ニュース
» 2013年04月09日 17時28分 公開

マンガ3万冊を畳でゴロゴロしながら読めて1日400円 「立川まんがぱーく」が素敵すぎる

「のらくろ」から「ジョジョ」まで、各世代の名作が揃う。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 のらくろ、手塚治虫作品、ジョジョ……幅広い年代のマンガ約3万冊を、畳でくつろぎながら読めて1日400円。マンガ好きにはたまらない施設「立川まんがぱーく」が3月20日、東京都立川市の複合施設・子ども未来センター内にオープンした。

画像 のらくろがお出迎え!

画像画像 入場口あたりにオレンジのディスプレイが。よく見ると「きまぐれオレンジロード」が飾られていてテンションあがる

 立川まんがぱーくは子ども未来センターの2階にあり、場内のまんが約3万冊を自由に読める施設だ。入場料は15歳以上400円・小中学生200円で、午前10時から午後7時(土日祝は午後8時)まで好きなだけいられる(再入場は基本的に不可)。

 JR立川駅南口の活性化や、子育て支援などを目的に、マンガを楽しんだり知識を深めたりできるスポットとしてオープンした。運営は、立川市が子ども未来センターの運営管理を委任している民間事業者・合人社計画研究所グループ(本社:広島)。

画像 子ども未来センター外観

画像 入場口にものらくろ発見

画像画像 施設には靴を脱いで入場。靴をしまうコインロッカーの使用料が入場料代わりになっている。ロッカーキーに付属しているカードキーで入場ゲートを通るという、ユニークなシステムだ(写真左:コインロッカー、右:入場ゲート)

 読めるマンガは少年・少女向けから大人向けまで、各世代さまざまな名作が揃っている。幼児向けに絵本も用意。もっとも古いものだと、1931年に連載を開始した日本初の長編マンガ「のらくろ」(田河水泡)、講談社の手塚治虫全集もあれば、「ONE PIECE」「ドラゴンボール」「花より男子」といった現代の人気マンガもあり、老若男女幅広く楽しめるラインアップだ。「ジョジョの奇妙な冒険」もしっかり1部から8部の最新刊まであったぞッ。

画像 「のらくろ」コーナー。田河水泡さんのご子息からの寄贈本で、めったにお目にかかれない初版本もある

画像画像 講談社の「手塚治虫全集」(左)、ジョジョも第8部「ジョジョリオン」の最新刊まであったッ(右)。基本的にマンガは施設が購入したもの

画像 都内でマンガを介したコミュニケーションイベントを開催しているユニット「マンガナイト」の推薦マンガ棚もあった。「暗殺教室」「惡の華」もあるなど、ラインアップが一味違っておもしろい

 特徴的なのがマンガの並べ方。「歴史・文化・音楽」「生活・育児・健康」といった8つのコーナーに分けて並べている。「歴史・文化・音楽」コーナーには「キングダム」「テルマエ・ロマエ」「BECK」「NANA」「快感♥フレーズ」など。「生活・育児・健康」コーナーには「クレヨンしんちゃん」「よつばと!」「うさぎドロップ」「毎日かあさん」などなど。

画像画像 「歴史・文化・音楽」コーナーの棚の1つ

 掲載雑誌ごとに並べるのが、本屋やマンガ喫茶では一般的。まんがぱーくはどちらかというと図書館の並べ方に近い。歴史を楽しく学びたい子ども、育児に興味があるお母さんなど、利用者に“気になる分野”という切り口で、知らない作者や年代のマンガと出会ってもらう、または簡単に目的のマンガを見つけてもらう狙いがあるそうだ。

画像 この棚には「美味しんぼ」「焼きたて!! ジャぱん」「築地魚河岸三代目」が並ぶ……さて、何のコーナー?

 「家の中でゴロゴロ寝転がるような感覚で、くつろいで読んで欲しい」というコンセプトに基づき、場内はすべて畳敷き。押し入れをイメージした個室スペースや、自由に持ち運びできる腰掛け、座布団などもあって、それぞれが自由に羽をのばすことができる。

画像 場内はすべて畳敷き。広い空間では、壁に背をもたれ、畳に足をのばして読む若者や年配者の姿があった

画像 押し入れ型スペースやベッドのような畳も

画像 押し入れ型スペース。施設がオープンしてすぐ、春休み中の子どもたちでいっぱいになった

 入場口にはカフェテリアが。施設の内外から利用でき、場内では飲食しながらマンガを読める。午前中から長く滞在したい人には嬉しいサービスだ。お酒やおつまみも販売され、なんとテラス席まである……晴れた休日にぜひとも利用したいところ。

画像画像 カフェテリア。ラーメン、うどん、たこやきなどの軽食が300円前後で食べられる。場内で飲食も自由

画像画像 テラス席。目の前が広場になっているため、見晴らしがよく開放的だ

 まさにいたれりつくせり……なぜ立川の地にこのようなまんが施設が生まれたのだろうか。園長・福士真人さん(合人社)にお話をうかがった。

「施設が入っている子ども未来パークは、もともと立川市の旧市庁舎だったんです。こちらを利用して立川駅南口が活性化するような事業を、市がスタイルを問わず公募していたところへ、当社グループがまんがぱーくを提案しました。『聖おにいさん』など、立川は割とマンガの舞台になっていて、マンガを積極的に受け入れられるベースがあります。また、もはやマンガは世界に誇る日本のカルチャーの1つ。マンガを軸に市民を楽しませられる施設づくりができると考え、オープンに至りました」

 ただ施設に来てもらうだけでなく、今後は月1、2回ペースでイベントやプログラムも開催するとのこと。所蔵マンガも約5万冊まで増やす予定だ。マンガ好きの新天地、まずは1日ゴロゴロしに行ってみてはいかがだろうか。

画像

ねとらぼ @itm_nlab

ねとらぼの公式Twitterアカウントでは、話題の記事をリアルタイムで配信しています。話題のニュースをいち早く知りたい! という人は、さっそく@itm_nlabをフォロー!



関連キーワード

漫画 | ディスプレイ | 日本初 | 図書館


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」