ニュース
» 2012年01月30日 19時19分 公開

君も仏にならないか! 観音コスプレで練り歩く謎の集まり「三十三間堂プロジェクト」に潜入してみた知らぬが仏?(1/2 ページ)

町で見かけた仏たちの集団。いったい彼らはなんなんだ? いろいろ悟れるかもしれないと、仏になって町を練り歩く謎のワークショップに潜入してみた。

[笹山美波,ITmedia]

 仏のコスプレをして町を練り歩くワークショップがある。1000体の千手観音立像が並ぶ京都の三十三間堂にちなんで「三十三間堂プロジェクト」と名付けられている。参加者はド派手な仏顔メイクを施し、観音様っぽい冠をかぶって楽しむという。仏教徒の集まりか、はたまたコスプレ厨の集まりか……一体何なんだ! 記者はこの奇妙な集まりの実態を暴くため、現場へ急行した。


画像 三十三間堂プロジェクト
画像 どうやらクリスマスにも開催されていたらしい。「クリスマス なむ!」っておいっ

それは本家「三十三間堂」へのオマージュ

画像 TETTAさん

 三十三間堂プロジェクトは、ワークショップで仏に変身した参加者1000人分の写真を「仏像顔」として集めるというもの。三十三間堂の千手観音立像のなかには自分そっくりのものがあると言われるが、同プロジェクトはまさに“現代版の三十三間堂”を作る試みなのだ。2010年5月にスタートし、現在までの参加者は約720人にのぼる。着々と完成に近づくなか、1月29日にも「アーツ千代田3331」(東京・秋葉原)でワークショップが開催された。

 主催者は多摩美術大学出身で「仏アーティスト」のTETTA(29)さん。寺院とつながりの深い檀家(だんか)の家に生まれ、子どもの頃は実家のある鎌倉の寺院で遊んでいたという生粋の「仏像好き」。高校時代に読んだ手塚治虫の漫画「ブッダ」にインスピレーションを受け、仏を専門に表現する美術作家を志した。これまでの作品では、山ほど仏像の絵を描いたり、TETTAさん自身が仏に変装したりしている。

まずは仏像講座から

画像 過去の「仏像顔」写真

 今回ワークショップに参加したのは、TETTAさんのアシスタントや知人の紹介で訪れた20〜30代の女性6人。「友だちがやってて楽しそうだったから」「コスプレ願望があるから」などの理由で参加を決めたそうで、特別仏教や仏像が好きな人はいなかった。普段もネットの情報や紹介をきっかけに「面白そう」と訪ねる人がほとんどで、リピーターも多いという。参加者の3割は男性で、世代は赤ちゃんから80才までと幅広い。

 化粧を始める前にTETTAさんによる仏像講座がある。仏像には「鎌倉大仏」などで有名な「如来」、千手観音像で知られる「菩薩」、如来が怒りを表した「明王」、仏教に帰依したインドの神々「天部」の4種類があり、ワークショップではもちろん三十三間堂の千手観音立像と同じ菩薩の顔を目指して化粧を施す。現存している仏像は装飾がはげてしまっているが、菩薩は本来「派手派手」なので濃いメイクが必要らしい。

 仏像のイラストをもとに「仏像顔」となるポイントがレクチャーされる。仏像の眉間にある丸い膨らみ「百毫(びゃくごう)」を付け、瞑想中の「三昧(さんまい)の目」をする。すると目は半開きで、TETTAさんいわく「イッちゃってる風」だが、これでOK。口元は少しだけ微笑み「アルカイックスマイル」に。あとは「合掌」などのポーズを取れば、大体仏像顔の完成となる。

 講義は1時間あり、TETTAさん流の仏像鑑賞法を教えてくれる。「セーラームーンに似ている菩薩がある」「明王の周りには炎が描かれているけど、これってスーパーサイヤ人っぽい」「仏の唇はぽってりしていて、今流行りのアヒル口に似てる」など、意外な事実のオンパレードで飽きずに楽しめた。これを知っておけば、観光などで寺院へ行っても違う楽しみ方ができそう。思わぬ豆知識が増えてうれしい。さあ、ここまで学んだところでいよいよメイク開始だ。


画像 これが「仏顔」だそうだ
画像 仏様の基本姿勢はちょっと猫背
画像 お決まりの「合掌」のポーズ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」