ニュース
» 2012年12月20日 09時00分 公開

「2012年12月21日、世界は滅びない」 NASA、滅亡説への反論

さあ来年が待ってる。

[ITmedia]
Credit: NASA/NOAA/GSFC/Suomi NPP/VIIRS/Norman Kuring

 一部で根強く信じられている、2012年12月21日に人類が滅亡するという説。米政府はこれに反論しています。

 滅亡説の根拠とされているのが、マヤ文明の暦の最後の日が2012年12月21日となっていること。この説を受けて、米航空宇宙局(NASA)には世界滅亡を心配する人たちから数千通の手紙が届いたとか。

 米政府は12月上旬に「2012年に世界が滅亡するといううわさはただのうわさ」とするエントリーを公式ブログに掲載し、「2012年12月21日にも、2012年のどの日にも世界は終わらない」と断言。「2003年に惑星が衝突するといううわさがあったが、何事もなく2004年になったときに、そのうわさは2012年に変わった。次の滅亡説は何年だろうか」

 NASAではこの件について詳しいQ&Aをまとめており、マヤの暦が2012年12月21日で終わることについて、1つのサイクルの終わりにすぎないと説明しています。現在のカレンダーが12月31日で終わって、次の日から新しい年が始まるように、12月21日の次に新たなサイクルだけとのこと。

昨年ねとらぼ編集長がマヤ文明の遺跡、ククルカンの神殿で撮影した写真(「2012年、人類滅亡するってホント? 観光ついでに現地の人に聞いてみた」より)

 NASAによれば、2012年地球滅亡説が始まったのは、シュメール人が発見したと言われている「ニビル」(「惑星X」とも言われる)という未知の惑星が地球に衝突するといううわさ。初めは2003年5月に衝突すると予想されていたけれど何も起きなかったので、マヤ暦と結びつけられて2012年12月に“繰り上げ”になったということです。NASAは、このような惑星が地球衝突コースを進んでいるのなら、少なくとも10年前から天文学者がとらえていたはずだとし、衝突説を「ネットのデマ」と一蹴しています。

 ちなみに惑星衝突説では「Eris」という惑星もよく出てきますが、Erisは実在するものの、冥王星に似た準惑星で太陽系外にあり、最も地球に近づいた場合でも40億マイルほど離れているとか。

探査機がとらえたソーラーフレア(Credit: NASA/SOHO)

 地球滅亡説ではほかにも惑星直列やポールシフト、隕石、太陽嵐などいろいろと原因が挙げられていますが、NASAは1つずつ否定しています。惑星直列とポールシフトは2012年に起きることはないし、起きたとしても地球に害はないとしています。またNASAの調査では、恐竜を滅ぼしたくらいの規模の、脅威となる隕石はないとのこと。太陽嵐は11年サイクルで極大期を迎え、実は2012〜2014年がそれに当たるのですが、衛星通信に影響が出るくらいだそうです。

 「NASAの科学者は2012年に世界が終わるという主張をどう思っているのか」――この質問に対して、NASAはこう答えています。「どこに科学があるのか? どこに証拠があるのか? そんなものはない。本や映画やドキュメンタリーやネットで作り事の滅亡説が語られているが、この単純な事実は変えられない。2012年12月に異常な出来事が起きるという主張に信頼できる証拠はない」

NASAが公開した「世界は終わらない」というメッセージ動画

関連キーワード

2012 | NASA | 惑星 | 地球 | 宇宙


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」