ニュース
» 2013年05月15日 18時34分 公開

「トクホウ」→「トクホ」と誤解の恐れ 消費者庁がコカ・コーラに行政指導

行政的にはツッコませていただきました。

[ITmedia]

 「トクホウ」という文字や音声を打ちだす、日本コカ・コーラの炭酸飲料「カナダドライ ジンジャーエールFIBER8000」(4月22日発売)のテレビCM。商品が特定保健用食品(トクホ)である誤解を消費者に与えかねないとして、消費者庁はコカ・コーラに行政指導を行った。


 ジンジャーエールFIBER8000は、トクホなどに使われる食物繊維・難消化性デキストリンを8000ミリグラム配合した、ジンジャーエール味のゼロカロリー炭酸飲料だ。宣伝では新発売のことをカタカナで「トクホウ(特報)」と大きく表記。CMでは音声も添えてこの言葉を繰り返す。パッケージの色も黒と金を基調としており、他社のトクホの炭酸飲料(特にキリンの「メッツ コーラ」)と似通ったところが。商品はトクホではないが、紛らわしい点がいくつかあった。

画像 これはまぎらわしいかも

画像 参考:キリン メッツ コーラはこんな感じ

 ちなみにトクホとは、消費者庁長官から許可をもらうことで、含んだ成分やその保健の効果を記した「許可表示内容」を表示できる食品のこと。成分は体に影響を与え、お腹の調子を整えるのに役立つなど、特定の保健の効果をもたらすことが科学的に証明されている。(東京都福祉保健局公式サイトより)

 消費者庁食品表示課によると、課は4月下旬にコカ・コーラへ、短いCMの中で「トクホウ」という文字や音声を繰り返す表現は、「※特定保健用食品(トクホ)ではありません」との注意書きがあっても、消費者に商品が「トクホ」だと誤解を与える可能性があるのではないかと問題提起。CM内容について検討し、GW明けまでに回答するように注意をうながした。

 コカ・コーラは返答にて、CMにはトクホと紛らわす意図はなかったことと、表現の理由について説明。さらに予定通り5月7日に放送を終了すると伝えた。

 広告の「トクホウ」について、コカ・コーラは次のように話していた。

「表現は『特報!』とあくまで新発売のインパクトを与えるためのもので、カタカナで大きく表記したのはデザイン上の都合です。商品のパッケージの色も、ゼロカロリーの自社製品『コカ・コーラ ゼロ』の黒と、『カナダドライ ジンジャエール』の金を合わせたもの。『トクホ』との混同を狙ったものではありません。広告を受けて、商品がトクホだと誤解した人がいた事実は、真摯に受けとめるつもりです」

 CMの放送は実際に5月7日に終了した。今回の行政指導で、商品の回収や取り下げは行わないそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる