ニュース
» 2012年07月09日 16時11分 公開

14ユーロ(1400円)のプリクラに行列 マンガ・アニメだけじゃない「Japan Expo」欧州のオタクが熱い視線

今年で13回目のJapan Expo。展開内容はマンガ・アニメに限らず、野球のバッティング体験コーナーあり、折り紙ありと、多岐に渡る。

[坂井拓也,ITmedia]

 欧州最大の日本文化イベント「Japan Expo」が7月5日〜8日にパリで開催された。規模は年々拡大しており、13回目の今年は主催者の事前発表では4日間でのべ20万人の来場を見込んでいるとのことだった。日本と比べ最新のマンガやアニメのグッズを手に入れるのが難しい欧州のオタクにとって、Japan Expoは重要な機会となっている。

 特にフランス語圏のスイスやベルギーからの来場者も多いようで、欧州におけるJapan Expoの影響力はますます拡大しているように感じた。また、今年はフランスの長期休暇期間と重なって開催されていたため、小さい子どもの手を引く親子連れや、家族連れなど老若男女幅広い層のお客さんが見られた。

画像

 今年は「ももいろクローバーZ」「きゃりーぱみゅぱみゅ」といった日本で人気のアーティストや、「20世紀少年」「YAWARA!」「MONSTER」などで知られるマンガ家・浦沢直樹さん、「ロックマン」などを手がけた人気ゲームクリエイターの稲船敬二さんなど豪華ゲストが招かれイベントを盛り上げた。

 当初は、マンガ・アニメグッズなど物販を中心に行われていたこのイベントだが、今年は日本の文化や風土を紹介する様々なブースが見られた。例えば、日本のプリクラ機を並べたコーナーもあり、順番を待つ来場者たちでごった返していた。驚きなのはプリクラの価格。なんと1回14ユーロ(約1400円)! 日本のおよそ3〜5倍という値段設定にも関わらず、盛況だった。

画像
画像

 フランス人が主催するサークル「Bulle Japon(気泡日本)」では、「鉄腕アトムを作った博士の名前は?」という日本人にはおなじみのものから、「『化物語』の戦場ヶ原ひたぎが体に隠し持っているものは?」といった少しマニアックなものまで、新旧のアニメの知識を問うクイズが行われていた。このほかには、「カタカナで自分の名前を書いてみよう」といった文化的な講習も行っていた。

画像 Bulle Japon
画像 Bulle Japon
画像 Bulle Japon
画像 Bulle Japon

 日本でも野球用品を展開するファイテンとパリを拠点に活動する野球チーム「パリ・パトリオッツ」が主催するブースでは、専用マシーンでバッティングを体験できるようになっていた。「H2」などの野球マンガをきっかけに野球に興味を持つフランス人が増えているのだとか。また、かつて元阪神タイガースの吉田義男氏が野球フランス代表監督だったこともあり、彼らは阪神の熱狂的ファンだという。

画像 バッティングが体験できる

画像
画像

 「Tengumi」という団体は折り紙体験ブースを展開していた。広島の平和を祈念して折られた折鶴は、Japan Expo最終日のお昼時点で2760羽に達していた。鶴を折るフランス人の目は真剣そのものだ。

画像

 マンガ・アニメ文化にとどまらず様々な日本文化が紹介されているJapan Expo。これら以外にも囲碁や禅、合気道、剣道などの体験スペースも用意されていた。フランス人が日本の何かに関心を持ち、マンガ・アニメに続く日本ブームは生まれるか? かつてフランスの芸術界で浮世絵が流行したようにさらなる文化交流を期待したい。

著者紹介

坂井拓也 SAKAI Takuya

大学院にて、日本とフランスのマンガ文化の研究を行う傍ら、フランスにおける日本のポップカルチャーについてなどの記事を執筆している。Twitterは@ahYouthfuldays、ブログはJapan.fr


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」