ニュース
» 2013年01月11日 20時50分 公開

作り込みと手間が半端ない……! 手作りの短編アニメプロジェクトがすごい

セル画を重ねてアニメを撮影するのと同じように、紙とガラスとカメラで作る短編アニメ映画が制作中。手間暇かかってます。

[ITmedia]

 デジタル時代に、あえてアニメを“手作り”する、そんなプロジェクトが進んでいます。

Astigmatismo(astigmatismo-shortfilm.comより)

 このプロジェクトは、紙で作ったキャラクターと撮影台を使って短編アニメ映画「Astigmatismo」を制作することを目指しています。スペインでイラストやアニメ、ゲームなどを手がけるNicolai Troshinskyさんによるものです。

 セル画を重ねてアニメを撮影するのと同じように、紙に書いて切り取ったキャラクターや背景をガラス板の上に置いて、それを何層も重ねて1コマずつ撮影していきます。撮影台は手作りで高さ2.7メートル、5層に及びます。単に紙のキャラクターを置くだけではなく、ガラスに直接絵を描き足して細かく作り込んでいます。

撮影台
紙のキャラクターを使う
キャラクターを置いたガラス板を重ねて撮影
撮影台を上から見ると……

 Astigmatismoはメガネをなくしてしまった少年の話。少年は一度に1つのものにしか焦点を合わせることができないため、アニメの中ではさまざまなものがぼやけて見えます。こうした効果は撮影時にライトを使って作り出しており、あとから映像に視覚効果を加えたりはしないそうです。「コンピュータを使った方が安上がりでは?」という質問に、Troshinskyさんは「本物の光のぼかしはデジタルよりも美しい」と答えています。

 既に予告動画が公開されており、手作りアニメのできばえを見ることができます。撮影の様子も映っていて、かなりの手間暇がかかっていることが分かります。

 現在はまだ撮影中で完成時期は分かりませんが、Troshinskyさんは既にAstigmatismoの予約を受け付け中。最安で3ユーロ(映像本編、サウンドトラック、ニュースレターのセット)で、金額によってストーリーボードなどの追加コンテンツが付いてきます。

関連キーワード

撮影 | アニメ | 手作り | 海外


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた