ニュース
» 2012年07月20日 19時27分 公開

法話が心にしみわたる! 本物のお坊さんがもてなす「坊主バー」の魅力を探った(1/2 ページ)

本物のお坊さんがバーテンダーを務めるバー「VOWZ BAR」が人気だ。一体どんなお店なのか――実際に潜入して、疲れた現代人へのアドバイスも聞いてきた。

[鉢須祐子,ITmedia]

 最近、密かな「お坊さんブーム」が来ていることをご存知だろうか。例えば、現在発売中の「美坊主図鑑」は1万部を超える売り上げを誇っており、癒しを求める女性に特に人気があるという。また、お坊さんのバンドが登場したり、フリーペーパーを編集・発行するなど、お寺の外での活動が活発になってきている。

 流行的な動きを尻目に、2000年から変わらず続いているお坊さんのバー「VOWZ BAR(坊主バー)」が新宿区荒木町にある。四谷三丁目駅から徒歩3分ほどの、飲食店がひしめく車力門通り沿いの店だ。ここにはサラリーマンやOLはもちろん、バーを目当てに泊まりがけで来る客や、海外メディアを見て興味を持った外国人が連日訪れている。彼らが魅了され、足を運ぶのはなぜか。潜入取材してみた。

 店の外観は時代を感じさせる雰囲気。ほっと安心できるような空気が漂っている。細い階段を上がり2階へ行くと、左手に店の扉がある。扉の左上に「檀家制」というプレートが設置されているなど、ちょっとした遊び心も感じられる。もちろん、檀家でなくても利用可能だ。

 扉を開けてみると、落ち着いた照明の店内が視界に広がる。カウンター席とテーブル席があり、テーブル席の一部は畳に腰掛けることができる。お坊さんが経営するバーだけあって、和のテイストで統一されている。お賽銭箱や仏壇、曼荼羅や仏教に関するグッズなどが置かれているのもポイント。店内の奥にある仏壇では、営業開始前や営業中にお坊さんがお経をあげている。

 店に立つのは、全員僧侶。バーは浄土真宗の僧侶によって運営されているが、他宗派の僧侶も在籍している。お坊さんがお酒をふるまう、というと「宗教的に大丈夫なのだろうか」と感じる読者もいるかもしれない。宗派によって戒律の厳しさはまちまちであり、ここで働くお坊さんが所属している宗派ではバーでの給仕について特に問題はないとのこと。

 彼らが坊主バーで働くようになったきっかけは、客としてお店を訪れたり口コミで店のことを知ったりしたこと。最近は寺で人生相談を受ける機会が減っており、バーテンダーとして店に立つことで実践の場を増やすことができるという想いがある。実際、坊主バーに訪れる客としても、悩みや想いを受け止めてほしいというニーズがあり足を運ぶケースも多い。

 まずは1杯、と思いメニューを持って来てもらった。さすが僧侶の店、メニューがお経冊子スタイルになっている。バースタッフのアイディアで、お経のように全メニューが書かれているページもあり、面白い。

右:坊主バーならではのメニュー 左:すべてメニュー。当て字が面白い
カクテル「極楽浄土」

 ここに来たら注文しておきたいのは、やはりオリジナルカクテル。ネーミングは仏教の教えからつけられており、人気なのは「極楽浄土」「愛欲地獄」など。取材当時、悲しい出来事続きで落ち込み気味であった筆者は、明るい未来の訪れを信じたいという強い気持ちから「極楽浄土」をオーダー。フルーティでウキウキするような味が口いっぱいに広がり、アルコールのほろよい効果も相まって、ふわふわと幸せな気持ちに酔いしれることができた。

 ちなみに、唐辛子ウォッカベースの「灼熱地獄」はお好みにあわせて辛さを調整してくれる。日頃の行いを悔い改めたいとき、灼熱地獄を舌で味わってみてはいかがだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」