ニュース
» 2012年05月09日 11時00分 公開

お経とダンスミュージックが融合! 現役住職の音楽ユニット「TARIKI ECHO」目指すは「お経の一般化」

浄土真宗の現役住職による異色の音楽ユニットが注目を集めている。意外と(?)仏教界、音楽界から評価の高い彼らに、活動の背景と展望を聞いた。

[岡徳之,ITmedia]

 いま現役の住職コンビが注目を集めている。ひとりは釈一平さん、島根県にある龍教寺というお寺の住職だ。もうひとりは釈明覚さん、埼玉県にある善巧寺の住職だ。彼らが注目を集めているのには理由がある。その異色な職業だ。この2人、現役住職とは異なるもう1つの顔を持っている。それがダンスミュージックユニット「TARIKI ECHO」だ。

 彼らの楽曲には確かにお経が登場する。そして意外とハマっているのだ。どうしてお経とダンスミュージックを掛け合わせることを思いついたのか、仏教界のタブーには当たらないのか。インタビューしてきた。

ヘルメットと袈裟が特徴的なTARIKI ECHO

きっかけは放課後のセッション

 釈一平さんと釈明覚さんが出会ったのは、東京都中央区築地にある築地本願寺。同寺にある住職志望の学生が通う夜間の学校、東京仏教学院だった。学院では、インド仏教、中国仏教、日本仏教、お経を朗唱する声明など、住職になるための知識や作法を座学・実践で学ぶ。音楽の授業もあり、築地本願寺にはピアノが置いてあった。出会う前からバンド活動をやっていた2人は音楽を通じて意気投合。学生も先生も帰った放課後の音楽室で、警備員に追い出されるまで2人でセッションをしていたそうだ。

 セッションをしているうちに「音楽とお経を組み合わせてみようぜ」という話になり、学生のみが参加するお寺の仏教青年会で、仏教讃歌のハウスバージョンを演奏。「もし先生に聞かれてたら怒られていたと思う」と釈明覚さんは当時を苦笑いで振り返る。半分悪ノリで始めたこのころのバンド活動が、のちに生まれるTARIKI ECHOのルーツとなった。

出会いから20年後、TARIKI ECHO結成

 学院で意気投合した2人だが、卒業後は別々の道に進んだ。釈一平さんは祖父が務めていた島根県龍教寺の住職に。しかし、お寺周辺が過疎地のため、現在は東京に移住して親戚のお寺を手伝いながら、キーボード演奏、楽曲提供などアーティストとして活動している。一方、釈明覚さんは卒業後、お経の節や雅楽を学ぶための学校に通った。その後、京都本願寺などでの勤務を経て、埼玉県にある善巧寺の住職を務めている。

 かたや音楽のプロとして、音楽センスと制作スキルを磨いた釈一平さんと、かたやお経のプロとして経験を積んだ釈明覚さん。そんな2人が東京で再開する機会があり、TARIKI ECHOの結成に至る。「学校の音楽室で弾いていたときは“ネタ”“おふざけ”の域を出なかった。いまだからこそうまく合わさった」と、釈明覚さんは20年の過程を語った。

左:島根県にある龍教寺の住職・釈一平さん 右:埼玉県にある善巧寺の住職・釈明覚さん

「お経は気味が悪い」――そうじゃない

 釈一平さんは東京仏教学院に入学する前、東京のいわゆる一般家庭で育った。これが普通の感覚だと思うが、と前置きした上で「宗教とか気持ち悪い。お経は気味が悪い。なめていた」という。しかし、本格的にお経を学ぶうちにその魅力に気づき「お経とは縁遠い方にもっと聞いてほしい」と思うようになったという。お経といえば、一定の暗い音程で唱えられるものという印象を持たれているが、中には独特の節まわしで“メロディアス”なものもあるそう。また、歌詞(=お経)には「仏様がいるから大丈夫。あなたの未来は決して暗いものじゃない」という前向きなメッセージが込められている。「西洋音楽はもちろんかっこいい。しかし、お経には日本古来のもののおもしろさを発見できる」と釈明覚さんは言う。

意外な仏教界からの反応

 釈明覚さんは、お寺での御法話会にくる業界の先輩方にTARIKI ECHOの楽曲を聴かせてみたそうだ。「お経に触れるよいきっかけになるのでは」と、意外に(?)反応はよかった。この「お経×ダンスミュージック」という新ジャンルを、ヘビーメタルや、ロックンロールと同じ地位にまで引き上げていきたいと2人は語る。目指すは年末のNHK紅白歌合戦。「音楽を通じてお経を一般化させる」――高い志をもった彼らのメロディアスなお経が、街中で聴こえてくる日は近いかもしれない。

音楽を通じてお経の一般化を目指す2人

関連キーワード

音楽 | お寺 | ダンス | NHK紅白歌合戦


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」