ニュース
» 2012年11月20日 16時57分 公開

レゴで作った「飛び出す東大寺」に海外から絶賛の声 「これはLEGOに見せるべき」

世界よ――これがレゴだ。

[ITmedia]

 2つ折りになった土台を開くと、中から立体的な東大寺が――。まるで飛び出す絵本のようなレゴ作品が、海外ですごいと話題になっています。制作者は日本人のようで、これまでに「レゴで飛び出る東大寺」と、「レゴで飛び出る金閣寺」の2作品をYouTubeに投稿しています。

画像 折りたたまれた土台

画像 折りたたまれた土台

画像 自動的に膨らんで立体的なお寺へ!

 土台はビデオテープのパッケージのような構造になっており、ゆっくり開いていくと、中に収まっていたお寺のパーツが自動的に起き上がり、立体的な寺を作り上げます。動画の最後には作り方の図解も収められており、ちゃんとすべてレゴで作られていることが分かります。

画像 金閣寺もバラバラだったパーツが集まり――

画像 ガッシャーン! 素晴らしいギミック!

 お寺の内部もしっかりと作り込まれています。東大寺の中にはもちろん大仏もいて、窓からのぞける仕組みに。お寺の周囲もしっかり再現され、金閣寺の周りには記念撮影をする観光客がいたり、池から松の木が生えていたりします。折りたたみ式というだけでもすごいのに、細部でも喜ばせてくれるこだわりには脱帽です。

画像 東大寺を窓からのぞくと大仏が

画像 観光客までいます

 東大寺は1週間前に、金閣寺は2009年にYouTubeで公開され、どちらもここ1週間で海外の方から多くのコメントが付けられています。

 「黙ってオレの金をもっていってくれ!」「ブロックの旅から帰ってきたやつはいるかい?」という作品に魅せられた声から、「LEGOに見せるべきだよ……彼らが製品化してくれる」というLEGO好きの支持の声まで、内容はさまざま。制作者が日本人と言うことで「アジア人はクレイジーだぜ」的なコメントも多く見られました。

関連キーワード

LEGO | お寺 | 海外 | YouTube | 折りたたみ | 動画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた