ニュース
» 2012年12月20日 09時00分 公開

「2012年12月21日、世界は滅びない」 NASA、滅亡説への反論

さあ来年が待ってる。

[ITmedia]
Credit: NASA/NOAA/GSFC/Suomi NPP/VIIRS/Norman Kuring

 一部で根強く信じられている、2012年12月21日に人類が滅亡するという説。米政府はこれに反論しています。

 滅亡説の根拠とされているのが、マヤ文明の暦の最後の日が2012年12月21日となっていること。この説を受けて、米航空宇宙局(NASA)には世界滅亡を心配する人たちから数千通の手紙が届いたとか。

 米政府は12月上旬に「2012年に世界が滅亡するといううわさはただのうわさ」とするエントリーを公式ブログに掲載し、「2012年12月21日にも、2012年のどの日にも世界は終わらない」と断言。「2003年に惑星が衝突するといううわさがあったが、何事もなく2004年になったときに、そのうわさは2012年に変わった。次の滅亡説は何年だろうか」

 NASAではこの件について詳しいQ&Aをまとめており、マヤの暦が2012年12月21日で終わることについて、1つのサイクルの終わりにすぎないと説明しています。現在のカレンダーが12月31日で終わって、次の日から新しい年が始まるように、12月21日の次に新たなサイクルだけとのこと。

昨年ねとらぼ編集長がマヤ文明の遺跡、ククルカンの神殿で撮影した写真(「2012年、人類滅亡するってホント? 観光ついでに現地の人に聞いてみた」より)

 NASAによれば、2012年地球滅亡説が始まったのは、シュメール人が発見したと言われている「ニビル」(「惑星X」とも言われる)という未知の惑星が地球に衝突するといううわさ。初めは2003年5月に衝突すると予想されていたけれど何も起きなかったので、マヤ暦と結びつけられて2012年12月に“繰り上げ”になったということです。NASAは、このような惑星が地球衝突コースを進んでいるのなら、少なくとも10年前から天文学者がとらえていたはずだとし、衝突説を「ネットのデマ」と一蹴しています。

 ちなみに惑星衝突説では「Eris」という惑星もよく出てきますが、Erisは実在するものの、冥王星に似た準惑星で太陽系外にあり、最も地球に近づいた場合でも40億マイルほど離れているとか。

探査機がとらえたソーラーフレア(Credit: NASA/SOHO)

 地球滅亡説ではほかにも惑星直列やポールシフト、隕石、太陽嵐などいろいろと原因が挙げられていますが、NASAは1つずつ否定しています。惑星直列とポールシフトは2012年に起きることはないし、起きたとしても地球に害はないとしています。またNASAの調査では、恐竜を滅ぼしたくらいの規模の、脅威となる隕石はないとのこと。太陽嵐は11年サイクルで極大期を迎え、実は2012〜2014年がそれに当たるのですが、衛星通信に影響が出るくらいだそうです。

 「NASAの科学者は2012年に世界が終わるという主張をどう思っているのか」――この質問に対して、NASAはこう答えています。「どこに科学があるのか? どこに証拠があるのか? そんなものはない。本や映画やドキュメンタリーやネットで作り事の滅亡説が語られているが、この単純な事実は変えられない。2012年12月に異常な出来事が起きるという主張に信頼できる証拠はない」

NASAが公開した「世界は終わらない」というメッセージ動画

関連キーワード

2012 | NASA | 惑星 | 地球 | 宇宙


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン