ニュース
» 2012年05月31日 11時14分 公開

ギークだらけのシェアハウス「ギークハウス」に潜入してきた意外にも(?)健康的(1/2 ページ)

ギーク(技術オタク)のためのシェアハウス「ギークハウス」を訪れた。ギークが10人集まった住まいは一体どんなところなのだろうか……?

[池田園子,ITmedia]

 「シェア」という概念が広がりつつある近年、シェアハウスに住む人が増え、さまざまなメディアでシェアハウス特集が組まれるようにもなった。シェアハウスといっても、すべてをひとくくりにするのは難しく、多種多様なテーマを持ったシェアハウスがあるようだ。ただ暮らしをともにするだけではなく、住人みんなでクリエイティブな活動をしている個性的な「ギークハウス」を訪ねてみた。

 ギークハウスは、ネットやコンピュータが好きな人が集まった、ギーク(技術オタク)向けのシェアハウス。各地にあり、「ギークハウスプロジェクト」と呼ばれるプロジェクトのもと、それぞれが独立した形で運営されている。

玄関には男ものの靴が大量に

 今回訪れたのは、東急東横線・新丸子駅(神奈川県川崎市)から徒歩8分ほどの距離にある「ギークハウス新丸子」。団地の一角にある一軒家は一見すると普通の家だ。中からは男子たちの楽しそうな声が聞こえてくる。出迎えてくれたのは運営者である小出俊夫さん。玄関には男ものの靴が大量に並んでいる。さぞかし“男所帯的なごちゃごちゃ感”があるに違いない――おそるおそる部屋へ上がってみたら、拍子抜けするほどにキレイに片付いていた。

住人はWebデザイナーやプログラマー

「ギークハウス新丸子」を運営する小出俊夫さん

 早速ギークハウスの住人と対面。ギークというくらいだし、やはりプログラマーや開発者などの“Web男子”ばかりなのだろうか。おじゃましたのは平日の午後7時過ぎで、ほとんどの住人が居間に集まっていた。Webデザイナー、プログラマー、電気メーカーの研究者、ニート(!)など、実に多種多様な顔ぶれ。合計10人の男子は19歳から30代半ばまでで、平均年齢は28歳と若め。

 定員10人なので現在は満室という人気っぷり。入居条件は厳しくはなく「日本語か英語を話せて、意思疎通ができる」ことくらい。外国人でもコミュニケーションが取れる人ならOK。適度に英語のできる住人が多く、「外国の人がいると英語が勉強できて嬉しい」という前向きな考えだ。実は職業も関係なく、現にニート男子もいる。ギークハウスでITのスキルを身に付けて職に就いた人も、過去にたくさんいたのだとか。家賃は3万5000円、共益費は別途1万円。これでスキルをゲットできるなんて安すぎる。

「主夫」のおかげで男所帯でもきれい

 ギークハウス新丸子は一軒家の1階のみを使っていて、2階は普通の賃貸。1階は部屋が5つ(広さは8畳以上)あり、うち2部屋は寝室。寝室に入ってみると、懐かしの2段ベッドが並んでおり、林間学校を思い出す。4人部屋と6人部屋とに分かれていて、特に6人部屋はTHE・男というにおいが漂っていた。体育系部活動の部室を思い出すにおいかも。残りは和室、居間、キッチンとつながったフローリングの部屋で、皆は主に居間と和室に集まってPCをいじっている。食事は居間に集まって取ることが多い。

林間学校を思い起こさせる寝室。この日はメイドさんも訪問していた

 キッチンで料理を作っているのはもちろん男子。現在ニートで「主夫業」はすべて彼が担当している。「主夫がいないと生活が回らない」と皆から感謝されている存在だ。男子が10人住んでいても髪の毛ひとつ落ちていないのは、毎日掃除されているからこそ。風呂場や脱衣所、トイレ、洗面所もすべて見せてもらったが、お母さんが掃除してくれているかのように、キレイに整えられている。ギークは部屋が汚そうというイメージが一新された。「ここはギークハウスに革命をもたらす(キレイさだと思う)」と小出さん。

「主夫」のおかげできれいに片付いている
みんなで食事

 この日の夕食はそうめん。食べっぷりの良い男子が10人もいるので、麺を上げているザルはかなり巨大。この日は遊びに来ている女子もいたので、さらにたくさん作った様子だった。来客は基本的には招待制だが、何らかの関係者であれば午後11時まで訪れることができる。

 皆すごい勢いでそうめんをおいしいおいしいと食していた。ほかのギークハウスは、カップ麺などで簡素に食事を済ませるところもあるが、こちらはかなり健康的な食事である。ホームベーカリーを使った焼き立てパンが食卓に並ぶことも。その場合、主夫氏は早朝5時ごろから活動を始める。

開発や勉強会などギークらしい活動

 ギークハウスらしい活動についても聞いてみた。まだ公開できないそうだが、現在住人たちで、それぞれの得意分野(言語)やスキルを生かしたWebサービスを開発中という。いくつものサービス案ができてはつぶれを繰り返し、常にブラッシュアップしている。来月お披露目の予定だ。

住人が集まってPCをいじっている和室(左)。本棚には開発関連の本(中央)のほか、カレーの本などもある

 グループを組んでプロジェクトを手がけたり、コンペに応募することも。クックパッドが主催する開発コンテストに出た住人もいる。交流の深い「ギークハウス武蔵小杉」に集合し、24時間でサービスを立ち上げる企画をやったこともある。そこで5件のWebサービスが生まれ、うち1つは小出さん作。「添い寝アプリ」を作った人もいた。

 外部の人を呼んでプログラミング関係の勉強会を毎月開くなど、積極的にスキルアップを図っているのもギークハウスっぽい。こうした勉強会は「(ギークハウスが)気になるけど、何もないのに行って良いかどうか分からない」という人が訪れるきっかけになる。勉強会にも色々あり、第1回目は「通貨の作り方」だった。ほかには「カレーの作り方」「女教師ファッションについて」などさまざま。住人のつてで来る人や、来たいという人に「講師やって」と頼むこともあるとか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」