ニュース
» 2013年01月28日 19時04分 公開

バナナ彫刻で「人生変わった」 バナナから次々と名作生み出す「バナナ彫刻職人」の超絶技巧

まさに職人芸。そしてバナナ彫刻ならではの苦労が。

[石田賀津男 ,ITmedia]

 バナナに人の顔などの彫刻を施す、バナナ彫刻職人「スー」さんこと山田恵輔さん。最近はテレビにも出演されて知名度が上がってきていますが、テレビでは放送時間の都合もあり、制作の様子はあまり伝えられていません。そこで山田さんのお宅にお邪魔して、実際に彫っているところを見せていただきました。

画像 バナナ彫刻職人の山田恵輔さん

 バナナ彫刻をご存知ない方も、写真を見ていただければ一目瞭然です。まずは使用する道具からご紹介します。

画像 彫刻に使う道具はこの3つ。彫刻刀は使いません。

画像 おそらくグレープフルーツ用のスプーン。平べったいのが特徴

画像 2種類ある爪楊枝は、一方が先端を薄く削ってあります

画像 レモン汁。塗ると表面の変色が抑えられる効果が。時間のかかる大作時に使用

画像 バナナとバナナハンガー。「ハンガーは普通、家にありますよね(山田さん)」

 使う道具はこれだけ。早速、バナナを彫っていただきました。

画像 バナナを取ります

画像 バナナをむきます。彫る部分の反対側の皮はむかないで、指で支えながら彫ります

画像 スプーンで表面をならしてツルッとした感じに

画像 削った部分はすぐ食べます。「美味しい」と言い聞かせながら食べるのがコツ

画像 鼻の彫りの部分をスプーンで彫ります

画像 爪楊枝で鼻やほうれい線、口などを描きます

画像 薄くした爪楊枝で口を彫ります

画像 目を描き入れます

画像 静まり返った部屋での繊細な作業はまさに職人芸です

画像 彫ったら食べます

画像 顔の輪郭を削っていきます

画像 どんどん削ります

画像 爪楊枝で細かく修正を加えていきます

画像 これで完成。制作時間は約15分

 バナナに彫刻するというユルい題材からは想像できない、実に真剣かつ繊細な作業でした。まさに職人と呼ぶにふさわしいパフォーマンスで、筆者も「いいもの見せてもらったなあ」と満足感でいっぱいです。

 そんな山田さんに、バナナ彫刻についていろいろ質問してみました。




―― なぜバナナに彫刻しようと思ったのですか?

山田さん 4年くらい前、趣味がなくて、休日にやることがなかったんです。その時にふとリビングに置いてあるバナナが目に付いて、「これをむいて、笑ってる顔が出てきたら面白いんじゃないか」と思って、すぐに削りました。

―― もともと彫刻をやっていたのですか?

山田さん 経験はないです。絵を描くのは好きですが、それだけです。絵といえば当時、自分の絵がどこまで通用するかと思って、pixivに自分が描いた絵を投稿したんです。でも反応がほぼなくて。その時、そういえばバナナを彫ったものがあったなと思って、写真を投稿したんです。本当は立体物は規約違反なんですが、載せたらものすごい反響があって、やってみようと思ったのがきっかけです。

―― どんな時に彫るんですか?

山田さん 落ち着いた時にやります。毎日はきついんです。作り終わったら食べるので。失敗したら1本食べてから次になるので大変です。

―― 作品が完成したら、写真を撮影して、あとは食べるしかないですよね。

山田さん そうですね。6本使って作ったときには本当に大変でした。

―― 家族に食べてもらったら?

山田さん 削ったところから食べていくので、汚い話、唾液でベチャベチャなんです……。

―― 美味しく食べるための秘策はあるんですか?

山田さん バナナを輪切りにしてマヨネーズと和えて、トーストに乗せて焼くと美味しいです。バナナの味に飽きているという話をした時に、他の方に教わったんです。確かに美味しいと思ったんですが、やっぱり最後はバナナの味と、ねっとりした食感で。どこまでいってもバナナなんだなと思って、諦めました。

―― 他の果物とかに彫ってみては?

山田さん 最初に評価してもらったのがバナナに彫るということだったので、次々変えたくないんです。バナナだけを何十年も彫り続けたらどうなるのかなと思っています。それが若干キツくなっていて、やや後悔していますが(笑)。もう変えません。

―― 作品はバナナならではのテカテカした質感が、生き物っぽく見えるのがいいですね。

山田さん これはネットでも賛否両論でした。海外では最初に紹介された時には「すごく気持ち悪いバナナ彫刻」というタイトルでした。作者としては気持ち悪がってくれたほうがありがたいです。

―― バナナ職人を始めてから、生活は変わりましたか?

山田さん 人生が変わりました。日本だけじゃなく、ブラジルのテレビも来ました。ポルトガル語の特派員が通訳と一緒に来て、サッカーのネイマール選手を彫りました。モヒカンが大変でした。放送を見られないので反響は分かりませんが(笑)。

―― 今後、バナナ彫刻職人として何をしたいですか?

山田さん 書籍化したいですね。自分が作ってきたものを形にして残したいんです。もう1つは、極限状態でバナナを彫る"エクストリームバナナ彫刻"です。7月にスペインの牛追い祭りに行って、走りながらバナナを彫りたいんです。絶対に絵として面白いと思うので、一緒に来て撮影してくれる人を募集中です。

―― では最後に。バナナ彫刻の魅力はどこにありますか?

山田さん 正直、暇つぶしで始めたものが、まさか海を越えるとは思っていなかったので、魅力と言われると難しいんですが……。究極に暇で、本当にやることがなくなったら、やってみてください。楽しさが分かると思います。




 これから迎える高齢化社会、老後の楽しみにはぜひバナナ彫刻を。

画像 バナナをむいたら……

画像 顔出てきたー! という一発芸が山田さんの人生を変えました

おまけ:山田さん自薦によるバナナ彫刻の代表作たち

画像

画像

画像

画像

画像 この後、作品たちは全て山田さんが美味しくいただきました

関連キーワード

職人 | 面白い | 趣味 | 芸術


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  5. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/05/news037.jpg 子犬「暑い、むりぃ……」 早朝のお散歩で見せたモフモフワンコの全力な表情が応援したくなる
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する