インタビュー
» 2013年02月18日 10時00分 公開

KDPで電子書籍の稲穂は実ったか(2/3 ページ)

[山本直人,ITmedia]

出版社との交渉「カードはこちらに」

(C)Miso Suzuki (記事のための描き下ろし)

―― 実際にKDPを自分で始めるに当たって、著作全部の出版社に交渉を行ったんですか?

みそ まだすべてには行ってないです。具体的に言うと講談社はまだです。ブルーバックスの2冊(※注4)なんですが、どちらも原作者がいて、その原作者のOKを取らなくてはいけないのと、まだ紙の本として全国で動いているんですよ。電子書籍でもそれなりに売れるとは思いますが、紙の本としてちゃんと売れているものを無理に電子書籍化しなくてもいいだろうと。

―― 本のテーマ的にも、ちょっと読むというより熟読するタイプのものですしね。

みそ 最終的に電子書籍にはしたいんですけどね。講談社というと、電子版の印税が15%というのを僕が「15%かよ!」って声を挙げて話題になったことがありました。あれ、実際は僕が15%、原作が10%の25%だった。その言葉がそのまま拾われてネットに広がっちゃったりしましたが、あれからももう2年たつんですね。まだ契約は結んでないんですが。

―― 他の出版社とは交渉が終わられたわけですか。

みそ はい。各出版社で対応は違いましたが。自家出版するに当たって、エンターブレインと徳間書店は出版社側の取り分は要らないと。エンターブレインの方は、版面データは提供できないので、こちらで配信データをイチから作り直す必要がありましたが、徳間書店は版面データやスキャンデータも使用してよいという返答でした。ただ、徳間書店では将来電子書籍化をこちらでも行うかもしれないというので、その場合は競合しないよう対応してほしいという注文がありました。

―― 双葉社とは金銭面の取り交わしもあったんですよね。

みそ 『アジアを喰う』で当時担当いただいた方が、現在デジタルコンテンツ事業の担当になってました。で、双葉社としてはやはり自社で電子書籍化して併売できる可能性は残してほしいと。逆に独占したいというのであれば、何らかの対価が欲しい――何%か戻せるかということでした。

 そこで僕が提案したのが、先方が提示していた%と同じものを返してやろうと。「これは面白い。交渉カードはこちらにあるんだ」と思いましたね。出版社と一緒に作った本であるというのはもちろん感じているのだけれど、版面権とか著作隣接権とかではなく「著作者が著作料の一部を出版社に戻す」ことにしたんです。この流れが了承されたので、出版にこぎつけることができました。結局30%でということになりましたね。

みそさんの制作環境。

―― 交渉が終わっていよいよ実際の制作に入られるわけですが、出版社単位で条件の違いはありましたか?

みそ 先ほども少し話しましたが、エンターブレインはこちらでイチから作成しました。セリフもイチから打ち直して、表紙も作り直しました。これはデザイナーなどの問題もあるんですが、「イチから全部作ってあれば、作家個人が出版したということで、自由にして頂いて結構です」ということだったんです。なのでKindleのものは、完全に僕個人の刊行物になってます。

―― 徳間書店のものはデータ提供OKということだったので、私の方から提供させていただきました(※注5)。カバー、データ制作のクレジットを残すことで権利をクリアにして頂きましたが、こちらも基本無償。双葉社はどうだったんですか?

みそ 本をスキャンしたものをデータ化したものについては、そのまま配信してよいというOKをもらいました。あとは表紙を作り直すだけなので楽だなと思っていたら、『アジアを喰う』は僕以外の方が書いた文章のページが入ってるので、そこを削除しなきゃいけない。そうするとページの流れが変わっちゃうんで、結局イチから作り直さなくちゃいけなくなりました。編集部から戻ってきていたデータに、1200dpiのネームも貼り込んであるものがあったので、それを使ってまとめ直しました。

―― 製版データですね。今はコミックだと1200dpiの版面データを最終的に出力して、それを印刷用版面にするんですよ。

みそ そうなんですか。もうフィルムで撮ったりじゃないんですね。まぁ実際に電子書籍にするときにはそれを縦1200ピクセルまで落としてるんですが、いったい何分の1だよっていう。実際に配信するデータはPhotoshopで加工する際、JPEGの品質を半分以下に落としていますが、これがどれくらいまで大丈夫なのかは悩みどころです。サイズが大きいとダウンロードの時間も掛かるし、データ通信料として売り上げから引かれる金額も大きいですしね。でも小さくし過ぎると汚くなっちゃうし。

 作品によっては自分でIllustrator上でセリフを貼り込んであるデータもあったりしますが、これもソフトのバージョンアップなどでそのまま使えなかったり。テキストの組みがずれるんですよね。自分自身のデータでも整合性が取れないのに、出版社とかどうしてるんだろうと(笑)

―― 出版社の中でも整合性は取れてないですね(笑) データに抜けがあったりはしょっちゅうですし。ちょっと古いとQuarkとか使ってますから、今のMacだと当時のソフト自体が走らなかったりします。もっともデータ自体を持ってない出版社も多いですが(※注6)

みそ 著作隣接権うんぬんより、その辺りをちゃんとしてほしいですよね(笑)

―― 『限界集落温泉』の配信に当たっては、画像サイズのトラブルとかあったそうですが。

みそ そうなんです。最初、Kindle Paperwhiteで表示確認をしていて、通常のやり方だと周囲に白が出てしまうんですが、ページのHTMLファイルを書き直して、周囲の白が出ないように調整したんですね。タグ打ちなんて久しぶりでしたが、「昔、ホームページ作って良かった!」って思いました(笑)。

 ところがこれをiPadなどで見てみると、画像サイズが不足していて、隅に寄った形で表示される。「しまった!」と急いで作り直しました。でもそのデータを以前のデータと同じバージョンとしてアップしてしまって、同一バージョンなのに違うファイルというおかしなことになってしまった。なので再度アップデートしました。

 Kindleストアではデータをバージョンアップする際に、購入者全員に告知するか、作者の側で必要に応じて告知するか選べるようになっていますが、そのせいでやや混乱した通知が行くかもしれないです。すみません。

―― エンターブレインの本では『銭』などもありますが、そちらの発刊の予定は?

みそ 『銭』はできないんです。すでにエンターブレインで電子書籍化されてるので。『限界集落温泉』の契約では、電子書籍の項目については、「自分でやりたいから外しておいて欲しい」と要求し、「電子出版については、別途協議の上決定する」としていたんです。『銭』でも同じことを要求していたんですが、うまく上に話が通っていなかったようで、ある日「Kindleストアに『銭』が出てますね」と聞いてびっくりしました。

―― 出したくても出せない状況になってたわけですね(笑)

みそ うん、まぁ『限界集落温泉』もここまで売れるとは思ってなかったし「まあ、いいか」と。これからも仕事でお世話になる会社ですし、自分自身も無理強いしてまで全部の著作をいますぐ電子出版したいわけでもない。バタバタするのもカッコ悪いでしょ。とりあえずまず、ちゃんと出せるということと交渉の仕組みを作っておくのが先ですから。『銭』なのに(笑)

―― 『銭』らしい逸話ですね。ということは角川グループが運営する「BOOK☆WALKER」でも販売されているわけですね。

みそ そうなんです。実は『限界集落温泉』の1巻も販売されていて、それは止めてもらったんですけどね。『銭』もその時止めたはずだったのに、なぜかそのまま販売されてる(笑)。

Jコミで公開されているみそさんの『あんたっちゃぶる』

―― 最初の話には出てきませんでしたが、『あんたっちゃぶる』はJコミで出されてますよね。あちらも将来的に自家出版するんですか?

みそ 『あんたっちゃぶる』や『おとなのしくみ』(※注7)は難しいですね。あれは取材ものですが、自家出版となると、イチから作り直す。ということは再編集した「別の本」という認識になるので、取材内容の許諾を再度取らなくちゃならないんです。

―― ネタ的に当時は良くても、今はダメというゲームメーカーなどは多いでしょうしね。

みそ ですよね。なのであのシリーズについては「当時の本をそのまま流通させているだけ」ということで、Jコミさんに託してます。Jコミさんは法務の担当の方がいるんで、そのあたりをきちんと確認、処理してくれるんですよ。これは個人からすると心強いですよね。『おとなのしくみ』もJコミさんで、こちらはファンディングで出そうという話で今、動いているところです。

注4 『マンガ 化学式に強くなる』(原作:高松正勝)、『マンガ 物理に強くなる』(原作:関口和彦)の2冊。
注5 『僕と日本が震えた日』は編集・制作を筆者が担当していた。
注6 QuarkExpress 3.3はDTPの初期に使われていたソフト。Mac OS9以下の環境でないと動作しない。また出版社のDTPデータは、制作会社や印刷所が管理している場合が多い。
注7 『ファミ通』(当時は『ファミコン通信』)連載のコミック。ゲームメーカーなどに取材し、業界を独特の皮肉やギャグを込めて描いている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい