ニュース
» 2012年03月16日 15時45分 公開

もう「犯人はヤス」を見なくて済む? 「ネタバレ防止」をマジメに研究するインタラクション2012

インターネットはネタバレの宝庫。だがもしも、フィルタリングによってネタバレをすべてシャットアウトすることができたら――。

[池谷勇人,ITmedia]

 日本代表が2-0で勝利! 犯人は○○! ――など、誰しも一度や二度はこうした「ネタバレ」にネットで遭遇し、がっかりしてしまった経験があるはずだ。

 そんな悲劇が起こる前に、フィルタリングによってネタバレを防ぐことはできないだろうか? 京都大学の中村聡史さんと、信州大学の小松孝徳さんによる共同研究「スポーツの勝敗にまつわるネタバレ防止手法の検討」は、そんな「悲しいネタバレ」から私たちを守ってくれる研究だ。

画像 開催中の「インタラクション2012」で発表を行った、京都大学の中村聡史さん

画像画像 楽しみにしていた試合や作品の結末をバラされてしまい、悲しい思いをした経験。あなたにもありませんか?

 そうは言っても、どうやってネタバレを防げばいいのか。中村さんは4種類のネタバレ防止手法を提案する。

  • 非表示:ネタバレと思われるものをすべて消してしまう
  • 墨塗り:ネタバレの部分だけを黒く塗りつぶしてしまう
  • 木の葉を隠すなら森の中:嘘情報を大量に紛れ込ませることでどれが本当か分からなくしてしまう
  • 結果反転:正しい情報と正反対の情報を紛れ込ませることで、どちらが本当か分からなくしてしまう

 中村さんはこれらの機能を拡張機能としてFirefoxに組み込み、「ネタバレ防止ブラウザ」のプロトタイプを作成した。フィルタリングは単語と更新日時によって行い、ネタバレに相当するものを見つけると自動で隠してくれる。隠す方法は上記4つから好きなものを選ぶことができる。

画像画像 中村さんが提案した4つの「ネタバレ防止手法」。「木の葉」「結果反転」はかなりカオスな結果に……

 実験では架空のスポーツニュースポータルを立ち上げ、被験者には「重大なニュースがあるらしいぞ」ということを伝えた上で、そのポータルにアクセスしてもらった。被験者はネタバレ防止機能を使いながら、ネタバレを避けつつ、重大なニュースとは何かを把握する。その後、上記4手法について安心感、有効性などを調査した。

 中村さんによると、実験の結果「非表示」「墨塗り」は評価が高かったが、「木の葉」と「結果反転」はそれほどでもなかったという。ただ、「木の葉」「結果反転」は安心感の評価が低かったものの、試合結果については間違えて回答している人が多く、「正しい情報がどれか分からなくする」という効果は大きいとのこと。「毎日試合があるようなものには向かないが、ここぞという試合に対しては効果的かもしれない」と中村さんは分析する。また、基本的にスポーツに興味が高い人ほどネタバレ防止への需要が高かったそうだ。

画像画像 実験用のニュースポータルにフィルタをかけたところ。左の写真は、ネタバレを塗りつぶしてしまう「墨塗り」、右は結果を反転させてしまう「結果反転」

 今の段階でも、スポーツについてはかなりの精度でネタバレを防ぐことができているようだ。今後はスポーツとネタバレの関係について調査を深めつつ、スポーツ以外のネタバレにも対応させていきたいという。

 スポーツのように勝敗がはっきりしているものはフィルタリングが容易だが、映画や小説などの場合は、どうやってネタバレだと判別するかが難しい。またスポーツの場合でも、例えば「『ニッポンやったぞ』道頓堀川にサポーターがダイブ」のような見出しは、現状のシステムでは検出から漏れてしまう。今後はこうした部分も含め、検出精度を向上させていくのも課題のひとつだ。

 ネットの普及は情報の収集・発信を容易にしたが、その分意図せずネタバレを「踏んで」しまったり、逆に自分がネタバレの発信源になってしまうことも多くなった。もしも完璧にネタバレを防止できるブラウザが完成すれば、誰もが安心してインターネットを楽しめる未来に、また一歩近づくことができるかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」