ニュース
» 2013年01月11日 20時50分 公開

作り込みと手間が半端ない……! 手作りの短編アニメプロジェクトがすごい

セル画を重ねてアニメを撮影するのと同じように、紙とガラスとカメラで作る短編アニメ映画が制作中。手間暇かかってます。

[ITmedia]

 デジタル時代に、あえてアニメを“手作り”する、そんなプロジェクトが進んでいます。

Astigmatismo(astigmatismo-shortfilm.comより)

 このプロジェクトは、紙で作ったキャラクターと撮影台を使って短編アニメ映画「Astigmatismo」を制作することを目指しています。スペインでイラストやアニメ、ゲームなどを手がけるNicolai Troshinskyさんによるものです。

 セル画を重ねてアニメを撮影するのと同じように、紙に書いて切り取ったキャラクターや背景をガラス板の上に置いて、それを何層も重ねて1コマずつ撮影していきます。撮影台は手作りで高さ2.7メートル、5層に及びます。単に紙のキャラクターを置くだけではなく、ガラスに直接絵を描き足して細かく作り込んでいます。

撮影台
紙のキャラクターを使う
キャラクターを置いたガラス板を重ねて撮影
撮影台を上から見ると……

 Astigmatismoはメガネをなくしてしまった少年の話。少年は一度に1つのものにしか焦点を合わせることができないため、アニメの中ではさまざまなものがぼやけて見えます。こうした効果は撮影時にライトを使って作り出しており、あとから映像に視覚効果を加えたりはしないそうです。「コンピュータを使った方が安上がりでは?」という質問に、Troshinskyさんは「本物の光のぼかしはデジタルよりも美しい」と答えています。

 既に予告動画が公開されており、手作りアニメのできばえを見ることができます。撮影の様子も映っていて、かなりの手間暇がかかっていることが分かります。

Astigmatismo予告

 現在はまだ撮影中で完成時期は分かりませんが、Troshinskyさんは既にAstigmatismoの予約を受け付け中。最安で3ユーロ(映像本編、サウンドトラック、ニュースレターのセット)で、金額によってストーリーボードなどの追加コンテンツが付いてきます。

関連キーワード

撮影 | アニメ | 手作り | 海外


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響