皮アリ皮ナシ、どっちがお好き? ウワサの「自販機りんご」を食べてみた

これからはコーヒーのかわりにりんごを! 都営三田線水道橋駅に新しく設置された、りんごの自動販売機を試してみた。

» 2012年04月09日 15時03分 公開
[ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 僕がよく利用している、都営三田線水道橋駅に、4月1日から「りんごの自動販売機」が設置されたらしい。(関連記事:ちょうどシャキシャキのが食べたかったんだよね〜 水道橋駅に「りんごの自販機」登場

 りんごの自販機! そういえば、自販機でシャキシャキの果物が買えたらいいなと前々から思っていた。ジュースやコーヒーのかわりに、フレッシュなリンゴを摂るようにすれば僕の食生活も少しは健康的になりそうだ。

 というわけで、どんな感じなのか見に行ってきました。ホントに自販機でシャキシャキのリンゴが買えるの?

ホントにあった! りんご自販機

 りんごの自販機が設置されているのは、都営三田線水道橋駅のB2Fホーム。一体どんなふうに置かれてるんだろう、と思いながらホームを進んでいくと……あった!

画像 他の自販機と合体していて、一瞬気づかなかった

画像 中にはりんごのパックがキレイに並んでいた

 りんご自販機は三田線ホームの中ごろにあった。まだ4月1日に設置されたばかりとあって、通りすがりの高校生が「こんなのあったっけ?」「すげぇ!」などとストレートな感想を言い合っている。

 販売されているのは、皮むきタイプと皮付きタイプの2種類。価格はどちらも190円で、1/8にカットされたりんごが4切れずつ入っている。つまり、190円でりんご半個分。スーパーなどで買うよりは割高で、ライバルはコンビニのカットフルーツといったところかもしれない。

 買うときはお金を入れ、右側のパネルで番号を選ぶ。上から出てきたテーブルがりんごをキャッチし、取り出し口へと運ぶ。


 取り出し口に手を入れ、袋を手にとってみるとひんやり冷たい。せっかくなので皮むき、皮付き両方購入。380円。さて、見た感じはシャキシャキっぽいが、果たして味の方はいかに?

画像 買えた!(当たり前)

ホントにシャキシャキ!

 ホントはその場で食べたかったが、みんなの感想も聞きたかったので、編集部へ持ち帰って食べることに。袋を開けて、お皿に並べていると「なんだなんだ」と人が集まってきた。

画像 左が皮むきタイプ、右が皮付きタイプ。りんごは「ふじ」を使用

画像 お皿に並べてみた。右は比較用にスーパーで買ってきたふじりんご

 カットしてからけっこう時間が経っているはずなのに、見た目は新鮮そのもの。切り口が茶色くなっていないのは、表面をビタミンCと炭酸カルシウムでコーティングしてあるかららしい。

 ドキドキしながら口へ運ぶと、「シャクッ」という元気な歯ごたえ。奥歯で噛むと、たっぷりの果汁が舌の上にじゅわっ吹き出してきた。あ、これ、おいしい! ほとんどカットしたてのようなみずみずしさ。あと、リンゴってもっと酸っぱくなかったっけ?

画像 さっきカットしました、と言っても分からないと思う

画像 中は果汁たっぷりで新鮮そのもの。確かにシャキシャキ!

 他の編集部員にも食べさせてみると、やっぱり「シャキシャキ!」、「甘い!」という感想が多かった。りんご好きな笹山記者によると、「ふじりんごは甘いのが特徴なんですよ」とのことだった。へー。

画像 りんご好きな笹山記者も「シャキシャキですね」と満足

画像 編集長にも食べてもらいました

画像 「おいふいでふね」と宮本記者もモグモグ

 そんなこんなで、8切れあったりんごはアッと言う間に編集部員たちの胃の中へ。そこそこ食べ応えがあって、それでいて一袋わずか42kcalというヘルシーさも嬉しい。

 お値段はちょっと高めだが、出先で手軽に新鮮なフルーツを摂取できるのは大きな魅力。今回のように家や会社へ持ち帰ってもいいし、カット済みで生ゴミも出ないため、電車を待つ間、コーヒーを飲むような感覚で食べてもいい。これがもっとあちこちに設置されていたら、食生活がちょっと変わりそうだ。

 りんご自販機は、都営三田線水道橋駅のほか、東京メトロ丸ノ内線霞ヶ関駅にも昨年から設置されているそう。見かけた際にはぜひお試しあれ。

関連キーワード

自動販売機 | 食生活 | 霞が関 | Apple | 地下鉄


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」