ニュース
» 2013年04月17日 18時52分 公開

「授業を実況したら成績を下げられた」 大学生のツイートが話題に、真相は……

明大が新入生に配ったとされる飲酒に関するプリントも話題に。

[ITmedia]

 明治大の学生がTwitterで授業を実況したところ、教授に見つかり成績を下げられた――こんな内容のツイートが広まり、Twitterで話題になっています。「なんでダメなの?」という疑問の声もありますが、全体的には「実況する暇があったら講義を聴け」といった批判が多いようです。

画像 明大に関するツイートが激増(Yahoo!リアルタイム検索より)

 発端は、明大生Aさんが4月17日に投稿したツイート。同じく明大生のBさんが授業を実況したところ、教授の目に止まり、成績を一段階下げられたそうです。この話は瞬く間にTwitterで広がり、5000件近くリツイートされる事態に。大学授業でソーシャルメディアを活用するケースが増えている背景もあり、授業の実況はアリかナシかといった議論がここから生まれました。

 ただし、ねとらぼ編集部がAさんに確認したところ、問題となったBさんのツイートは授業の内容を書き留めるといった意味合いのものではなく、「ヒマ」「ダルい」などのグチがほとんどでした。授業を真面目に聞いていなかったことがTwitterを通じて教授にバレてしまった――というのが事のてん末のようです。ツイートが全体に公開されていれば、もちろん教授だって見るわけです。

 迷惑行為をネットで自慢し処分された神戸大生のケースのように、ネットと学生をめぐるニュースはここ2、3年で頻繁に起きています。ルールを守って、前向きにネットを使いたいですね。

 なお今回の話題と前後して、明大が新入生に配ったとされるプリントも話題になりました。大学側が「未成年は飲酒がばれないようにTwitterのアカウントを本名にするな」とアナウンスした――という情報が広まりましたが、こちらは明大広報部が否定。プリントは「大学側が公式に配布したものではない」との回答でした。

画像 こちらは大学側が否定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む