ニュース
» 2013年04月09日 14時09分 公開

ダイオウグソクムシ型マウス作ってみた リアルでかわいい“グソグッズ”

ニコ生以来ファン急増中。

[ITmedia]

 「絶食5年目」の報道などで注目度が高まっている深海生物ダイオウグソクムシ。ニコニコ動画ではダイオウグソクムシのマウスを自作したという人が登場しています。

 ダイオウグソクムシは、ダンゴムシやフナムシの仲間で体長20〜40センチの巨大な生き物。鳥羽水族館で飼育されている個体がエサを食べなくなってから5年目に入った、という報道がネット上でも話題になっており、ニコニコ生放送では3月29日から31日にかけて「ダイオウグソクムシたん48時間生中継@鳥羽水族館」という番組が放送され、74万人以上が視聴した大人気番組になりました。

画像 ニコニコでもファン急増中のダイオウグソクムシたん

 この番組をきっかけに「かわいらしさに気付いた」という投稿者。「グソグッズ」がなければ自分で作ればいいじゃない、ということで早速ダイオウグソクムシのマウスを作ってしまったようです。

画像 製作過程

画像 顔や足など細かい部分まで再現

画像 ちゃんと使えます

 動画では製作過程も公開。市販のマウスの上からエポキシパテで土台を作り、デザインナイフや紙やすりで形を整えていきます。色塗りが終わるとなかなかリアルでかわいいダイオウグソクムシマウスで完成。ボタンはちょっと重いけどしっかり動作したとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」