身で浴びて痛がる社長鬼。ざまあみやがれ!


画像 ふんぞり返る社長鬼たち
画像 女子大生鬼にも豆が降り注ぐ。ぐへへ

 3組目はかわいらしい「女子大生鬼」が登場し、アラサー高橋アナとにらみ合っている。同じくアラサーの記者(♀)も女子大生鬼には取材を忘れて豆を投げつける。遠慮はしないぜ。ぐへへ。楽しくなってきた。そして4組目に現れたのは「Facebook鬼」。Facebook日本代表の児玉太郎さんらが青鬼姿で会場を盛り上げる。IPO申請で注目を集めるなか、のこのこ出てくるとは良い度胸だぜ。参加者はFacebookに時間を奪われまくっている日頃のうっぷんを晴らすかのように豆を投げつけていた。

画像 こちらIPOを控えた青鬼さんたち

 最後に登場したのは「野球鬼」。元ヤクルトの古田敦也さんとギャオス内藤さんが鬼の角をつけて現れ、会場の盛り上がりは最高潮に。野球解説者なのに「キャンプの仕事を断ってここに来ました!」と、古田さんは気合い入りまくり。その気合いに応えるように、豆が空中を舞う。ステージの床は豆で埋め尽くされて見えないほど。豆が踏みしめられてそこかしこで粉々になっており、辺りに香ばしい匂いが漂う。きな粉を連想して腹が減ってきた。結局は「野球鬼」が最も大量の豆を集め、圧倒的な強さを見せつけて優勝。古田さんは豆まき大使の称号を得て、うれしそうだった。


画像 古田敦也さんとギャオス内藤さんはトラ柄のパンツで気合い充分
画像 降り注ぐ豆、豆、豆

 イベントのシメは、すべての鬼が入り乱れての豆まきタイム。参加者全員が床に落ちている豆まで拾い上げてこれでもかとはしゃぐ。あまりに本気になりすぎたのか、記者の服のポケットや靴の中は豆だらけに。髪の毛や顔にもかけらが付いていたようで、あとで電車のなかで気付き大変恥ずかしい思いをした。これがトマトだったら大変だろうなと、遠くスペインにも思いをはせる。大量の福を呼び込み、充実感に満たされた記者。来年も開催されたら絶対行きたい。そしてトマト祭りのように世界中から参加者が訪れる盛大なイベントになることを願って今後に期待しようじゃないか。

画像 言うまでもないが祭りの後は床が豆だらけだった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」